フライでバス釣り
2016年08月04日の記事です
試作フライと夏のリザーバー釣行
サマーパターンのバス釣り
記事挿し絵

朝8時、あたりまえながら夏は暑いです

朝8時、フローター担ぎエントリポイントまで歩いただけで汗だくです。水に浸かると多少は落ち着きますが、直射日光と水面の照り返しでジリジリ。全体が赤く色づくよう反射シートを下に敷かれたリンゴの気持ちを若干ながら理解しました。

試作フライと夏のリザーバー釣行

リザーバーは切り立った斜面が影を作るのが美点です。頑張ってその日影まで漕ぎます。灼熱地獄からエアコンの効いた室内に入ったように! とは言い過ぎながら、そこそこ、ひんやり快適で一安心。

ストローダイバー(試作版)のテスト

さっそく試作フライの実釣テスト。あれほどバスタブで試したのに、想定以上に潜ります。先日の記事で書いた「手前まで引き切らないとピックアップできない」「速く引くとフローター目線から見えなくなる」という欠点そのまま。自宅の狭い風呂と実際のフィールドは似て非なるもの…、ぃゃぃゃ全然似てないのです。浮力を増すかダイブ能力を落とさないと手返し悪くスロー過ぎてリズムに乗れません。

だがしかし、ピックアップの早すぎで逃すバイトも多々あるはず。このフライに合わせたリズムでやってみようじゃないか。

試作フライと夏のリザーバー釣行

小バス君が釣れました!!! だがしかし、釣れたのは着水ワンアクション後のポーズだし、なんか、やっぱり、いまいち、使い勝手が悪いのです。

でも、キャストの容易さと耐久性は良好。フッキング性能も問題なし。簡単に作れるし、造形的にも気に入っているし、鉛筆キャップと違って素性はフライの域を外れてないので(笑)、ちょっと改良するだけで1軍入り可能と思われます。たぶん。

13時まで頑張るも…

引き続き日影メインで調査します。だがしかし、泡立ち気味の水質がよろしくありません。小物君達がフライの端は突っつくのみ。水通しの良さそうな所は直射日光にさらされています。

試作フライと夏のリザーバー釣行

サマーパターンの日中は厳しいですなぁ。諦めてエントリポイントに戻ります。

その道中、空に点在するちょっと大きめの雲が太陽を隠したプチ・チャンスタイムでポッパーにバイト!

だがしかしバレました。残念…。

上陸し、夕方まで休憩します。

16時から夕方の部を開始

夏はマズメ狙い限定でこの時間に現着してもいいくらいです。だがしかし、過去数少ない50upは午前の日中に釣れてるので本日も頑張ってしまったわけなのです。

日影は伸び行動範囲は広がりました。そして、しばらくすると水面に魚っ気もでてきました。大半はヘラのもじり。だがしかし、立木の奥から聞こえる「バフ」ってのは明らかにバスの捕食音。フライでは、ぃゃルアーでも到底キャストできないゴミゴミした奥からです。攻められる範囲内でポッパーをキャスト。ポップ音の誘惑でここまで来てくれないものか。

試作フライと夏のリザーバー釣行

37cmのバスが釣れました。だがしかし、この写真を撮ってる最中も「バフ」っとやってます。結局、そやつは釣れませんでしたが、ま、こいつが釣れてくれたからOKです。

試作フライと夏のリザーバー釣行

少々移動。

サイズアップしました。

大きな口。

試作フライと夏のリザーバー釣行

46cm。なかなか良いでございます。

試作フライと夏のリザーバー釣行

こちらは44cm。

数はでませんがサイズ良く、日中の厳しさが報われたサマーパターン釣行でした。

ちなみに意地でテストを続けてる鉛筆キャップフライ。あんまこのフィールドに合わないようです。(汗)

40upのヒット状況は動画で見てね!

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/r4gHrOwnL_Q

<釣果>
  1. 08:22 24cm 試作ストローダイバー(S19 8号)
  2. 16:33 37cm HSポッパー(B10S#2)
  3. 16:53 46cm HSポッパー(B10S#2)
  4. 17:25 44cm ミノムシポッパー(S19 6号)
ロッド:フライトライU
ライン:WF8F
記事の日付:2016年08月04日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)