フリーペーパー文化誌「献血劇場」

「献血劇場」 * web-archives *


free paper * presented by tentekido / 1992-2001 printed in japan.

VOL.36

フリーペーパー「献血劇場」VOL.36


SPRING / 2000 ◆ ¥0 ◆ 20000430 / 初版発行、20000516 / 2版発行
発行 / 点滴堂 ◆ 編集 / 稲村光男絵画工房内 献血劇場編集室


葉子のおしゃれ専科 【万年少女館 chap.15

無印良品の子供服売場で見つけたギンガム・チェックのブラウスと、ブランキー・ジェット・シティの歌でもおすすめされてる映画「小さな恋のメロディ」
万年少女音楽館のおすすめレコードはホリーズの67年作品「バタフライ」
万年少女文学館のおすすめの本は大島弓子の漫画「いちご物語」

猫眼延行の観光ガイド 【危険な観光地】 PART.11

タイムリーに有珠山噴火のニュースが舞い込む中で執筆された「災害と観光地・北海道火山紀行編」。昭和52年以来の大噴火の実況や前年の洞爺湖温泉への旅の思い出、それにすべてを投げうって昭和新山の研究に生涯を捧げた三松正夫翁の業績への尊敬の念のことなど。

稲村光男本とレコ−ド評 【雨の日の女】 その36

今回の物件は1990年代の物件としてははじめて登場するレコード、サニーデイ・サービスのセカンド・アルバム「東京」杉浦日向子の漫画「合葬」が描いた歴史などを思いつつ上野からお茶の水へ。ヘーゲルコジェーヴの唱えた「歴史の終わり」などにも言及しながら、神保町の街へたどりつき、時代をこえていついつまでも変わることのない抒情性を持った歌を見つけにいきます。
archives * html version ↓こちらで全文ご覧いただけますます。
雨の日の女#36 / サニーデイ・サービス「東京」

「番外編」では、1990年代に発表されて印象深かった音楽作品から、ロビー・ロバートスン「ネイティヴ・アメリカンズ」ニール・ヤング「スリープス・ウィズ・エンジェルズ」サニーデイ・サービス「サニーデイ・サービス」、そして「ゲルハルト・フックス氏のある休日の午後」についてのコメントを。


割礼子のイラスト・エッセイ 【時計女】 [2]

「妊娠について考える」の第2回。お金のかかるイベント=妊娠・出産を費用の面から検証します。

速瀬れいの【花ものがたり】 2 『桜』

向こう岸とうしろの岸にへだてられ、一面に咲くの中で、行くことも戻ることもかなわない心象風景の世界。

【みなさまのおたよりより】

この号によせられた読者のみなさまからのおたよりのごく一部。
↓こちらで覧いただけますます。
afternoon tea saloon ● みなさまのおたよりより * VOL.36


ロゴ >>search

古本ギャラリー喫茶 点滴堂

稲村光男抒情画工房 | 薬箱手帖