フライでバス釣り
2006年10月22日の記事です
夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件
記事挿し絵
夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

でこぴん号に昼から乗船。朝はすっげー寒かったとのこと。状況を聞くと「プラグで全然反応ないのでラバジ投入、1日1回あるかないかのミラクルキャストでストラクチャーの奥の奥に入って40cmを1匹キャッチ」「トップに出る気が全然しません」

めぼしいポイントを一通り探って無反応。あまりの釣れなさで睡魔に襲われた船長に代わりフットコン・エレキ体験操縦しつつフライをキャスト。

こーして画像で見るとすっげー釣れそうだけど現実はまったく釣れないんですね。(笑)

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件
 ボートで、フライで、霞の葦打ちって、じつは物凄くやり難かったりする。

必ずと言っていいほど風があるのでヨットのごとくジグザク航行しつつ距離を保つわけですが、常に動いているのでラインスラッグで直ぐにポイントからフライが出てしまう。ボートの速度に合わせラインを出しつつメンディングして…、なんつーのは机上の空論であり、手返し悪過ぎてやってられない。着水同時にバイトする程活性高いか、ポイントを外してもバスのほうからフライを探してくれるか、風が止むか、とにかく何かしらの好条件に恵まれないと釣れる気がしませんわ。

ってことで保険でルアータックルも準備しているわけであります。投げるはもちろん信頼と実績のダイソー\100バイブレーション!

キィーーーーーーーーーーーー!

久しぶりに引っ張り出した愛用ABU1500Cが奇音を発生、飛ばない&バックラッシュの2重苦で釣りにならず。(^^;

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

撃沈の予感が確信に替わり始めた夕マズメに奇跡が起こった。

風が止みフライのキャストが決まるゾ!

葦とちょっとしたストラクチャー絡むポイントでマック・ストロー・フライめがけバスが飛び出してきた。

ばんざ〜い!

少々間をおいてまたしてもHit!なんと!これは専門用語で言うところの「ほぼ連続ヒット」ではあ〜りませんか。

ばんざ〜い!

現代の霞水系では奇跡と言っても過言ではない。

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

近年すっかり見る機会が減ったギル君まで登場!

でこぴんさん曰く「ここ昔はギルがすっげー居たポイントなんですよ」

ほんと減ったよねぇ。

水面が鏡のようなフライ好条件は30分程度で終了。

また風が…、徐々に水面が波立ち…、すると…

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

でこぴんさんのロングミノーがこの状況にマッチしたようだ。

午前中にラバジで釣った40cmより嬉しそうな様子。

釣りは自己満足の世界。

やっぱ自分の好きなやり方で釣れるほうが嬉しいんですよね。

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

でこぴんさんロングミノー絶好調!

ほぼ連続Hit、しかもサイズあっぷ!

巻き始め直前に食ってきたというのでフライでもまだチャンスあるかな?

アピールを強めるべくフライサイズを上げるが空気抵抗が増えてボートのリズムに同調しない。

この辺がフライのもどかしさだ〜。

夕マズメ一瞬だけ奇跡の好条件

でこぴんさんロングミノーどこまで行くか?の絶好調!

まるで釣り番組を見ているかのような「ほぼ3連続Hit」に驚くが、あたりが暗くなり始めると反応なくなり終了。

全体を振り返ると釣れたのはほんの一瞬だったけどエキサイティングに終了できて撤収作業にも力が入るってもんです。

終了アナウスが流れると突然ライズを始める管釣トラウトのごとくバスボート達がドッグを目指し撤収したらスイッチが入ったかの印象を受けた本日の釣行でした。

記事の日付:2006年10月22日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)