フライでバス釣り
2016年02月29日の記事です
三度目の正直釣行
二連続バラシ釣行を経て三度目の正直釣行なのです
記事挿し絵

水温上がりませんねぇ

三度目の正直釣行
7℃

晩秋は暖かでフローターシーズンの延長戦が楽した霞水系ですが、花粉が飛び始める2月終盤になっても、なかなか水温が上がりません。

延びた日照時間に比叡して右肩上がりであるものの、ここ最近寒い日が多かったせいか上がり幅が鈍い印象です。

でも、シャローフラットな霞ですので、暖かくなれば一気に上昇するでしょう。予報では来週から春の陽気になりそうなので期待です。

本日は目まぐるしく天気が変わる1日。冬の北風と春の南風がケンカしてるような様相でした。

曇、無風 → 強風 → 雨 → 曇 → 晴 → 雨

チャンスは1日に1回のみ?

前々回(たぶんアメナマ)バラシ、そして前回(たぶんバス)もバラシ。チャンスあったのに結果は撃沈の悔しい釣行が続いています。この冬、生命反応は夕方に1回のみが定番化。この時期あそんでくれる予定だったブルーギル君は相変わらず行方不明。アタリの無い冬季マッディーウォーターFFは限りなく苦行に近いものがあります。

でも、なんだかんだ、1回はチャンスがあるので頑張れるンですよね。

お昼到着の午後釣行。前述の妙な天気。クルマで雨宿り休憩し、最後の勝負に出たのが夕方4時。雨上がりで滑りやすい護岸に気をつけながらルースニングで足元を探ります。

そして来ました。待望の生命反応! 「掛かった瞬間のやわらかい感じ」=「バスの確立78.5%以上」(当社調べ)

ダッシュし水面直下で向きを変える魚体は明らかにバス。「二度ある事は三度ある」今日もバレてしまうのか? 「三度目の正直」今日は釣れてくれるのか?

今までの苦行が吹き飛ぶ緊張感。そして手にした時の達成感。バスはバレやすいからキャッチできたとき嬉しいんですよね。チャンスが少ない冬は尚のこと。

三度目の正直釣行

春の気配を感じるものの、唇は赤く、まだ冬のバスですね。

三度目の正直釣行

ヒットした時はどんより曇ってましたが、写真を撮ってる最中に雲の切れ目からパーっと日が差しました。天気の変わり目に釣れることって多いですよね。

まだ日没まで時間があるので2匹目を狙います。しかし生命反応無くポツポツと雨も降り出し夕暮れに。やっぱ、チャンスは1回だけなんだなあ。

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/xFOlBoKAfys

<釣果>
  1. 16:35 バス 38cm
記事の日付:2016年02月29日

コメント

1) JUN2016/03/01(火) 21:07:04
お見事です!!!!
2) 車田2016/03/01(火) 23:43:51
ども!
3) た〜。2016/03/02(水) 10:01:21
お見事です!

結構降りましたよね>雨
ラン○ローム利根で買い物してました。

五時までやればよかった。
4) 車田2016/03/02(水) 10:33:59
先日はどうも。
スパ・ウェザーでしたね。靴がグリップしなくて何度も転びそうに、というか1回転んでしまいました(汗
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)