日光・奥鬼怒山域の沢
 
 日光連山の沢には女峰山北面の沢と白根山群の中禅寺湖北西岸へ流入する奥千手の渓谷がある。特に女峰山北面の沢は困難な沢が多い。
 奥鬼怒は、温泉が岳から黒岩山を源とする鬼怒川源流域の沢で、ナメ滝とナメが多く、比較的穏やかな沢が多い。コメツガの深い原生林と高層湿原を源とする沢は水量が常に豊富だ。

 
  ※ここに取り上げた沢は、私が遡行した沢をその当時の記憶を元に記したものですので、当時と今では状況が異なっているところがあります。
  ※難易度は溪友塾の沢登り教室で使っているもので。ガイドブックのものとは異なります。
  ※個人的満足度  - ・・・・・・なし         ・・・・・・・・・・物足りない        ★★ ・・・・・まあまあ満足
            ★★★ ・・・満足       ★★★★ ・・・・おおいに満足
鬼怒川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
野門沢 ほとんど記憶に残っているところのない沢だが、その中でも布引ノ大滝は見事な滝だった記憶がある。大滝の高巻きもそれほど苦労しなかったが、上流部は平凡な河原が続きウンザリさせられる。詰の記憶は皆無。下山が長い。 中級 中級 ★★★
黒沢赤岩沢 出合に堰堤ができており、この堰堤越えが大変だが、下流部は赤岩ノ大滝手前の小滝群まではゴロー帯が続き、沢床も荒れているが、前衛の小滝群とその上に出現する赤岩ノ大滝は見事だ。大滝は40〜50mあろうかという見事な滝で、左右とも登れる。滝上からはきれいなナメとナメ滝の連続となり、両岸のコメツがの林と一体となって、非常にきれいなところだ。このナメとナメ滝は1765m左岸から小沢の入るところまで続き、ここにさらに見事な二段の大滝が懸る。この滝は右の枝沢から高巻く。以降は穏やかな渓相となるが、水量は逆に多くなる感じだ。黒沼田代へは沢が平坦になったところから左の笹薮を漕ぐとわずかな距離で出合う。沢筋が平坦になったところからしばらくで水量比1:1の二俣に出合うが、ここまで行くと行き過ぎるので注意。 初級 初級 ★★★
黒沢魚沢 黒沼田代から下降したが、ところどころナメ滝が懸る程度で、上部は三俣まで平凡。三俣からナメとナメ滝が続くが、赤岩沢のような快適なナメではない。下降した時は滑床にコケがびっしり張り付き、ツルツルのため非常に緊張した下降になった。苔がなければ快適だと思うが、赤岩沢のような開放的な沢筋ではなく、沢も荒れている。あまりにも苔が張り付いて歩きにくいので林道終点に笹のヤブを漕いで上がったが、この林道も全くの廃道となっており、非常に歩きにくい。苔がなければ林道を使うより沢を下降したほうが快適だと思う。(遡行時2006.6.28) 初級 初級

大谷川水系(奥千手溪谷)
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
柳沢川 二俣までは荒れているが、二俣は平滑床で非常に気持ちの良いところだ。右俣はナメとスダレ状のナメ滝の連続となり非常にきれいな沢だ。黒岩滝は登れないので右岸から高幕が、その上に3段のスダレ状の美瀑が懸る。この滝上から源頭の雰囲気となり、穏やかな渓相となり、平坦な広場に出る。回りはコメツガの原生林に囲まれた非常に気持ちの良いところで、泊まるには最高のところだ。左俣は上部は平凡な沢筋で、中禅寺湖も見渡せる。中下流部は滑床となり、非常に気持ちの良い沢筋だ。 中級 中級 ★★★
溪友塾TOPへ