フライでバス釣り
2009年05月16日の記事です
水質イマイチだけど浮いてよかった
記事挿し絵
水質イマイチだけど浮いてよかった  先週イイ思いができたポイントに2匹目のドジョウ狙いでやってきました。
 クルマから降り水面を眺めると、うぅ!泡立ってる……。
 水質悪そう、でも泡の原因がさっき通過したアルミのアングラーがバスとファイトした跡かも?
 しばらくすると、
 ザッパーン!
 ボラがジャンプする。
 いつまでたっても泡が消えない、そ、そういうことか。
 よくよく観察すると至る所にボラジャンブ跡が……。
 別のポイントも調査すべきか?
 いや、ここで浮こう!
水質イマイチだけど浮いてよかった  エントリ早々、不沈バスバグにバイト!
 狙い的中!ここに浮いて正解。(これを専門用語で結果論といいます)
 バスがHitしたらまずやること。
 それはデジカメを取り出し電源を入れることである。
 あっ……
 まぁ、いいや、バレるから釣れた時が楽しいのさ。(これを専門用語で負け惜しみ)

 その15分後、不沈バスバグをバスが食い損ねた。 な、な、な、何故???
 もうワン・アクション加えるとヴォコっと丸呑み、良型の予感。実際40upでした。近くにいた親子でアルミのアングラーがエラ洗いするバスを見て「サイズ良さそうなじゃないですか」と話しかけてくれた。おっさんアングラー同士の見栄もあり、ここは余裕のファイト(のそぶり)で世間話。ジャンプするバスにデジカメ向けるのもなんだか恥ずかしいので何気にデジカメ持ってるふりして要所〃でシャッター押す。ここで一つの疑問がよぎる、何故バスを盗撮しなきゃならんのかと……。
水質イマイチだけど浮いてよかった  葦際に落とし水生植物に沿ってポコ!ポコ!っと、
 誘いたいのですが、今日の水質だとイマイチいい音が出ない。
 しかたなく小刻みにふるえるように引いてみるとシャパっと水しぶき。
 さっきのに比べると二周り小型だけど釣れるのは楽しい。
 
水質イマイチだけど浮いてよかった  1時間ほど無反応。
 始まってしまうのか?ノーバイトの猛攻!
 朝一賑わっていたアングラー達もまばらに。
 皆さん釣れる時間帯を知ってますなぁ。
 だけど、この一段落した後がフライのチャンスタイムだったりする、
 と、信じてキャストしてるといい事ありますな。
 サイズ復活、やっぱこれくらいが釣れたほうが嬉しい。
 40には届かないけど模様が綺麗。
水質イマイチだけど浮いてよかった  「調子良さそうじゃないですか」
 と、陸っぱりのおじさんアングラー(私もおじさんですが)が話しかけてくれた。
 聞けば頻度は少ないながらフライもやるという、なんと珍しい。
 さらに聞くと今日は陸だけど普段はカヌーとのこと、私が言うのもなんだがフライでバスを釣ろうとする人ってちょっと変わってる。
 世間話しながら適当にキャストしたバスバグをズルズルとピックアップしたら水面が「もわっ」と、どうやらバスが追っていたらしい、な、な、なんと。

 しばらくして、木の枝なんかが吹き溜まってる上をバスバグ転がし、ポトっと着水同時にジャスト40がバイト!
 サービス精神旺盛で良いカットが撮れました。
水質イマイチだけど浮いてよかった  時計が10時を回ると風が強まり上陸休憩。
 撤収も考えたけどしばらくすると風向きが良い方向に変わり、なんとかなりそうなので再エントリ。

 岸からも攻められる人気スポット。
 ここは難しいかなぁ、あれ?????、バスがバスバグを見てるような???
 フローター目線だとイマイチ良く見えない、背伸びしたくともやりようがない。
 軽く誘いを入れても変化なし。幻覚だったか……。
 フライをピックアップすると反転するバスが見えた。なんとーーーー!!!
 マックフライで再挑戦するも異常なし。
 バスバグに戻し再々挑戦、やっぱダメか〜、ぼーーーっとしてるとポコっと突然のバイト。
 バス全釣果に対してジャンブ場面を撮ろうと思ってましたが、こやつはジャンプ回数が少なく失敗しました。
 口には真新しい釣られ傷が4箇所も!  
水質イマイチだけど浮いてよかった  ここは岸から無理だけど、ついさっきまでルアー・アングラーがフローターで浮いてたところ。
 バスバグに飛び出すようなバスは釣られてるだろうし、新しいバスが入ってくるにも時間がかかるだろうし……。
 でも風裏は限られるし、餌釣りの人も増えポイント減少、仕方が無い、バスバグとマックフライを交互に試す。
 スー、スー、と引くマックフライめがけバスが突進!
 意外と釣れちゃうもんですね。 
水質イマイチだけど浮いてよかった  ユスリカにライズしてるギル君狙ったつもりでしたが、正体は子バス君でした。

 エントリ時より水位は20cm程度下がり美味しそうなポイントも半減。
 睡魔も襲ってきたので上陸仮眠.zZZ
 はっ!
 いったい何時間寝たんだ?
 目が覚めたら時計は5時を回っている。またやってしまいました(^^;
 再エントリする気力もなく寝冷えした体を温めるべくラーメン屋に移動後帰宅。 

 <総括> フローターに「茶色い線」がつく水質でしたが、なんだかんだよく釣れました(当社比)

釣果
 1 06:15 41cm 不沈バスバグ(B10S#4)
 2 06:45 32cm 不沈バスバグ(B10S#4)
 3 08:03 38cm 不沈バスバグ(B10S#4)
 4 09:02 40cm 不沈バスバグ(B10S#4)
 5 11:25 33cm 不沈バスバグ(B10S#4)
 6 11:50 31cm マックフライ(TMC300#6)
 7 12:15 23cm マックフライ(TMC300#6)
記事の日付:2009年05月16日

コメント

1) ケン2009/05/17(日) 19:49:24
好釣なによりで羨ましいです。
浮力が強いのは浮沈バスバグの長所でもあり欠点でもあるんですよね、食うのが下手なバスだと弾かれてしまうんですよ。
前にも書きましたが、鯉相手だと殆ど食いっぱぐれちゃいます。。
2) 車田2009/05/18(月) 06:00:13
私が使ってるフォーム(シリコン充填バックアップ用)だと
浮力がたいしたことなくて、高く浮かせたい時はフロータント
使ってるくらいなんですよ。
ケンさんが使ってたフォームは何でしたか?
3) maru2009/05/19(火) 22:15:06
さすがの釣果&写真ですね〜。
私もそろそろ霞に浮こうかと思ってます。
最近、山上湖や渓流のクリアウォーターばかりなので
ちょっと霞のマッディーウォーターが恋しく?なってきました。
4) 車田2009/05/19(火) 23:22:24
maruさんどうも、以前ひらがなで書いて下さった方ですよね?
ブログはアンテナのほうへ登録させて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)