フライでバス釣り
2014年03月24日の記事です
ウエーディングスタッフを買ってみました
ウエーディング用のステッキをAmazonで買ってみました
記事挿し絵
ウエーディングスタッフを買ってみました
AXISCOのWADING STAFF

消費税アップ前の駆け込み購入というわけでもないのですが、前々から買おう買おうと思いつつも購入を躊躇していたウエーディングスタッフ。なんとか手が届く価格のものをみつけ清水の舞台から飛び降りる思いでポチしました。

ウエーディングスタッフが初耳な方にわかりやすく説明すると、転ばぬ先の杖を具現化したもの(°O゜)☆\(^^;)よけーわかりづらいわ

基本的にはフローターマンなので使う機会は少ないのですが、年に数回「う、うー、ほしい」と思う場面があるのですよ。先日のニゴイ釣りでも雨の影響で水位が高いのと予想以上に泥が堆積してて恐かったり…。脚力も落ちたし…。

結果的にはこれを買いました。

AXISCOのトラディショナルなもの。

まぁ、間違いはないでしょう。

Amazonは送料無料なのも良いです。

Buccaneer(バッカニア) ウェーディングステッキ
Buccaneer(バッカニア) ウェーディングステッキ

よくよく調べると、な、なんと、昨今のシーバスブームの波に乗り「エイ対策グッズ」としてウェーディングステッキなるものが発売されています。

しかも実売価格がAXISCOの半値以下。ナチュラムは送料が掛かりますがそれでも割安です。が、しかし、どーも、細くて不安です。「エイ対策」でチョンチョンと突くには充分なのでしょうが、体重を掛ける用途となると不安になるシャフト直径です。

Buccaneer(バッカニア) ウェーディングステッキII(LEDライト付)
Buccaneer(バッカニア) ウェーディングステッキII(LEDライト付)

さらに調べると、な、な、なんと。LEDライトを付きモデルもあるじゃないですか。驚嘆することに実売価格はさらに安いです。「ライトが付いてなお安い」とは此れは如何に!?こっちのほうが数が出るから安くなるんでしょうなぁ。

もし私の釣行ローテーションにウエーディングシーバスが組み込まれていたなら間違いなくこれを買ったと思います。しかし、現状、夜間ウエーディングの予定はないし、やっぱ強度的に安心感のあるAXISCOを買ったというお話しでした。

記事の日付:2014年03月24日

コメント

1) カッパ2014/03/25(火) 23:54:57
まだ、渓流に通っている頃、何度と無く川の真ん中でどうしようもなくなった事があって、大枚叩いて個人輸入で入手しましたが、アラ還になって、そんな場所に行く事も無くなってしまいました。
ナマズやニゴイの川は流れが重いのですか?
2) 車田2014/03/26(水) 01:50:26
流れ重いです。
「棒」に金払うのって勇気いりますよね。
僕の場合…、釣竿もそうなんですが…。
3) Magni2014/03/27(木) 11:14:23
amazonの説明の、
「安全な釣行をサポートする為に杖のようにして使うウェーディングスタッフは。。。」
というくだりに「杖だろ!!」と突っ込むのは、関西人6級相当の実力です。
4) 車田2014/03/27(木) 19:14:02
amazonの説明確認に行ったら…
俺が買った時より安くなってるがぁーーー
5) release-windknot2014/03/28(金) 01:22:17
こんばんは。

ウェーディングステッキ、買おうかどうしようか悩んでました。
でもご指摘の通り強度が心配ですね。
流れの中でグニャっとなったら目も当てられん。

 ところで私のブログの記事中に、車田さんのフライラインの熱溶着の動画を勝手にリンクしました。ご了承ください。
    ↓
http://likeastream.naturum.ne.jp/e2013490.html
6) 車田2014/03/28(金) 07:50:40
リンクどうぞどうぞ!
ハンダゴテ、80Wなら良さそうですね。僕の20Wは役不足でした。
そうなんですよ。グニャったら釣具産廃ですからねぇ。
7) Magni2014/03/29(土) 06:13:15
なんでこんなに高価なのかと思ったら、取り出すとシャキーンと真っ直ぐになるんですか?ウェーディングスタッフって。
だとすると実に厨二...じゃなくて便利ですねー
8) 車田2014/03/29(土) 08:28:32
シャキーンってなりますよ。
鍛錬を積めばビームサーベルごっこも夢ではありません。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)