フライでバス釣り
2007年06月22日の記事です
千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎
記事挿し絵
 またもやSEKOさんと千葉に行ってきました。
 予報だと南西の強風。
 行きの高速では吹流しが真横向いて強風。
 現着して準備中も木がわさわさ揺れて強風。
 エントリしてみるとやっぱり強風。
千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎
 地形が複雑なのが幸いで風裏は存在するのだけど、フローターでフライって風に滅法弱いので狙えるポイントは半減、移動もしんどい。
 が、しかし…。どーゆーわけか、風で苦労した日は釣果が伸びるようで、北東風で苦労しながら爆釣(当社比)した第2回と同様の26匹も釣れちゃいました。

 エントリ早々1匹目の釣果に恵まれ、SEKOさんもバラシたりとイベントはあったものの、前回数が稼げたオープンウォーター・ポイントは風で荒れて釣りになりません。
 SEKOさんは左回りコース、私は右回りコースに分かれて調査、の予定でしたが風に押され漕ぐ割にちっとも進まないので私も左回りコースに。
 左折する風裏ゾーンまで非難しSEKOさんは岩盤側、私はオーバーハング側を調査しますが、お互いサッパリ異常なし。早朝のいい時間のはずなのに今日は渋いのかなぁ?
 このエリア終盤で2匹釣れるもサイズいまいち。牛久だったらサイズ問わず1匹釣れれば大歓喜ですが、数が釣れるフィールドに来ると自らハードルを上げてしまうのが釣人ってもんです。

千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎
 岩盤エリアにやってきました。ここは釣れる予定、なのですがビル風のように変則的な方向よりビョービョー風攻撃を受けやってられませんわヾ(。`Д´。)ノ
 次のエリアに移動。風と格闘しながら普段からあまり釣れないオーバーハングをパスして40upの実績あるお気に入りの岩盤に。ここは釣れる予定、なのですがサッパリ異常なし(^^;。ちょっと外れた所で1匹Gett。やっと30cm超え。今日はサイズがよろしくないなぁ…。
 次のエリアに移動。風と格闘しながら来た順路を戻り左に曲がって…。と書いたところで読んでる方には何がなんだかサッパリわからないと思いますが地形が複雑ということです。どうやら今日は風裏のゴミ溜りがヒットゾーンのようで3匹追加。うち2匹はほぼ連続ヒット。
 次のエリアに移動。先行したSEKOさんを追いますが、ここで今まで以上の強風が来襲し漕いでも漕いでも進みません。もうダメ〜、退避ぃ〜。オーバーハングの下に潜り込み木を手で辿ると漕ぐより全然速く進みます。もはや猿です。なんとかSEKOさんと合流し上流の風裏目指し一生懸命漕ぐ。今日は筋トレだぁー。
千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎
 バスのスクール発見!フローター目線だと魚体は見えませんが数匹と思われる微妙な引き波がフライに接近しチュボっと人をバカにしたようなショートバイトが数回。散々バカにされながらも一匹Gett!サイズはいまいち。
 ポチポチ釣りながら順路を進める。今日は平均サイズが小さいので39cmが釣れた時はとてつもなく巨大に見えました。
 移動中、岸から離れたゴミ溜りでライズ発見、子バスか?と思いきや41cm。(画像)
 そのゴミ溜りが続く先の岩盤にて好釣果。本日は垂直な岩盤とゴミ溜りが良かったのですが、両者の相乗効果で絶好のポイントとなったようです。直後にポツポツと雨が降り始める。雨の直前ってのも好釣果の要因だったのかな?
 じきに雨は本降りに。しかし幸運にも風は多少弱くなったような?雨はカッパで凌げるので強風よりは全然いいっす。
 次は支流方面を調査。推進力に劣るので半ばで待機し折り返し戻ってきたSEKOさんに状況聞く。
 ふむふむ、ほぅほぅ、う〜ん、なるふぉど(。o゚) ☆バキッヽ(-_-;)わからん
千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎
 後半戦。風吹きさらしゾーンを高速(といってもFTは遅いですが…)パスし上陸を念頭に順路を戻る釣行。
 雨なら日中午後の食い渋りは無いだろうと思いきや、しっかりあるんですね。3時間以上釣果が途絶えます。
 水面を叩く雨粒がフライのアピールを阻害するようで益々釣れる気がしません。
 ヤケクソで発泡バルサポッパーにてボッコン!ボッコン!水面をかき乱してたらバフォ!とバスが出てびっくり。
 このフィールドでこの釣れ方したの初めてです。マッディ・ウォーター流はダメと思ってたのに。
 こ、これは、もしや!?と引き続きポッパーで強めのアピールを試したところ。
 な、なんと!
 サッパリ釣れません。どうやら偶発的な事故だったようで…。(汗
千葉6回目 風で苦労すると釣果が伸びる謎

 本日イマイチだったオーバーハングやシャローは捨て、岩盤それも垂直に切り立ったポイントを重点的にキャスト。
 ぷよぷよポッパーで強過ぎず弱過ぎずの適度なアピールで好釣果。
 本日最大の42cmも出たりして良い締めくくり。
 SEKOさんも夕マズメ好釣でニコニコ。

 雨の撤収作業はしんどいなぁ、と思ってたら上陸後に雨は止む。
 おお!天は我を見放さなかった。無宗教だけどこの時ばかりは神に感謝。
 入梅が遅れたりする日本の異常気象は、わけもわからずクリスマスを祝い、翌週は何事もなかったように神社にお参りする無節操な国民性に神がお怒りなのじゃ。ま違いない。
 ところで「ま違いない」は池田○作の口癖で長○秀和は学会員って噂は本当なんすかね?

時刻 サイズ ポイント フライ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
5:12
6:39
6:57
8:04
8:58
9:00
9:09
10:26
10:55
11:08
11:47
12:00
12:15
12:19
12:29
12:40
13:12
14:19
17:37
18:01
18:12
18:23
18:53
19:02
19:09
19:13
29
28
28
33
33
26
33
25
29
39
35
41
36
33
29
28
2?
34
32
25(Min
34
27
35
42(Max
33
32


















































ポイント Open water/Bedrock/Shallow/overHang
フライ  マックフライ(TMC300#6)/発泡バルサポッパー(B10S#4)/ぷよぷよポッパー(B10S#4)
開始 4:50 撤収 19:15
最短釣果間隔  2分(8:58〜9:00)
最長釣果間隔  3時間18分(14:19〜17:37)
天候:曇りのち雨、南西の風強し
記事の日付:2007年06月22日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)