フライでバス釣り
2015年12月15日の記事です
陸っぱり
さすがに冬です。春までは陸っぱりで頑張ることにします。
記事挿し絵

12月も半ばになりましたが、ここ数日の暖かさ、特に朝の冷え込みが無かったので、むしろ水温は上がり、最後にトップで釣れた12月1日の10℃前後に戻りました。

「これは今年最後のチャンス!」と意気込みフローターでポッパーを投げてみたものの、ノーバイトの猛攻で完膚なきまでに叩きのめされたのでした。

陸っぱり

単純に水温だけじゃないんでしょうね。さすがに諦めがつきました。春までは陸っぱりで水中を探る釣りで頑張りたいと思います。

足元にフライを落とし込みマーカーでアタリをとります。

キャスティングの楽しさと水面が割れる爽快感は無いものの、これはこれでワクワク感がある釣りです。アワセを入れ重みを感じた時の「してやった感」。そしてロッド越しに伝わる動きと重さから魚の種類を予想します。なんとなく魚の固さも感じ取れるものですよね。

この引き味はバスじゃないぞ…。

水中でヒラを打ちギラっと輝く金色の魚体。

陸っぱり

鯉でした。

その後、チマチマとフッキングしないアタリがあったので、フライサイズを落とすと。

陸っぱり

この釣りの定番、ブルーギル君です。

いまどきの霞水系はギル君狙いでも、そうそう連発はしません。アタリがないとつまらないのでポイント移動。

ここは水深50cm程度。冬のポイントとしてはチト浅いかな?と思いきやマーカーが横っ走りしてビックリします。すかさずアワセると右に左に走るこの動き。明らかにバスです。

陸っぱり

鯉ほど引かないけど、バス特有のメリハリのある引き味は素晴らしいものがあります。

シャローでバスがヒットしたのに気を良くして、フローターでトップを攻めるも前述のように完全ノーバイトの大撃沈。陸っぱりに戻り、夕マズメの時合でギル君を3匹追加して終了。

色々釣れて面白かったです。ルースニングの場合は、もうチョイ水温下がったほうがポイントを絞り込みやすいですな。

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/HVig5fRRCEQ

<釣果>
  1. 10:41 コイ 60cm
  2. 13:24 バス 36cm
  3. ブルーギル×4匹
記事の日付:2015年12月15日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)