フライでバス釣り
2005年11月19日の記事です
ブルーギル君もなかなか透明感があって綺麗ではありませんか
記事挿し絵
ブルーギル君もなかなか透明感があって綺麗ではありませんか

こうしてみるとブルーギル君もなかなか透明感があって綺麗ではありませんか。外来生物法施行以前はペットショップで観賞魚として売られてたくらいですからね。食べても淡白で意外と美味しい魚らしいですが、ここのは食べる気がしませんわ。魚じゃなくて水面に油がのってるのでラインを手繰る左手がベトベトに。その油が飽和脂肪酸が少ないと話題の「ひまわり油」や風味のある「ごま油」なら美味そうですが、ここのはどう考えても鉱物系オイルfrom近場の工事現場。

ブルーギル君もなかなか透明感があって綺麗ではありませんか

お昼少々前に到着すると風が少々強いので\100ルアーを少々投げてみるとあっけなくHit!相変わらず\100ルアーは良く釣れますわー。その後東方面を攻めてた、みやっちさんと合流、1匹釣ってきたとのこと。\100ルアーじゃなくとも釣れてるようです。あたりまえか……。その後かぜも収まりフライにチェンジ。hiro2さんも登場し、のんびりとした休日を過ごす。のんびり過ごす以外に術が無いと言ったほうが正確か?魚の反応がまったく無いのです。まぁ、ノーバイトの猛攻を食らうのは霞水系のお約束、呑気にやらせてもらいますよ、とか思ってたら日が暮れてしまいました(^^;。みやっちさん、hiro2さんは夕マズメにバスをHitしてたのでチャンスはあったはずなんですが……。

記事の日付:2005年11月19日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)