フライでバス釣り
2004年03月17日の記事です
冬から春へ
記事挿し絵

3/17

冬から春へ

我ながら良いフッキングだったと。

こういう釣れ方すると「冬も終わって春バスの始まりだなぁ」と思う。

冬は休業の釣人さんにはわからないだろうけど、通年やってる私に言わせれば、冬バスと春バスは明らかに別物である。

その違いは何かというと。単に私の感じ方が変わるだけであ(。o゚) ☆バキッ\(-_-;)

冬から春へ

まぁ、冬であろうと春であろうとバスがバスである事に変わりはないってことで…。

しかし日照時間が長くなり気温が上がってくると人間も高活性になってくるものだ。個人的には冬の冷めた釣りのほうが性に合ってるけど、春ってのはウキウキ感30%UP(当社比)になってしまう。天気予報によると最高気温が20℃を超えるという。マジっすか!?これは釣りに行くしかないでしょう。水温が上がればポイントの選択肢も増えるしね。

高気温の見返りとして風速10m/s以上と強い南風の一日でした。しかし釣り依存症患者の行動力は恐ろしいもので、携帯で情報交換すると野池でフローターやってる方々から「ポッパーで釣れた」との報告が入ってくる。羨ましいなぁ、こっちはサッパリ生命反応無し。感化されて私もポッパー投げたりするがマッディウォーターってバスがトップに反応始めるのはクリアーォーターの地域より遅めと思っている。今日訪れたポイントはギル君なら例年2月末あたりからトップで楽しめたはずだけど気配なし。ここも魚っ気が減ったなぁ…、水質も年々悪化傾向。AM10時から4時間程釣り歩いたが、あまりの生命反応の無さに疲れ果て昼寝することに。このポイントも死んだのかも…。

目覚めるとPM5時。あぶない、日が暮れるとこだった。希望的観測では風が弱まってるハズですが…、と、クルマのドアを開けると現地観測結果はそうじゃないようで相変わらずの強風。一瞬帰ろうかとも思ったが夕マズメ逆転一発ゲームに賭けるのだ。結果的には、やってよかった、というか、寝過ごさなくてよかった…。

3/15

冬から春へ

午後釣行で釣った今年最後の冬バスです。小ぶりでしたが1ヶ月ぶりのバス釣りだったので嬉しかった。

何故これが今年最後の冬バスかというと、単に私の感じ方の(。o゚) ☆バキッ\(-_-;)

記事の日付:2004年03月17日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)