フライでバス釣り
2015年11月20日の記事です
しゃくれたバスが釣れました
晩秋のフラデバ・サーフェスゲーム好調続いてます。
記事挿し絵

よせばいいのに小雨ぱらつく寒い日に来てしまいました。フローターに空気入れ終わったら雨が強まったので一旦クルマに避難。当初は曇りの予報だったのになぁ…。そして埼玉はほとんど降らなかったみたいなのに…。

しゃくれたバスが釣れました

暫くすると雨は小降りに。水温上昇は望めませんが、風が弱いので釣れそうな雰囲気。もう引き下がれませんよ。

ドシャローでポッパーに反応。モワっと水面が盛り上がっただけのテールを舐めるようなバイトでフッキングせず。活性イマイチのようですが、シャローにバスが居るにで今日もイケそうですよ。

数百メーター進んだところでアゲンストな流れが強まりました。ここは素直に押し戻されることにします。ポッパーで叩いてきたポイントをフローティング・ミノーでフォローする作戦にしてみます。西山徹さんの「ポッパーの後にマドラーミノーをキャストすると釣れる場合がある」って教えでありますよ。

作戦が成功し、水面をすべるミノーを追う影を発見!フローターの座面を高くしたのでマッディウォーターの水面直下が、そこそこ見えるようになりました。当初は幻覚(←釣り依存症が悪化するとマジ見えるから恐い)か思いましたが目を凝らすと明らかにバス、しかも2匹。食いそうで食いません。

こんな時、バスと目が合う(ように思える)手前まで追わせたらアウトな気がするので、再キャストでバスの視線を180度反転させる作戦。でも、そうそう上手くいかないようで魚の影は何処かに行ってしまいました。

「残念だったな〜」と半ば諦めた次のキャスト&リトリーブでなんと!

しゃくれたバスが釣れました

釣れてくれました!

しゃくれたバスが釣れました

その後、雨が強まり沈黙してしまったのでクルマに戻って昼食(昼寝付き)にします。

午後の部開始。雨は相変わらず降ってますが、JU-1付属の布製バックはじっとりと濡れてしまったし、もう引き下がれませんよ。

午前の部で釣れたフローティング・ミノーの釣りを続けることにしますが、雨粒が波紋を作るとサッパリ反応がありません。今日は雨のやみ間がチャンスのようです。そのチャンスで2度のフッキングミス。気が抜けたときに突然来るんだものなぁー。悔しさいっぱいですがシャローにバスが居るのは確かなので歯車が合えば釣れるハズ。

小雨ぱらつく天気ながら、太陽の位置の関係で灰色の雲が水面に反射し、午前よりも水面下の魚影が見えづらくなってる事に今さら気付きました。相手が見えない場合はポッパーの釣りのほうがタイミングとりやすいです、個人的に。

ってことでポッパーに出てくれることを信じ釣り進むことにします。今日はミノーのほうが反応いいようだけど、フッキングミスでキャッチできないと釣果にならないですから…と、自分に言い聞かせます。

今度は上手く歯車が噛みあいました。出る時は出るんだなぁ。あたりまえですが。

しゃくれたバスが釣れました

このバス、奇形なのか幼少時代に雑なリリースされたのか? 口の形がヘンで、下あごが妙にシャクレて見えます。41cm、シャクレ分がプラスされ40upになったようにも思えます。得したような損したような。

しゃくれたバスが釣れました

直ぐにもう1匹追加。雨が止み、ちょっと明るくなったら活性上がったようです。そのチャンスタイムも風が多少強まったら早々に終了。「水の中なんて、雨、風、関係なかろうに」と陸生動物の私が思う以上に関係あるようですね。

今年は昨年同時期より水温が2〜3℃高いです。この好釣、いつまで続くかな?

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/eEtioSjRefM

<釣果>
  1. 09:55 39cm ラトルFミノー(B10S#4)
  2. 15:01 41cm ESポッパー(B10S#2)
  3. 15:13 38cm ESポッパー(B10S#2)
記事の日付:2015年11月20日

コメント

1) SEKO2015/11/22(日) 15:53:22
私も先日(11月5日)に同じエリアでしゃくれたバス釣れました。同じ個体かと思ったんですが、私のは39センチでした。
昨日も3時から夕マズメ勝負で浮きましたが、一時間少々で32、37と好釣でした。
まだ行けますかね?
2) 車田2015/11/22(日) 19:13:14
SEKOさんどうもです。こんな妙なバスがそうそう居るとも思えないので私の計測ミスなんでしょうね。今後、もっと丁寧に計るようにしますよ。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)