帝釈山脈の沢 
 
 帝釈山脈は、関東と東北の境を東西に走る一大山脈だ。帝釈山を盟主とし、田代山を境として、東と西に分けられる。東側は、枯木山、荒海山、明神ケ岳を主要山岳とし、標高は最高峰の枯木山の1755mと低い。沢は上流部以上が急峻に山肌に食い込み、滝をいくつも懸けている。源頭部の藪も深く、稜線上にほとんど道はない。西側は標高が2000mを越える山が多く、山容は比較的なだらかで、針葉樹林が生い茂り、ところどころに湿原をちりばめた森林の山が多い。沢も大きな滝は少なく、ナメや滑床が多く、湿原を水源とするところも多い。
 
 
  ※ここに取り上げた沢は、私が遡行した沢をその当時の記憶を元に記したものですので、当時と今では状況が異なっているところがあります。
  ※難易度は溪友塾の沢登り教室で使っているもので。ガイドブックのものとは異なります。
  ※個人的満足度  - ・・・・・・なし         ・・・・・・・・・・物足りない        ★★ ・・・・・まあまあ満足
            ★★★ ・・・満足       ★★★★ ・・・・おおいに満足
桧枝岐川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
実川 硫黄沢 水量が多く、大きな釜や滝が多く、ゴルジュ状のところもあって、非常に楽しい遡行が楽しめる沢だ。特に、紅葉の時は素晴らしい。ただ夏場はブヨが多く、夏向きの沢ではない。下山も沼山峠からのバスが使えるので非常に便利だ。 中級 中級 ★★★
矢ビツ沢 一部滝場があるが難しいところはなく、源流部は小川のような流れとなり、水源の湿原に上がれる。上部は枝沢が入り組み迷路のようになっているので地形図をよく見ないと迷い込んでしまう。下山の道はないので、沢を下ることになる。ヤブっぽい沢だ。 初級 初級 ★★★
赤安沢 滝といえる滝はなく、河原が開けてゴーロになると二俣となる。赤安田代を水源とする左俣には入ると傾斜が増すが、滝は少なく、上部のゴロー状のところを上がると広大な赤安田代に出る。下山は道がないので沢を下る 初級 初級 ★★

片品川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
根羽沢 湯沢 カラノマタ沢との出合までは滝の続く沢だが、上部はボサが被り非常に歩きにくい。源流部は全くのボサ側で急傾斜の沢筋を喘ぎ喘ぎ登ると物見山からの尾根に出る。物見山までは笹のヤブこぎとなる。この付近は熊の出没が絶えない。 初級 初級
小川 四郎沢 沢全体がナメ滝ともいえるほどナメ滝と滑床が延々と続く沢だが、水量が少なく、上部の笹のヤブ漕ぎもきつい。 初級 初級

溪友塾TOPへ