フライでバス釣り
2004年03月02日の記事です
西山徹さんを偲ぶ会
記事挿し絵

今日は西山徹さんの命日なのです。西山さんは、フライフィッシングを庶民レベルで紹介してくれた人で大ファンだったのですが、惜しい人を亡くしたものです。フライを一緒に始めた知人連中も、みな西山さんのファンで何かしらの影響を受けている。HPを始めて色々なフライ愛好者と知り合う機会が増えたけど西山ファンのなんと多いことか。どーゆーわけだかフライの上手い人って、1)自慢話、2)無愛想、3)言い訳、の3大悪癖のいずれかを含む人が多い。西山さんはそれらを感じさせない稀なお人柄だったのと、「わかりやすさ」と「楽しさ」を演出する才能を持ち合わせていたのがファンが多い要因ではなかろうか?

ケンさんから打診「西山徹さん監修の白川フォレストで偲ぶ会と称してオフミやりませんか?」もちろん二つ返事でOK。9時に現場到着。埼玉は東京に比べるとかなり寒くて慣れてるつもりだったけど、さすが東北!寒いです。ここ数日4月並の陽気が続いていたので2倍寒く感じる。朝に弱い私を除く他の参加メンバー4人は7時頃から釣ってるはずなので携帯かけてみる。「いま駐車場に着いたとこですが(プツ)…」寒さで電波の通りが悪いようです(嘘)。ごそごそとタックルの準備してると偲ぶ会の発起人Yさんが迎えにきてくれました。なんちゅー親切な。

西山徹さんを偲ぶ会

そのYさんが「まだ誰も釣れてないんですよぉ」。池を見ると去年11月に来たときの半分も魚が見えない。ケンさんいわく「魚が喪に服してるようです」。なるほど…

なら山沼で生まれて初めてシンキングラインに好印象を持ったので、今日はその続きをやってみるがサッパリ反応なし。周囲を見渡すと、釣れてるのは流れ込みを陣取ってる漁師達のみのようです。朝イチからやってるルアーのHさんも苦戦中らしく、魚はマッタリとして動きが鈍いようで、ホントに喪に服してるのかも知れない。

そんななか、各種タックルを持ち込んで気合120%のSAKAMAさんがブラウンをHit。色々試した結果ルースニングがいいとのこと。私もフローティングラインを巻いたリールにチェンジしてルースニングにしてみる。いきなり反応が!しかしフッキング失敗。またもや反応が!しかしフッキングせず。こりゃ釣れるのも時間の問題!と舐めてたら風が強くなって無反応になっちゃいました。

別の池に移動。どうやらこっちのほうが反応良さそう。風で水面が波立ち何だかよく判らないけどアタってるみたいなので合わせると一瞬のググっとした感触の後にあっけなくラインブレイク。嘘でしょ〜とチェックすると、リーダーとティペット接合部がほどけたみたいで(^^; それ以前に弱気の7Xがよくなかった。じつは、この逃した魚、後にケンさんが私のフライ付きで釣るのだけれど50UPの(たぶん)本日メンバーの最大魚だったのでした。その後塩焼きサイズをバラして水揚げ無しで午前の部終了。

西山徹さんを偲ぶ会

いやぁ、寒い、寒い。レストハウスには薪の燃える暖炉があるのだ。特等席を陣取り体を温める。意外な程おいしいトラウトバーガーを食べ、寒いのにビールを飲みながら談笑。食後は恒例?になったライブカメラ記念撮影会である。更新周期は1分なのですが、都内の職場でお昼休中みの「みやっちさん」に5枚ほど撮影して頂きました。携帯で「もうちょっと右」「下向いちゃって顔が映ってません」とか連絡しながら撮ってもらったけど、携帯で簡単に画像が送れる時代に非効率的なことやるのは、相変わらずバカバカしいけど面白いっす(笑)。Yさん、SAKAMAさん、私、Hさん、ケンさん。

午前の部後半の感触から引き物にも反応すると当て込んでシンキングラインに戻して釣り再開。水の透明度は高いのですが曇ってて(白河FSとしては)水中が良く見えない。おぼろげに見える大きめの沈み石の横を通すと追ってくる確立が高いようです。速引きを追う程の活性は無いみたいだけどスロー過ぎると底を擦ってフライに緑の藻が絡んでくるのが難しいところ。

西山徹さんを偲ぶ会

本日の釣魚、4サンプルを紹介。

左上) 今日最も数が釣れた30cm少々。じつは1匹頂いて食べたのですがピンク色の身だったのでドナルドソンの小型?でしょうか?ビックリする程おいしかったです。

左下) 正真正銘ドナルドソン。今日は2匹釣れました。左上より遥かに巨体で50cm近いのですが画像だと同じに見えますね。

右上) ブラウンが釣れると不思議と嬉しいです。1匹のみ。

右下) 管釣定番「塩焼きサイズ」のニジニジ君。白河はこの手の魚が少ないのが特徴です。

ケンさんは顔つきがかっこいいブルックを釣ってましたが私は釣れず。

西山徹さんを偲ぶ会
西山徹さんを偲ぶ会
西山徹さんを偲ぶ会

3時頃から雪が降ってきました。

雨や風に比べりゃ雪のほうが風情があってイイってもんです。

西山徹さんを偲ぶ会

終了間際に大物が釣れて、またしても「仕込みの魚」との評価を頂きました。(笑)

西山徹さんを偲ぶ会

SAKAMAさんが「マヌケな絵が撮れたよ」と送ってくれたマヌケな画像。

釣りの後は全員ファミレスへ移動して反省会。
メニューが配られると
店員「まことに申し訳ありませんが本日は○○○○と△△△△と××××と□□□□と▽▽▽▽は品切れになってます。」
沢山ありすぎて覚えきれないっす。
え〜と、カキフライ、
店員「まことに申し訳ありませんが本日カキフライは…」
だから覚えきらないと~~\(。`◇´。メ)/~~
今日初対面のHさんから、真冬に氷を石で割って釣りした話などを聞き、大いにウケながら1時間少々楽しむ。オフミーティングってのは面白いなぁ。皆さんまた行きましょうね。
記事の日付:2004年03月02日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)