フライでバス釣り
2004年08月21日の記事です
HOOKという管釣に行ってみました
記事挿し絵
HOOKという管釣に行ってみました

ナイター、及び時間券があるということで、HOOKという管釣に行ってみました。午後3時半に釣友Fと現地着。まずは休憩施設でビールを飲みながら池を眺める。水棲昆虫の季節は過ぎてしまったが、時々起こるハッチに伴い魚の食い気が上がるようで、ルアーもフライもほぼ同じタイミングである程度釣れてはパタっと釣れなくなるの繰り返しのもよう。フライの人達は引き物とルースニングしか居ないようでドライメインの我々的にはライバルが無くシメシメってとこかな?

4時から3時間券を購入。#12パラシュートを結びキャストすると早々にバイトがあるがスレてるようでフッキングせず。ここの魚達も「ハイドロプレーニング釣針回避法」をマスターしているようだ。「ハイドロプレーニング釣針回避法」とはスレた魚に今流行中の奥儀である。口と釣針の間に高速水流を発生させると、本来流体である水が一時的に固体のような性質をもつ。口と釣針の間に突如現れたプレートの存在により魚はフッキングから逃れるわけだ。同様の原理で雨の高速道路を1トン以上もある自動車のタイヤが路面から離れてしまうのだからその効果は推して知るべし。(真に受けないように)

HOOKという管釣に行ってみました

散発ながらライズがあるので、そのうち釣れるだろう、と引き続き#12のパラシュートをキャストしてたら意外と早く一匹目をGETTできました。Fもドライで釣れてるし今日はそこそこ釣れるのかな?と思いしや、そう簡単ではないようで…。

釣れる魚は毎度おなじみニジニジ君で魚体は綺麗。ヒレも再生してる固体が多い。ここのオーナー氏の方針は「下手に触ってリリースするくらいなら持ち帰ってほしい」とのこと。Fから管釣用ネットを借りて慎重に扱う。このゴムネット、最近管釣で流行ってるけど確かにヒレを切る心配が少ないし、魚も不思議とあまり暴れないすぐれものである。

しかし簡単に釣れないなぁ。ハッチサイズとフライサイズ合ってないのが原因か?(。o゚) ☆バキッヽ(-_-;) 合わせろよこれを「だいたいマッチ・ザ・ハッチ釣法」と呼ぶ。「だいたいマッチ・ザ・ハッチ釣法」とは、フライを見切った魚に「あなたは賢いで賞」を進呈しそれ以上深追いしない釣法である。魚の肉体的ダメージを気にするフライマンは多いと思うが精神的ダメージにつてはどうだろう?リアルな釣りで攻め続けると、魚は本物の水生昆虫さえ見切ってしまうようになる。何を信じて生きればよいか?目標を失った魚達は変な新興宗教にハマってしまうのだ。先の「ハイドロプレーニング釣針回避法」も某教団のセミナーで習得できると虹鱒界では噂されている。(嘘)

HOOKという管釣に行ってみました

「だいたいマッチ・ザ・ハッチ釣法」で遊んでくれる魚が居なくなったので近場の猫を捕まえて遊ぶことにしました。にゃ〜、ゴロゴロゴロ。かわいいですねー。お腹が大きいけどママさんでしょうか?ワタシ猫に詳しくないので間違ってるかも知れませんが…。

HOOKという管釣に行ってみました

ゲ。突然怒った。恐いっす。ちょっと引っ掻かれてしまった。やっぱママさんだったのでしょうか?熊も母熊は恐いらしいし。人間界でも「赤ちゃんが乗ってます」って凶暴なクルマが多いし。(埼玉だけか?)

HOOKという管釣に行ってみました

照明が点きナイターモードに入ったら活性が上がってきて#6カディスでも釣れたのでFと協議の結果1時間延長することに。管理小屋に行くとオーナー氏のものと思われるタックルを2匹の猫ががっちりガードしている。もしロッドに手を触れようなら猛烈なネコパンチを食らうことでしょう。一瞬たりとも隙は無く、かなりの凄腕と見ました。向かって右がミッターマイヤーで左がロイエンタールだそうです。(嘘)

#6カディス、最初は反応良かったけど飽きられてしまったようだ。でもサイズを落とすと見にくいしなぁ。って事でギルちゃん用小型ポッパーを試してみます。無反応…。結局カディスに戻し水面を引っ張って走らせたり、あえて思いっきり叩きつける等の姑息な手でニジニジ君を騙しに掛かる。

HOOKという管釣に行ってみました

あっというまに8時になった。釣りしてると時間が経つのが早いよなぁ。一瞬延長も考えたけどキリが無いので撤収することに。タックルを畳んでると、ドン、ドン、ドン、パパパ。あっ!安田大サーカスだ!じゃなくて花火が上がっている。Fと協議の結果、発射現場まで行ってみようとのことで車で移動。あっちか?こっちか?とかやってるうちに花火は終わってしまった。早いなぁ、大した花火大会じゃなかったのかな?だけど何だかくだらない渋滞に巻き込まれながら帰路につくのでした。

結局釣れたのは8匹ぐらいかな?全てドライフライ。周囲を見ると沈めて釣れてるようで真似てみたけど集中力が続かんです。私とFはいつもドライじゃないと釣れないんですよね…。

記事の日付:2004年08月21日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)