comments

comments
フリーペーパー「献血劇場」評あれこれ #05

*記載内容は掲載時のままとなっていますので、情報などについては現在とは異なる場合があります。


* Cahier vol.017
(B.M.G. & Co.)より

comment ■BOY MEETS GIRL web

最近その存在を教えてもらって、近所のヴィデオ屋で初めて手にしたフリ−ペ−パ−なのですが、非常に高いその完成度にひたすら舌を巻いてしまいます。一貫した思想の下に紡がれているコラムや詩、スポット紹介などに眼を移すうち、一見少女趣味に寄りすぎでは、と思わせるイラストとタイトルから導入される表紙にも、読後は何かひどくやすらぎと安心感を覚えてしまいます。70'sとほんのりロリ−タ趣味の入ったファッションペ−ジ「葉子」のおしゃれ専科、本やレコ−ドから派生する事象を読み解く「雨の日の女」、ポエム、読者からのおたよりのコ−ナ−など全12ペ−ジ読みどころはいっぱい。ブライアン・ウィルソン「キャロライン・ノ−」を感動的に読み讃えながら澁澤龍彦「少女コレクション序説」と少女を取り巻く時代の変遷を追いながら、記号性と精神性を鮮やかに行きつ戻りつしながら、総じて語られる「本当にステキなこととは?」。小沢健二〜薫くんわずかにかすってるような文体も素晴らしい。記事のほとんどを手がけている稲村光男さんとはいったいどういう人なのだろう。・・・非常に興味ありますね。

>> フリーペーパー「献血劇場」VOL.36 フリーペーパー文化誌「献血劇場」VOL.36

prev << ●「音楽誌が書かないJポップ批評」6(宝島社)
>> next ●亜柚奈(あずな)「13才のブックシェルフ」(review japan)


ロゴ >>search

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

afternoon tea saloon * menuafternoon tea saloon

フリーペーパー 献血劇場 web-site / top献血劇場  web-site / top

稲村光男抒情画工房 | 薬箱手帖