フライでバス釣り
2012年09月11日の記事です
この一匹で救われた釣行
9月中旬ともなるとフローター・フラデバも難しくなってきます。
記事挿し絵

相変わらずの残暑で太陽に向かいバカヤローと叫びたくなりますが、叫んだところでどうにもならないので釣りに行こう…。

SEKOさん号で夜明けに到着し昼寝を挟み途中参加の た〜。さんと合流して夕方まで粘ってしまいました。9月中旬ともなると水面は閑散としてノーバイトの猛攻と言うより魚が居ない印象を受けてしまいます。

この一匹で救われた釣行
45cm!
この一匹で救われた釣行
バットから曲がるファイトを満喫

序盤にクライマックス。ラインが水を切り裂きロッドティップが水面に突き刺さります。水深ある場所で掛けたのでバットから曲がるファイトを十二分に楽しめました。

でも、それ以降はパっとしなくて、あまりのイベントの少なさに余興でシンキングラインでゾンカーを引っ張ってみます。大海原を爪楊枝でかき回すがごとく…。何事も起こる気がしません。

この一匹で救われた釣行
この一匹で救われた釣行

時合で浮いてくるのか?小バスはまぁまぁ釣れましたが、釣行後、フラデバアングラー3名の情報をまとめると、バスらしいサイズのバスが反応するエリアはかなり限られていたようです。

後半、ヤマ勘で「ここだ!」と勝手に決めつけたポイントで待ち伏せしたのですが、終わってみれば大ハズシ。ただただノーバイトの猛攻を喰らっただけで時間を浪費してしまいました。

この時期のリザーバーは釣れる場所の見極めが難しいですね。広範囲になんらかの生命感のある梅雨〜初夏の釣りが懐かしく思えてしまいます。

数的には5匹釣れてるので今時のバスフィッシング的には充分なのですが、生命感希薄ななかポコっと釣れるのでファイト時間の短い小バスはほとんど印象に残らないんですよ。同じ小バスでもライズやチェイスの過程があると俄然面白くなるのですが。

全体的にはパっとしなかったけど朝釣れた45cmに救われた一日でした。そのバスにありがとう!と言いたいところですが、言ったところで魚に話が伝わるわけないし、仮に伝わったとしても魚からしてみれば「ふざけんなバカヤロー」の世界なので言いませんが。


<釣果>
 1 05:34 23cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
 2 07:51 45cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
 3 11:24 24cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
 4 17:01 29cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
 5 17:06 31cm 発泡バルサポッパー(B10S#2)
記事の日付:2012年09月11日

コメント

1) maru2012/09/14(金) 00:09:27
さすがの45up!!
この時期で5匹は爆釣じゃないですか!?
私は明日の夜からまた遠征に出ようかと思います。
私の場合、ホントに、
せめて1匹釣れてくれれば救われるのですが・・・
2) 車田2012/09/14(金) 01:13:17
maruさんのハイレベルな1匹と違いますから(笑) 遠征がんばってきて下さい。記憶に残る1匹と出会えるといいですね!
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)