フライでバス釣り
2004年07月18日の記事です
灼熱地獄からの脱出
記事挿し絵
灼熱地獄からの脱出

最高気温37℃超過はあたりまえ。埼玉の夏は日本トップクラスの灼熱地獄である。湿気も半端じゃないのでバテバテ。釣友Tを誘って埼玉脱出!避暑地へGo!埼玉でのクルマの外気温度計は38℃を示している。埼玉を脱出すると数字はどんどん下がり目的地に着くと24℃。その差なんと14℃。暑くないって、素晴らしい。

灼熱地獄からの脱出

到着したのは何を隠そう(隠す事もないですが…)管理釣場。ナイター券\3,000を購入。タックルは何を隠そう(隠す事もないですが…)#4バンブーロッド。今日は#8マドラーミノーで釣ってみましょう。

灼熱地獄からの脱出

何でも巷ではエリアフィッシングとか称してルアー中心に管釣ブームらしい。日本人はメディアの操作に素直に従う国民性である。マイナーと認識していたこの釣場も施設は小奇麗になり商売っ気上昇中。立派になってチョットさびしい気も…。

ドライで釣れるのは99.9%塩焼きサイズ(←可哀想な表現だ…)のニジニジ君。沈めたところで大してサイズアップしないのでライトタックル+ドライフライが正解でしょう。

灼熱地獄からの脱出

日がとっぷり暮れても釣りは続く。だってナイターですから。釣れるのは相変わらず99.9%塩焼きサイズ(←可哀想な表現だ…)のニジニジ君。引きはあまり楽しめない場所ですが涼しさがたまらない。この時期に重ね着しないと寒い釣りができるなんて幸せだー。帰路、クルマの外気温計は20℃でした。水辺は10℃代だったかも。

記事の日付:2004年07月18日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)