フライでバス釣り
2009年08月05日の記事です
40up率高し(当社比)
記事挿し絵
40up率高し(当社比)  先週の釣れないライズ、今回はそのリベンジなのだ。落ち着いて攻めたのが良かったのか?単に運が良かったのか?フッキングしないバイトや掛かっても直ぐにバレるのが多かったのは相変わらずでしたが、今回はなかなかの釣果、しかも40up率が高くて大満足釣行となりました。
 まずは先週バカにされたライズポイントへ、むやみにキャストせず、まずは何食ってるのか良く観察するのだ。う〜む、フローター目線だとサッパリわからん……(^^;。角度が浅すぎて偏光グラス効果があまり発揮されないフローター。まぁ、ボートで近づいたらライズは止んじゃうだろうし、その辺は一長一短ですわな。 
40up率高し(当社比)  結局、闇雲にキャスト&誘いを繰り返しHitパターンを探る作戦に。 み、み、見えた!わかったゾ!これだ!絶対!いやきっと、ちょっと自信ないけど、たぶんそーなんじゃーないかなぁ、間違ってるかもしれないけど…、ライズに対するHit率概算5%程度(低っ!)でも釣れるようになったのだから前進したよ。
 朝のライズも時の経過に比例し散発的に。食ってもショートバイト、掛かってもバラシの連続で追加ならず。さらに時計が回るとライズもなくなり魚は沈んでしまった印象。ならば!とポッパーで擬似捕食音を発生させバスを浮かせてみるテスト。バスを見失ったので風で漂流しながら広範囲に探ってみます。低確率ながら稀にボン!とバイトがあるのですが掛りが浅くて全バラシ、推定45upも出たのに(泣)。バレるのも動画的には美味しいとビデオの電源入れるとサッパリ出ないし。(--) 
40up率高し(当社比)  日中の釣れない時間帯に突入したのでEPに戻り立ち上がると沖でライズしてます。新手の詐欺か?と疑うも休憩してはいられないので一旦はずしたバーを再固定し沖へ、するとライズは更に沖へ移動、これはゼッタイ詐欺だ!だが戻るのも悔しい。散々追い掛け回して1匹追加。

 小一時間休憩し再エントリ、なんと2投目で40UPヒット!こんな目と鼻の先に居たのね。居たというより周ってきたのか?ライズを追いかけるのはしんどいので定位してライズを迎え入れる作戦にしよう。そんなに上手くいくのか?
40up率高し(当社比)  上手くいったか微妙なところでしたが、そこそこ釣れたので大間違いではなかったのでしょう。ライズが無い時は周辺の景色から地形を想像しポッパーで誘ってみます。午前同様、忘れた頃にボン!とバイトがあるのですが、これまた午前同様に全バラシ。ファイトまでは持ち込めるのですが掛かり方が悪いようでエラ荒い1発目でサヨナラが定番コース。結局、ポッパーでは1匹もキャッチできませんでした。そこそこバイトはあったのに……。トッパーのアングラーが「派手なバイトはあるけどフッキングしない」と言ってたのを思い出す。今日の状況下ではアトラクター的な誘いに対し「捕食」より「攻撃」の要素のほうが大きかったのかな?
 こちらの動画もご覧下さい。

 <総括> 40UPが7匹も釣れて大満足、しかし貰ったフライは良く釣れるなぁ(笑)

釣果
 01 06:58 35cm マックフライ(TMC300#6)
 02 07:18 34cm SEKOさんに貰ったフライ
 03 07:25 43cm SEKOさんに貰ったフライ
 04 07:37 41cm SEKOさんに貰ったフライ
 05 07:42 39cm SEKOさんに貰ったフライ
 06 08:15 41cm SEKOさんに貰ったフライ
 07 09:13 43cm SEKOさんに貰ったフライ
 08 12:05 40cm SEKOさんに貰ったフライ
 09 14:02 43cm SAKAMAさんに貰ったフライ
 10 15:36 40cm SEKOさんに貰ったフライ
 11 16:04 33cm SEKOさんに貰ったフライ
 12 16:20 35cm SEKOさんに貰ったフライ
 13 17:58 38cm SEKOさんに貰ったフライ
記事の日付:2009年08月05日

コメント

1) maru2009/08/09(日) 23:01:37
一日に40up7本とはお見事!! 羨ましいかぎりです。
ラージの難しいライズというのは経験無いですが、ストマックポンプでも使ってみますか?
私は長野でスモールバラシ病に悩まされました。精神的ショックはラージでしたが・・・。
2) 車田2009/08/10(月) 12:19:52
ブログ拝見しましたがいい魚釣ってますね!
セミパターンの釣りも楽しそうですね。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)