●万年少年少女思想談話室●

薬箱戦争 ● 処方箋

20020701 / 0725 / 改訂・20050305

littlenurse ●「少年少女思想談話室●薬箱戦争」は、「ほんとうにステキなものを求める感受性豊かで好奇心旺盛な少年少女のために」点滴堂より発行・無料配付されてきたフリーペーパー文化誌「献血劇場」のこころざしをくんで、「ほんとうにステキなものってなんだろう」ということをさぐるために、あれこれいろんなことに思いを馳せるためのスペースです。

●「第◯夜」というリンクにはこのページのメインとなる談話をupしていきます。


〔主成分〕

主に次のようなことを語っていきたいと思っています。

  • 文芸批評、あるいは「ステキな言葉ステキな詩ステキな歌とは何か?」について。
  • 歴史哲学、および「ぼくらはどうしてここまできたのか?」という物語について。
  • 古代史、すなわち「どんなふうにしてその物語ははじまったのか?」について。
  • 社会思想、つまり「ぼくらはどこへ向かっていくのか?」という見通しと計画について
  • 民俗学、もしくは「POPであるとはどういうことか?」について

そのほか、教育問題、宗教論、国学、戦後民主主義批判とかいったことが話題にのぼることかと思われます。

〔添加物として:稲村光男抒情画作品を含有〕


〔用法・用量〕

月に数回程度、なるべく多くの更新を予定しています。
かなりのテキスト量がありますので、ゆっくり、じっくりお読みください。


〔使用上の注意〕

リンクはご自由にどうぞ。テキストの引用の際はなるべく正確に、引用元を表示していただければ幸いです。


〔改訂情報・20050305〕

諸事情により第五夜を処方後、長らく更新が中断していましたこと、深くお詫び申し上げます。
現在、第五夜更新時に予告していました第六夜はすでにテキストのかたちに編集済み、第七夜分の談話が収録されたまま未編集の状態です。
時事的な話題もあり、2年あまりののブランクを経ての処方には品質保持の点から不安もありますが、副作用のないよう手当てを施した上で、なるべく近いうちに公表できれば、と考えています。
さらに、この2年の間に大きく変化したコンテクストに鑑みて、できることなら続編も準備したいと思います。期日はまだ未定ですが、万一禁断症状を感じられた場合の催促については、第五夜までのご感想とあわせてメールフォームからお願いいたします。

● PRESENTED BY TENTEKIDO ●

関連ページ >> 【profile * 稲村光男】 | 【本とレコード評●雨の日の女】 | 【稲村光男抒情画工房】 |【blog ● 薬箱手帖】 | 【サイトマップ】

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

→ 薬箱戦争 / menu pageへもどる薬箱戦争 / menu

フリーペーパー 献血劇場 web-site / top献血劇場  web-site / top