フライでバス釣り
2011年04月16日の記事です
ダメもとながらフライで狙ってみる
記事挿し絵

特派員Kからのお誘いもあり2週連続で同じ場所へ。

ダメもとながらフライで狙ってみる
ルアーなら鉄板で釣れます

ほのぼの、のんびり、しかし強烈な引きが味わえる季節限定イベント。ニゴイがメインでマルタが混じる展開。ピークは過ぎた気がするけど内容は先週と大差なかったので詳細省略。まだ見てない人は先週の釣行記を見てください。

今日もガイドのmaruさんが顔を出してくれました。仲間内では「釣り入れ込み度」ダントツNo.1のお方です。そのmaruさん曰く、ここの釣りはフライで狙うと釣果ガタ落ちだし、たいして面白くないのでルアーが正解とのこと。散々やった人の意見なので超絶的な説得力ですがそれでもやってみたくなるのがフライジャンキーの性分。

ダメもとながらフライで狙ってみる
フライで狙ってみます

フライ向きの場所へ移動し、サイトで見つけて口元に送り込めば釣れるらしい。それはフライらしい釣り方とも言えるのですがが、フラデバ・アングラーの端くれとしては気に入らない。ルアーならスイッチが入り、場合によっては魚雷のように突進してくる魚なのだ。

画像は低水温期のバスを効率良く探ってやろう!のコンセプトで作った俺流解釈のバイブレーションです。ルアーを真似たフライっつーもんは大抵ロクデモナイ代物になるのですが、これも例外なくBOXの肥やしと化してます。(汗

こやつ唯一の成功点は当社独自のバランス構造によりフローティングラインで引っ張っても浮いてこないこと。断続リトリーブでゴツゴツと反応を感じる場合がありますが、手前の速い流れでラインはUの字。魚がアタックしてるのか?単に魚にスレてるのか?底の何かに当たってるダケなのか?さっぱりわかりません。

突然のジェットラン!おぉおお〜食ったのか?−−−、1秒で外れました。スレだったのかな?確実な魚信はこの1回のみ。やっぱ素直にルアーで狙おう。


記事の日付:2011年04月16日

コメント

1) maru2011/04/18(月) 22:07:25
フライでのチャレンジ、ナイスでした!
フライだとやっぱりなかなか難しいですよネ。
私は、あのポイントで遡上ニゴイをフライで釣るために、ダブルハンド/スイッチロッドの購入も何度か考えました。ラインを流す角度が重要なのはわかってるつもりなんですけどね〜。。。まぁ、ヤマメ相手にウェットの釣りを勉強してから、再挑戦しますわ。
2) 車田2011/04/18(月) 23:51:44
現場ではルアー向きの釣りだなと思うけど、家であれこれ考えるとフライタックルでルアーのように追い食いさせたくなります。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)