両神山周辺の沢
 両神山を囲む水系には、南西面に中津川、東面に薄川と小森川、北面に赤平川があり、岩が脆く、急峻な険谷となり、ゴルジュの発達も顕著で遡行の困難な沢も多い。またナメやナメ滝の谷も多く、総じて水量は少ない。
 
  ※ここに取り上げた沢は、私が遡行した沢をその当時の記憶を元に記したものですので、当時と今では状況が異なっているところがあります。
  ※難易度は溪友塾の沢登り教室で使っているもので。ガイドブックのものとは異なります。
  ※個人的満足度  - ・・・・・・なし         ・・・・・・・・・・物足りない        ★★ ・・・・・まあまあ満足
            ★★★ ・・・満足       ★★★★ ・・・・おおいに満足
中津川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
神流川金山沢右俣 水量は少ないが、ほとんどナメとナメ滝が連続する沢で、中流部にある100mのナメ滝は滑っており、滑ると止まらないので注意するところだ。詰は左にとるとヤブ漕ぎなしに登山道に出れる。剣が峰近くの廃道脇にある右俣左沢もナメとナメ滝が連続する。 初級 初級
神流川金山沢左俣(八丁沢) 右俣同様ナメとナメ滝の続く沢だが下流部にある7〜8mの滝が滑りやすく注意が必要だ。右またに比べるとナメがところどころで途切れる。 初級 初級
薄川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
七滝沢 ガイドブックに書かれてあるほど難しい沢ではないが、大きな滝が多く、登れない滝が多いので面白みは少ない。登山道が沢近くにあるので難しいところは高巻くことになるが、全てを巻いてしまうと面白みはなくなるが直登するとレベルが数段上がる。実力に応じて楽しめる沢だが、滝の直登は難しいところが幾つもあるので要注意。不用意に取り付かないようにしたい。 中級 中級
赤平川水系
沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
尾ノ内川キギノ沢 水量は少ないが、深く狭いゴルジュの中にCSの滝を多く懸け、非常に難しい沢で、岩肌が脆く、登はんには高度な技術を要する険谷。特に、中流部にある深いゴルジュはCS滝が続き難しい。地元では入渓禁止としているほどの沢なので、入渓には細心の注意が必要だ。下山ルートも沢と同様要注意。 上級 上級 ★★★

溪友塾TOPへ