フライでバス釣り
2004年10月16日の記事です
秋の岸釣り(6)〜秋も深まり反応悪くなってきました〜
記事挿し絵
秋の岸釣り(6)〜秋も深まり反応悪くなってきました〜

突如水面が割れる夏のフローターフィッシングはエキサイティングで楽しいけれど。岸を歩きながら回遊バスを探す釣りも趣があっていいもんですよ。半見えバス(注1)を見つけると心臓ドキドキです。しかし秋も深まって寒々しさを感じるようになりました。個人的に最も好きな秋の岸釣りも最終章。1匹目のバスはなんとかトップに出てくれました。

(注1)【半見えバス】マッディウォーターでおぼろげに見えるバスのこと。

秋の岸釣り(6)〜秋も深まり反応悪くなってきました〜

半見えバスを探すにはちょっとしたコツがあります。どうするかというと。よ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く見るんです。なんたってマッディですからシルエットがぼや〜〜っと見える程度。場所もシャローに限ります。もしマッディWの深場が見える人がいたらリモート・ビューイングの才能があるのでマクモニーグルに弟子入りしてFBI超能力捜査官に転職すべきでしょう。

苦労して半見えバスを見つけたところで釣れないことのほうが圧倒的に多いのですが、バスがフライ目掛けて浮いてくると興奮もの。トラウトがフライを見切るときはデジタル的にパッと帰るけど、バスは超スローでなんとなく沈んでゆくことが多い。フライにアクションつけると、ちょっとは振り向くけど、その後やっぱりなんとなく沈んでしまう。釣れなくとも、こんなやりとりだけでも十分楽しかったりするわけですが、水温が下がってきたせいかバスの反応があまりに悪い。ついに痺れを切らしてスローシンクのフライを投入。半見えバスの水深まで沈めてなんとか2匹目が釣れました。

秋の岸釣り(6)〜秋も深まり反応悪くなってきました〜

3匹目は半見えバスじゃなくて適当な所に投げたらなんだか釣れてしまいました。1日3匹とは当社としては業績高し。終わってみれば活性高かったのか!?釣り人の感じ方なんていい加減なものですなぁ。

記事の日付:2004年10月16日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)