フライでバス釣り
2011年05月20日の記事です
バスの3Dファイトは楽しすぎる
記事挿し絵

マッディウォーターで初浮を済ませたので今回は比較的クリアなレイクへ。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
41cm

朝マズメ。無反応。ヘラ師の竿も曲がってない。去年の減水で死の湖になったのか?一旦は移動も考えましたが一通り調査したほうがいいだろう。強めの南風を避けるべく風裏を探し彷徨ってると。なんと!オープンウォーターで小バス君がユスリカのハッチにライズしているではないか。よかった、死の湖になってなくて…。

その小バス君、フライに反応するものの、ショートバイトでなかなかフッキングしません。ムキになってキャストを続けてたら、あら、びっくり。何処からともなく大きいバスが登場。ジュボっとフライを吸い込みました。一匹目から40UP。幸先良いスタートです。でも、夜明けから浮いてるのでここまでが長かったのですけどね。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
小バス君

この辺にバスが居るとわかったので放射線状にキャストして探します。すると最初に見掛けた小バス君らしきがヒット。よ〜しパターン入ったぞ。動画も撮れたし気が楽になった。さらなる連続ヒットを狙いますが、ま、そう簡単にはいかないものです。

闇雲にキャストするよりライズを探すほうが良さそうです。ところが風が邪魔します。水面が荒れるとライズが止む。風の影響を受け難いオーバーハングへ移動。後方でパシャっと音がするので振り向くとオープンウォーターでライズしてます。そちらに漕ぐと風でライズが止みます。うぐぉ〜、なんか馬鹿にされてる気がするぞ。ジタバタしてると上手い具合にものの5m先でライズ。小バス君Gett!で本日3匹目。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
これはデカイ

風がコンスタントに吹くようになりオープンウォーターの釣りは終了。次なるパターンを探しますが。えー、全然釣れません。完全にバスを見失いました。何処に居るんだろう?

もう、エリア大移動。大移動と言っても激遅フローター。ボートなら大した距離じゃないでしょう。昨年同時期釣れたポイントなので期待が膨らみますが無反応。せっかくここまで漕いできたのに。(泣

風に逆らい漕いだので疲労度2倍。脱力して流されつつ戻る。気が抜けたキャストで放置したポッパー。バコっ!!!水飛沫が上がり目が覚めた。デカイです。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
48cmでした

ロッドがバットから曲がります。下へ突っ込んだかと思うとふうわぁ〜っと浮いてきてジャンプ。「ドポン」と重量感の着水音。今度は横に走ります。やっぱバスのファイトは楽しすぎる。

これより引きの強い魚はいくらでも居る。だけど、この3次元的立体ファイトは大泉洋の「奥行きが邪魔だなぁ」でお馴染み3DSレイトン教授を凌駕するのは当然、サッカーボールが画面から飛び出してくる大マヌケ3DテレビCMなんか足元にも及ばない。

そもそも3Dなんてのは昭和の時代から出しては消えを繰り返している。家電、映像業界がネタにつまると出してくる。3Dってのはネタ切れで困っている状態の現れと思ってます。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
シャローで45cm

メガネの要らない3Dってのも昭和の時代からあった。TV放送もされた。立体アニメ「家なき子」の第1話放送をTVの前でわくわくしながら待った記憶がある。たしか「メガネが無くともそこそこ立体、あればさらに立体的に」だったと思う。専用メガネも何故か家にあった。この番組、第1話しか見た記憶がない。3Dになったところで内容が面白くなるわけではないのだ。むしろ見づらく逆効果だった気がする。

そもそも3D映像で人を騙すためには壁一面ぐらいの超大型TVじゃないと無理と思う。視聴者が顔を横に動かしたとする。本物の立体なら前後にある物体の位置関係が変わるが3D映像にはそれがない。ここで嘘だと気付いてしまう。違和感となり目の疲労になる。

バスの3Dファイトは楽しすぎる
リアル3Dは楽しい

画面サイズに対して視聴者の移動が極小である必要があるのだ。最適なのは映画館。画面が大きく視聴者が所定の位置から動かない。つまり映画館以外の3Dにメリットは無いが私の持論。

え〜と、バスの立体的なファイトは楽しいって話でした。その後、お昼寝休憩すべくエントリPに戻る途中のシャローで45cm。お昼寝し夕マズメを狙いますがイマイチぱっとしなくて岩盤で1匹、シャローで1匹。今年は季節の進行が遅れてる気がします。フライでアグレッシブなバイトが楽しめるのはもうちょい先かな?でも40upが3匹出たんだから満足しなきゃね。


<釣果>
 1 06:35 41cm マックフライ(TMC300#6) オープンウォーター
 2 06:40 25cm マックフライ(TMC300#6) オープンウォーター
 3 07:37 27cm マックフライ(TMC300#6) オープンウォーター
 4 11:15 48cm 発泡バルサポッパー(B10S#2) 馬の背
 5 12:45 45cm マックフライ(TMC300#6) シャロー
 6 17:35 39cm 発泡バルサミノー(B10S#8) 岩盤
 7 18:15 25cm マックフライ(TMC300#6) シャロー
記事の日付:2011年05月20日

コメント

1) GUNJI2011/05/22(日) 14:35:16
いきなり良型で、好調ですね。
確かに季節の進行速度が遅く感じます。
2) 車田2011/05/22(日) 15:24:27
やっぱ遅いですよね。サーフェスゲーム愛好家としてはスポーニングはさっさと終えてほしいです。なんか罪悪感あるし。
3) hiro22011/05/22(日) 17:24:41
ご無沙汰してます。去年ご一緒した同じ場所でしょうか?
フローターの釣りが懐かしいですが動画も合わせて今後もUP楽しみにしてます!

P.S. 3Dに感じてた違和感の原因が今回の解説で良くわかった気がします。
4) maru2011/05/22(日) 20:34:00
3Dファイト最高!!いきなりグッドサイズ出してるじゃないですか!!お見事。

湖もバスも健在なようで安心しました。今年はどーにか是非ご一緒させて下さいな!

ちなみに私は地デジ化への対応を断念し、もうすぐテレビ卒業です。映画もほとんど見ないから3D未体験。まぁ魚の3Dにしか興味ないので♪
5) 車田2011/05/22(日) 21:04:13
hiro2さん>
そう、その場所ですよ。
ブログ更新されないので心配してましたが元気になられたようで何よりです。
maruさん>
紀子様の家にはテレビが無かった聞いた時、本物のお嬢様って凄いなぁ〜って思いましたが…、本物の釣りバカになっちゃいますよ(笑
土日行く勇気が無いので平日休めるとき連絡下さいな。暑くなる前に如何?
6) きいち2011/05/22(日) 23:38:16
こんばんは。すばらしい画像&釣果です。
3Dについての見識も、激しく同意です。
昨年度の3Dテレビは商業的に惨敗だったらしいですが。少々飛び出して見えてもコンテンツのつまらなさが補えるわけではないでしょうしね。
7) 車田2011/05/22(日) 23:54:07
任天堂バーチャボーイしかり、VHDの液晶シャッター眼鏡しかり、もう3D製品は失敗の代名詞としか思えないってのは企画開発してる人達も重々承知してるのではないでしょうか?経営者と株主のゲームに付き合ってるダケかと…。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)