フライでバス釣り
2010年06月04日の記事です
頑張って2桁
記事挿し絵
頑張って2桁
早朝の部は1匹のみ

SEKOさんのクルマで早朝到着。水辺まで歩きロッドにラインを通しているとメール着信。こんな時間にメール出すのは釣人に決まっている。先週ここでイイ思いしたというGUNJIさんの可能性大。事実そうだから笑ってしまう。電話して詳細聞くと「満車につき別ポイントから入ります」ってことで二手に別れ後に合流することに。この早朝どちらのポイントが好釣に恵まれるか?

こちらには地の利がある。エントリすぐに馬の背地形の大場所があるのだ。が〜ん、魚っ気が無くて不発です。GUNJIさんがエントリした方面へ流すも私SEKOさん共に岩盤で1匹のみ。

頑張って2桁
GUNJIさんと合流

GUNJIさんと合流し状況を聞くと5匹Gett!したという。完敗でございますわ。

マックフライで小バスを釣りつつ3人集合したところでうだうだ。稚魚にボイルするけどフライに無反応バスにバカにされながら前進。GUNJIさんによると先週は島を周回しただけで20匹釣れたとのことで遠方はパスする順路を選択。しばらくするとハングでGUNJIさんヒット。魚は居るようです。

トイレ休憩しブレイクを観察。ここは釣れないながら見えバスが居たりするんだけどなぁ…魚っ気少なし。今日はハズレ日なのかぁ?

頑張って2桁
確信ポイントをポッパーで

対岸のポイントまで漕ぐ。さっきルアーの人が釣ってたし過去に実績もある。ポッパーを投げるも無反応だけどしつこくキャスト。派手なポップ音を岩盤に響かせた後に丁寧に攻める。スイッチの入ったバスが浮いてくるはずだ。

”同じ場所に何度もキャスト釣法”はあまり万能でないのだけど1日に1回ぐらいはまぐれ当たりがあるのである。…と信じてやる。

釣れてよかった。2時間以上無釣果が続くと集中力が切れてしまうから。

頑張って2桁
岸から離れたストラクチャーで

時計が10時を回りだいぶ日も高くなってきました。日差しはきついがさほど暑くない。今年はほんと涼しい日が多いです。朝迷ったネオプレウェーダーの選択は正解でした。

主だったポイントはルアーで攻められた後。高活性時は新たなバスが周ってきて問題ないけど今日の状況だとダメみたい。

岸から中途半端に離れた穴場的なストラクチャーに付いてたバスがポッパーに出ました。食い気ある奴が居ないわけじゃなさそうです。

頑張って2桁
流木の影から飛び出しました引きも強し

水面にモザイクかけるような風が吹いたり止んだり。風が止んだ時に水面がざわついてる場所発見。岸沿いに横たわってる流木の向こう側にキャスト。流木を乗り越えてポップ音1回。バフっとバイト。狙って釣った感高し。ファイトも良好。

水面のざわつき具合からもう1匹居そう。派手にバシャバシャやってるわけではなく良く見ると地味に引き波が見える程度。経験的には派手なのより釣れる率が高いと思う。

してやったりでこのポイント2匹目がヒットするもバレました。残念。

頑張って2桁
立ち木周りでプチ連発

対岸の立ち木エリアに移動。こちらはポッパーに反応しないけどマックフライでプチ連発。画像は本日最大43cmでしたが口に古傷といいうか部分的に唇が無くて痛々しかったです。

反応が途切れたところでシャローの木陰で昼寝タイム。が、寒くて起きてしまいました。くどいようですが今年はほんと涼しい日が多いです。風がカラっとして冷たいんだよね。

その風が強くなりエントリした入り江に戻ってきました。ここは風が吹き抜けなくて快適です。ノーバイトだけど…

頑張って2桁
目前のボイルで

ノーバイトながら風が無いのは快適なので丹念に調査。本日2回目”同じ場所に何度もキャスト釣法”のまぐれ当たりで小バスをGett!したことで気を良くし入り江の奥を目指してみる。岩盤際でバシャバシャやってるの発見し漕いでる途中。なんと目前5メータ程度でボイル。ポッパーキャストしたら驚きのバイト。難しいんだか簡単なんだか良くわからない日だなぁ。

「車田さんはまだやってていいよ!」とSEKOさんは電池切れ撤収。入り江の奥まで行ってみたもののイマイチなので私も撤収することに。帰路エントリP目前の岬でパフっといい感じのバイト。37cm追加。判断に迷うが「これは罠だ!」と決断し上陸。別の場所でまだ浮いてるGUNJIに電話で挨拶し撤収。


<釣果>
頑張って2桁
開始4:45 撤収16:50
01 05:23 37cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
02 06:58 27cm マックフライ(TMC300#6)
03 08:44 37cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
04 10:25 38cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
05 10:38 37cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
06 11:11 27cm マックフライ(TMC300#6)
07 11:35 35cm マックフライ(TMC300#6)
08 11:54 43cm マックフライ(TMC300#6)
09 14:55 23cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
10 15:23 39cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
11 16:41 37cm マックフライ(TMC300#6)

全体的には渋い印象でしたが食い気のある少数派が点在。根性で拾って2桁達成って感じでしょうか?

記事の日付:2010年06月04日

コメント

1) maru2010/06/06(日) 21:42:07
毎回、さすがの釣果です!

私も土曜日は、おかげさまで爆釣(当社比)できました!ありがとうございました。忠告通りの混雑ぶりには、ちょっとビビりましたが・・・。そのうち是非ご一緒したいものです〜☆
2) 羽ぴょん2010/06/06(日) 22:45:59
前日、12時間近くRODを振っていたのですよね〜
釣果がそこそこ有る時はモチベーションが高いから疲労度が・・・?
3) 車田2010/06/06(日) 23:29:36
maruさん>
毎回、平日ですからね。土曜でも釣っちゃうmaruさんのうほうが凄いですよ。休みがとれたら是非ご一緒しましょう!(ワタクシ土曜だと撃沈しちゃうので)
羽ぴょんさん>
昨夜は4人中最後までルアー投げてて近所ながら今日も釣り行った羽ぴょんさんがな〜にをおっしゃいますです。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)