フライでバス釣り
2006年03月11日の記事です
スプーン恐るべし!
記事挿し絵
スプーン恐るべし!

釣友F&Tと里川釣行。フライでバス仲間のケンさんとも現地合流。毎年来てるポイントなので到着して川を見るだけでほぼ想像がつく。不気味なことに餌釣りの人がいない…。魚が見えない…。解禁はしたけど放流してないようです。(^^;毎度のことながら放流しないと魚が居ないとは何の為の禁漁期なんでしょうねぇ?

スプーン恐るべし!

あまりに魚っ気が無いので別の川に移動。ここも不気味なことに餌釣りの人がいない…。遅延放流流行の兆しか?遅延放流とは一種のフェイント技で解禁に合わせ登場した釣師をあざむく効果があるらしい。しかし、ここはオイカワとカワムツが期待できる川なので楽しめそうな気配。橋の上から覗くと案の定、カワムツ君の群れを確認。この橋の下は魚が溜まるけどフラットでオープン気味なので人影に驚きササッっとカワムツが逃げてしまうのが欠点。ここが初めてのケンさんに「ここ魚影濃いけど上or下流のほーがいいですよ」と忠告。この忠告が後に覆されることになるとは…。

スプーン恐るべし!

オイカワ&カワムツ君のライズもバイトもあるのですが、型が小さくさっぱりフッキングしません。ひょっとしたら生き残りの尺ヤマメが飛び出すのでは?と#12パラシュートで攻め続けるも反応するのは超小型くん。

目ぼしいポイントを一通り攻め終わり最初の橋に戻るとケンさんがルアーを投げている。「めちゃくちゃ反応いいです」ま、マジっすか?

な、なんと…、ケンさんがスプーンを投げる度に4〜5匹のカワムツ君達が果敢に追ってくる!あっけなくヒット!

スプーン恐るべし!

F自作の携帯水槽で記念撮影。スプーン恐るべし! ルアーに反応するのはサイズが良い。

スプーン恐るべし!

フライで釣れるのは、こんなサイズ。(^^; 釣りは数やサイズより大切なものがあると信じてますが、まさかカワムツ君でルアーに完敗するとは…。○| ̄|_ ケンさんの管釣用スプーンはカワムツ君達に大人気なのでしたぁ。

記事の日付:2006年03月11日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)