フライでバス釣り
2006年05月16日の記事です
シーバスが楽しすぎるのですが…
記事挿し絵
シーバスが楽しすぎるのですが…

今夜は湾奥というより海っぽい所でシーバスフィッシング。益々ハマる一方。フライのマッチ・ザ・ハッチ的な繊細さとルアーの通快感の両面を持ち合わせるのだから楽しくないわけがない。夜6時に家を出て首都高が空いてたこともあり7時に釣場に到着するというお手軽さ。

シーバスが楽しすぎるのですが…

駐車場にほぼ同時に到着したSAKAMAさんと先行釣行中のみやっちさんに合流。暫くキャストを続けていると水面がザワザワしてまいりました。必殺のルアーで47cmと出足好釣。バラシを楽しみつつ次にキャッチできた魚は40cmを切ってしまいました。水面は賑やかなのでまだまだ釣れるでしょう!と、この時点では思っていたのですが…。画像はシーバスを手にする みやっちさんを撮影するSAKAMAさん。

シーバスが楽しすぎるのですが…

画像はバラシを楽しみつつシーバスを手にしたSAKAMAさん。水面は賑やかさを増し、なんだか凄いことになっています。しかし…。水面の賑やかさが増すほどに3名の釣果は落ちるのでした。

シーバスが楽しすぎるのですが…

なんとなく理由がわかってきました。ライズするシーバスの平均サイズが小さいようです。そして本物の餌が多すぎるっす!しかも湾奥で見たような引き波立て泳ぐ極太バチが見当たらず。ルアーにバチがスレ掛かりして想像は確信へと変るのでした。こりゃパック詰めで売ってるやつと変らないじゃないですか。ならばフライで!と試すもルアーでスレ掛かりするほど本物の密度が濃いせいか状況変らず。小型ルアーをキャストしたSAKAMAさん、みやちさんは近場に群れるボラが釣れて悪戦苦闘してます。足場が高いこの場所でボラを掛けるのは懸命ではないようで。やっぱルアーで遠投して…。反応ないなぁ。 フライで近場を丹念に…。う〜ん、やっぱルアーかなぁ。と右往左往しているうちに夜は更け徐々に水面は静かに。難しいですなぁ。

記事の日付:2006年05月16日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)