フライでバス釣り
2007年02月21日の記事です
東京湾シーバスフィッシング2007 Vol.1
記事挿し絵
 2月とは思えない春の陽気に誘われて、東京湾シーバスフィッシングに出かけました。
 途中、SAKAMAさんを拾ってポイントに入り、キャストを始めたのは夜7時ごろ。

 バチの姿は確認できないものの、なんとなく水面に魚の雰囲気。
 投げるは春の東京湾最強ルアー!バチミノー。
 しばらくすると50mほど右手でSAKAMAさんが魚とファイト!寄ってみると「バレタ」と冷静な表情。
 なんで、そんなに、冷静なんじゃ?とよくよく聞くと「ファイトの感じがボラだったよ」との返答。
 たしかにルアータックルだと、不思議とボラを掛けても嬉しくないんだよなぁ…。

 釣れそうな空気は漂ってるけどバイトなし。
 そんなこんなしているとグゴゴゴゴ!と快音を轟かせながら船が通過。ぉぃぉぃ飛ばし過ぎじゃないのか!?
 ザッブン、ザッブン、護岸に波が打ち寄せる。
 抜けかけたバチが驚いて引っ込んでしまいそうな荒れようなのでしばらく休憩。
東京湾シーバスフィッシング2007 Vol.1東京湾シーバスフィッシング2007 Vol.1

 波がだいぶ収まった頃に水面で何やらライズらしき波紋が。
 春の東京湾最強ルアー!バチミノーを通すも異常ないので、春の東京湾無敵ルアー!バチペンシル(。o゚) ☆ヽ(-_-;)どっちが強いんだにチェンジ。
 モワっと水面が膨らみグググっと強い引き。
 「掛かったよ〜ん」とSAKAMAさんを呼ぶも「その引き方はボラじゃないの?」とのこと。
 え”〜。そーなんですかー。う〜む、そー言われてみるとなぁ…。
 と、寄せてみるとシーバスじゃないですかっ。急いでワンタッチネットを広げて慎重にランディング。
 嬉しい今年の初物は堂々たるサイズ63cm。(当社基準)
東京湾シーバスフィッシング2007 Vol.1
 なんだかんだで時計は夜8時をまわる。
 相変わらずバチの姿は確認できないものの200mほど右手に波紋を見たので少々移動。
 さっき釣れた春の東京湾無敵ルアー!バチペンシルを通すも異常なし。
 こうなったら春の東京湾必殺ルアー!ワンダースリム(。o゚) ☆ヽ(-_-;)どれが一番なんだにチェンジ。
 しかたがない、最終兵器!100円ペンシル登場。(。o゚) ☆ヽ(-_-;)最初から使えよ
 しかし釣れないので全米No1ヒット!フローティングミノー。(。o゚) ☆ヽ(-_-;)なんでもありかよ
 もはや何がなんだかわからなくなったので、さっき釣れたバチペンシルに戻すと40cmヒット。
東京湾シーバスフィッシング2007 Vol.1
 相変わらずバチの姿は確認できないものの、どうやら今夜はバチペンシルが良いようです。
 61cmとサイズが復活。見えないけどバチは出てるのかな?

 9時をまわるとシーバスの気配は消えサッパリ…。
 でも63,40,61cmが釣れたのだから当社規格では「上出来レベル」だ。調子こいて次回はフライでやってみよう。

 牛丼屋で軽く反省会、SAKAMAさんの仮住まいを経由し、ナビの誘導にバカ正直にクルマを進めると、道路を埋め尽くさんばかりのタクシー群れと酔っ払いでカオス!と化した新橋に突入しちゃって「ヒドイ目」に遭いました。

記事の日付:2007年02月21日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)