フライでバス釣り
2011年10月17日の記事です
秋の陸っぱり
記事挿し絵

急げ!バスがトップに反応いいシーズンが終わってしまうぞ。駆け込み乗車的に釣りに行っております。

秋の陸っぱり
サイズのわりに重く綺麗な魚体でした

今回は霞で陸っぱりです。朝7時過ぎよりキャストしてますがイマイチ反応がありません。でもモチベーションは保てるのです。何故なら見えバスを何回か目撃したから。バス居るんだけどなぁ。釣果が無いまま朝のチャンスを逃してしまった感じ。

釣れないからフライのスイムテストでもしよ。バス用にボリューム多めのEPミノーを作ってきました。う〜む、EPファイバを盛り過ぎた感じだ。

クルマに戻ってハサミを取ってくる。まさにカット&トライでフライを調整。これくらいでイイ感じだなぁ。気が付けば写真で良く見るごく普通のEPミノー。先人の知恵は素直に受け入れるべきでした。あーーー!バス2匹がEPミノーを追ってきた!あーーーー!追ってくるだけで食わねぇ(´Д`)

様子を見に現れたSEKOさんとダベりつつ時間が流れる。SEKOさんが帰った後もキャストを続けますがどーにもこーにも釣れません。半ばヤケクソでポッパーをポッピングしてたら水面が割れてビックリ!サイズの割に素晴らしい魚体に嬉しさ2倍。

秋の陸っぱり
兄弟?でもこちらは若干軽め

色々なフライを試しましたが結局釣れたのはいつものポッパー。やっぱ使い慣れてるものが釣れるものなんですなぁ。夕マズメはポッパーを信じることに決める。

ショートバイトをフッキングミス。焦ってそのままフォルスキャストに持ち込みフライを打ち直しますがミスってブッシュにフライが絡まる。我ながら何年やっても学習しないなぁ。一呼吸おいて慎重に再キャストすべきなんだよなぁ…。

ロッドを左右に揺すると上手い具合にブッシュに絡まったフライが外れて水面にポトっと落ちる。それがいいアピールになったようでバシュっとバスがバイト。今度はいい出方。今度は完璧なフッキング。結果的にはキャストをミスったのが功を奏したのかな?

2匹釣れたので満足!


<釣果>
 1 15:33 34cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
 2 16:19 34cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
記事の日付:2011年10月17日

コメント

1) GUNJI2011/10/18(火) 11:08:20
釣ってますね〜。
やっぱりトップでバスの締めはいつもの所ですね。
使い慣れたフライが一番効果的ということでしょうか。
2) 車田2011/10/18(火) 12:32:18
使い慣れたフライは食わせのタイミングが作りやすいですね。
EPミノーもそこそこ反応したけど食わせられなかったです。
3) M・KANEKO2011/10/19(水) 19:27:31
こんばんは。
シーズン終了間際のポッパーでのバスGET、
おめでとうございます!
10月なのにポッパーで釣られるとは
流石です。

オカッパリと聞いて嬉しくなりましたよ。
僕の場合、夏は草の背が高くて
ひっかかりまくりで悲惨なことに
なってました。
4) 車田2011/10/19(水) 20:51:48
当日の僕も悲惨なことになってました。
バックのススキに何回ひっかけたか数え切れませんよ(笑
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)