フリーペーパー文化誌「献血劇場」

「献血劇場」 * web-archives *


free paper * presented by tentekido / 1992-2001 printed in japan.

VOL.24

フリーペーパー「献血劇場」VOL.24


SPRING / 1997 ◆ ¥0 ◆ 19970312 / 初版発行
発行 / 点滴堂 ◆ 編集 / 稲村光男絵画工房内 献血劇場編集室


葉子のおしゃれ専科 【万年少女館 chap.3

正統派スカート少女のおすすめ
おでかけには日傘であこがれの色白美少女
おすすめのご本には、大島弓子「つるばら つるばら」

猫眼延行の図解 【アジのたたきのつくりかた】

表題どおり調理法が一目でわかる実用コラム。序文で小学生時代のフナの解剖実験に思いを馳せ、サカナ殺しに投げつけられた悪態についても考察。割礼子の4コマ漫画「ねこめん」併載。

稲村光男本とレコ−ド評 【雨の日の女】 その24

今回の物件にはレナード・コーエン1983年のアルバム哀しみのダンス。前回を承けてあがた森魚の初期作品のことをとりあげて、そこに大きな影響を与えたフェアポート・コンヴェンションという楽団のことなども検証しつつ、シンガー・ソングライターにして詩人、小説家でもあるレナード・コーエンの魅力に迫り、名曲「ハレルヤ」などの世界観についてます。

「番外編」では、「吟遊詩人(シンガーソングライター)礼讃」と題して、じっくりと心動かされるような「歌」が聴きたいときにおすすめのレコードについて。取り上げている作品はローラ・ニーロ「イーライと13番目の懺悔」ニール・ヤング「今宵その夜」ボブ・ディラン「血の轍」ジョニ・ミッチェル「ブルー」の4枚。


速瀬れいの詩 【少女に寄す】

現在は光文社文庫のアンソロジー「異形コレクション」の常連作家として活躍中の小説家・速瀬れいの貴重な「献血劇場」初登場作品。


ロゴ >>search

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

稲村光男抒情画工房 | 薬箱手帖