フライでバス釣り
2014年07月12日の記事です
ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!
ポッパー作成に便利な小物を発見しました。
記事挿し絵
ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!
左:LYRA極太 右:普通の鉛筆削り

amazonで、これだー!ってモノを発見しリアクション購入しました。

LYRA(リラ)の鉛筆削り。ドイツ製。

何が凄いって、右の一般的な鉛筆削りと比べて下さい。

な、な、なんと、直径16mmの極太鉛筆用なのです。

勘の良い皆さんは、もうお気づきでしょう。

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!

ポッパーヘッド削りが、夢のような速さで、サクサクですよ。

削りカスも美しく綺麗。

ナイフで削りヤスリがけの、従来に比べて、

ゴミ飛散率98%低減!(当社比)

切削時間87%短縮!(当社比)

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!

ちなみに僕は、直径7、10、12、16mmの発泡バルサ材でバスフライを作ってます。ポッパーに良く使うのは12mm。

7mmはフローティングミノー用で、これは普通の鉛筆削を使用しています。

LYRAは16mmまで使えてホント感動ものです。テーパー角が大き目なのもポッパー向きでGoodです。

カッティングには、以前も紹介した、AC電源式の発泡スチロールカッターを愛用。

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!

近年は真面目にカップを削るようになりました。

リューターも買ったのですが、原始的に彫刻刀を使った方が作業が早いことに最近気付きました。

まずはザックリ削り…。

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!

切り出しナイフで仕上げます。

ヘラ浮き用の発泡バルサ材は中心部に穴が開います。

ポッパー的には埋めたいので…。

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!

フライフック取付け用の凹みを作る際、発泡スチロールカッターで↓→↑ってやった時にできる棒状の廃材を、突き刺し埋めてます。

しかし作業が簡単になりました。

文房具ゆえの安さも魅力です。素晴らしいぞ! LYRA(リラ)の極太鉛筆削り。

ポッパー作りにLYRA(リラ)極太鉛筆削りが便利過ぎる!
記事の日付:2014年07月12日

コメント

1) Ln2014/07/13(日) 11:34:00
こんにちは。
量産するときに失敗が少なく重宝しそうですね。
あと眉墨のシャープナーとかどうかな・・直径が?
2) 車田2014/07/13(日) 19:47:51
どうもです。
道具に頼ったほうが失敗が少なくていいですよね。
3) M・KANEKO2014/07/22(火) 06:27:16
なるほど〜!
一番難しい工程がスムーズになりますね。
万力で固定するところも感動しました。
なんとか作らねば〜

貴重なノウハウありがとうございます!
4) 車田2014/07/22(火) 23:34:40
万力はスポンジ?のシートを張って発砲バルサが潰れないようにしてます。
5) EMBRYO2014/07/24(木) 12:27:52
さすがです!鉛筆削りは当たり前だったんですネ。私も子供部屋言ってはがりがりやってましたが、大型があるのもビックリです。
6) 車田2014/07/24(木) 18:57:04
どうもです。16φの極太鉛筆削りはとても便利ですよ!
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)