フライでバス釣り
2005年09月18日の記事です
ハゼ釣り凄い人影
記事挿し絵
ハゼ釣り凄い人影

江戸川河口でボートのハゼを釣り。フライやルアーにハマっていると久しぶりに触る餌のイソメが恐ぇ〜のって。

痛ててっ、痛ててっ、ハゼをGettするためにはイソメの牙攻撃に耐えねばならん。

ハゼ釣り凄い人影

何故かフジサンケイグループのマーク(←手書き)の看板を掲げるボート屋さんで受付。サンスポ推薦とのこと。余談ですが、ワタシの釣り人生において、スポーツ新聞の釣果情報どーりに釣れた試しがないのですが皆さんは如何でしょうか?

本日のメンバー。左より、毎度おなじみF、強烈なフィッシュイーターY、某釣り船HPに画像が載るほど釣りに逝ってるS、撮影者ワタシの計4名。荷物を考えると6人乗りがお勧めとのこと。「6人乗りってどのくらいかなぁ?」と思いを巡らしながら桟橋を歩くと、バス釣りで言うところの標準的なアルミ程度でした。

ハゼ釣り凄い人影

本日は大潮。朝6時半より釣行開始。潮位はどんどん下がっていきます。水深1m程度を狙うが気づくと50cmになっている。潮位に合わせマメにポイント移動する必要があります。場所によっては藻が仕掛けに絡まって釣りづらい。

ポツポツと釣れるのですが渋い印象。強烈なフィッシュイーターYは不安げな様子。

ハゼ釣り凄い人影

釣り場は驚くほど賑わっております。ボートのニアミスも度々。

ハゼ釣り凄い人影

潮が下がりきるとサッパリ釣れなくなったので上陸休憩。朝はこの辺りがウエーディング・ポイントになってました。川原は釣客と行楽客で賑わっております。さすが都内、人影濃し。

ハゼ釣り凄い人影

最乗船し後半戦。ピクピクグイグイ本日最大の生命反応!!ランカー・ハゼ登場か!?

ハゼ釣り凄い人影

フグでした……。

ハゼ釣り凄い人影

午後2時に撤収。しかし凄い人出です。お手軽に楽しめる反面、人混みが嫌いな方にはお勧めできない釣りですね。

ハゼ釣り凄い人影

本日のタックル。ロッドはグリップ部すべてがプラスチック製で塩害対策バッチリの格安品。リールは隠れたベストセラー、フライ雑誌でまったく紹介されないわりにユーザーが多いKenCraftリバーブリーズ。不意の大物に対応すべくフライラインがバッキングとして機能しており、メインのラインは500m/\550庶民の味方JSYラインを3mほど。スピニングタックルでチョイ投げの同行者が良く釣っていたので結果的にこのタックルは失敗でした。

ハゼ釣り凄い人影

本日の釣果(加工後)美味しかったです。

ボート屋さんの話では1日に400匹釣る凄腕な常連さんも居るらしい。このような凄腕を専門用語で「スポーツ紙釣果撹乱人」といいます。あれだけ人影が濃いのにハゼが全滅しないところをみると繁殖力の強い魚なんですなぁ。

記事の日付:2005年09月18日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)