フリーペーパー文化誌「献血劇場」

「献血劇場」 * web-archives *


free paper * presented by tentekido / 1992-2001 printed in japan.

VOL.32

フリーペーパー「献血劇場」VOL.32


SPRING / 1999 ◆ ¥0 ◆ 19990429 / 初版発行、19990531 / 2版発行
発行 / 点滴堂 ◆ 編集 / 稲村光男絵画工房内 献血劇場編集室


葉子のおしゃれ専科 【万年少女館 chap.11

なつかしの柄、矢絣パターンを使ったおしゃれ
明治時代の女学生風大正ろまん。でも仮装行列みたいにならないようにご用心。
葉子がつくる万年少女人形も誌面初登場。
万年少女音楽館のおすすめレコードは割礼子もおすすめ、あこがれの女の子バンド「ゼルダ」のお二人のユニット、招き猫カゲキ団「第一歌曲集」
万年少女文学館のおすすめの本は山岸凉子が描くバレエ少女漫画のクラシック作品「アラベスク」

猫眼延行の観光ガイド 【危険な観光地】 PART.7

今回のテーマは「関東甲信越・胎内めぐりの旅」信州長野・善光寺埼玉秩父札所巡りの寺々などの胎内めぐりスポットをご紹介しつつ、「洞窟のエロティシズム」から「人生やり直しシュミレート装置という本質」まで迫っていきます。

稲村光男本とレコ−ド評 【雨の日の女】 その32

今回の物件はカーティス・メイフィールドのアルバム「ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ」マーティン・ルーサー・キングJrの夢に触発されたインプレッションズの名曲「ピープル・ゲット・レディ」で歌われる彼岸としてのヨルダン行きの列車に宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をイメージし、さらには今日のぼくらにとっての失われてしまった彼岸を、絶望の色に満ちたスピリチュアルな音世界の中に探ります。
archives * html version ↓こちらで全文ご覧いただけますます。
雨の日の女#32 /
カーティス・メイフィールド
「ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ」

「番外編」では「ブラック・カルチャーの本3冊」、マーティン・ルーサー・キング「黒人の進む道」エルドリッジ・クリーバー「氷の上の魂」吉田ルイ子「ハーレムの熱い日々」をご紹介。

割礼子のイラスト・エッセイ 【育児日記】 99年冬の巻

ライヴにむけてスタジオで練習。年末年始は里帰り。あわただしく過ぎていく日々の中で育っていく子供の生態

速瀬れいの短歌 【青の封印】

果てしない天空に思いを馳せ近未来をイメージした透明感あふれる短歌作品6首。


ロゴ >>search

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

稲村光男抒情画工房 | 薬箱手帖