フライでバス釣り
2008年11月01日の記事です
冬の釣り(シーバス編)
記事挿し絵
冬の釣り(シーバス編)  (バスギル編)からの続き。

 た〜。さんとシーバス・フィールドへ移動してきました。
 到着早々、水面に活気が!
 ライズの正体はシーバスかも?

 立ち位置から放射線状にフローティング・ミノーで探ったら。
 ゴン!

 ぉぉおおお〜〜!
冬の釣り(シーバス編)  今年の夏、地元さいたまで淡水川シーバスを調査するもALL撃沈。
 もはや当社では限りなく絶滅危惧種であり、車田レッドブックへの
 掲載間近だったシーバスを4ヶ月ぶりに釣りました。
 ぃゃぁ、今日はバスもシーバスも釣れてよかった、よかった、リリース。

 すると、た〜。さん「あれ?逃がしちゃったの、ここの美味しいのに」

 …
 そ、そうか、ここのは食えるのか。
 油がのった(鉱物油や化学合成油)東京湾奥産や、どー考えても臭く
 て食えそうにない埼玉産ばかり釣っていたので条件反射でリリースし
 てしまった。次回はキープしてみよう。

 結局「次回」は「翌日」になるのでした。
 (シェフ車田スズキをさばく)へ続く。
 

 <総括> シーバスの時合って短いなぁ

潮:中潮(満潮16:30、干潮23:45)
開始 18:40 撤収 20:15
キャストしたもの
 100円ペンシル、バチペンシル、フローティング・ミノー、シンキング・ミノー、ワンダー80/60/スリム、HIKOルアー
記事の日付:2008年11月01日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)