comments

comments
フリーペーパー「献血劇場」評あれこれ #01

*記載内容は掲載時のままとなっていますので、情報などについては現在とは異なる場合があります。


* 南陀楼綾繁
「ミニコミ魂」
(晶文社)より

comment ■晶文社WONDERLAND
●南陀楼綾繁(河上進)

下北沢のある書店で、このフリーペーパーを見つけて驚いた。FPといえば、たいがいA5両面コピー1枚かせいぜい4ページくらいのモノなのに、この「献血劇場」は12ページもある。タイトルの書体は映画文字のようでどこか懐かしいし、黒目の女の子のイラストも印象的だ。レイアウトもうまい。少女っぽいファッションを紹介する「万年少女館」、観光遊覧船に乗ったり各地の博物館を訪ねたりする「危険な観光地」という手軽に行ける秘境ガイドなどもしっかりと読ませる連載だ。本誌は「ほんとにステキなこと」を求める感受性豊かな万年少女のために、無料で発行されているようだ。しかもいわゆる耽美系のフシギ少女向けの戯言ではなく、ごくフツーの生活を送ってる読者を対象としているところがイイ。「ステキな詩ステキな言葉ステキな歌がこの堂々めぐりの世の中をぬりかえてしまうこと」を少女たち(と僕ら)に知らせてくれるミニコミだ。

南陀楼綾繁「ミニコミ魂」
ミニコミ魂

>> フリーペーパー「献血劇場」VOL.32 フリーペーパー文化誌「献血劇場」VOL.32

>> next ●「文藝」1999.夏 (河出書房新社)


チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
南陀楼綾繁(編集) / チェコのマッチラベル
チェコで見つけた、あたたかなともしび

ロゴ >>search

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

afternoon tea saloon * menuafternoon tea saloon

フリーペーパー 献血劇場 web-site / top献血劇場  web-site / top

稲村光男抒情画工房 | 薬箱手帖