フライでバス釣りクルマ
[ クルマ ] の記事一覧を表示します
2016年10月15日の記事です
VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)
またリアハッチが開かなくなりました
記事挿し絵

先日の釣行撤収時、釣具を積もうとしたところ、リアハッチが、あ、あ、あ、あ…、開かないんですけど。な、な、な、直ってない。注油で完治は私の勘違いだったようです。

分解してみよう

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

外側からのいい加減な注油ではダメだったようなので、内装を剥がして機構を確認してみます。

ハッチを閉める時に手を入れる部分×2カ所にプラスネジがありました。

そしてバリバリバリっと剥がします。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)
VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

内装はホチキス的にこんな金具で留まっているのですが…。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

その金具が車体側に残ると面倒です。

こんな感じにペンチで引く抜くのが正解だったようなのですが…。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

なかなか抜けないので足を曲げ内側に押し込んで外してみたら大失敗。

ま、片足が残ってれば復元できそうだし。1個ぐらい無くても大丈夫でしょう。

内部は過剰なまでに凝った作り

たしか欧米のクルマは犯罪者が何秒で施錠解除できるかテストがあったと記憶しています。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

開閉の度に「キュルルルル」と不思議な音がするので「ゼンマイ的」なモノと思っていましたが、なんと!たかだか大衆車のリアハッチに電動アクチュエーターです。ぶっちゃけ、車上荒らしのプロにかかったら、こんなもんでも簡単に破られると思いますが。それより手っ取り早くガラス割るか?

よくよく観察するとハッチを開ける時のノブの動作はマイクロスイッチを押すだけ。その後は電気仕掛けでロックが解除します。↓動画を撮ってみました。

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/_bkmLqLKaw0

動作はとてもスムーズで問題が見つかりません。オープン時のきっかけになるマイクロスイッチ回りも機構はしっかりしているし、経験的にマイクロスイッチは信頼性が高いと思います。

こうなったら徹底的に分解だ。各パーツはトルクスねじで留められていました。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

決定的な問題個所は見つかりませんでしたが

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

なんとなく怪しい電装パーツを発見。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

ハッチのロック状態を確認するスライドスイッチのようです。

「見ればわかる安っすい奴やん」

他のパーツに比べこれだけ妙にチープです。しかも外部から埃が入り汚れるところ。とりあえず、CRCで清掃し左右に何度もガチャガチャガチャっと動かし「喝」を入れます。これを「接点復喝の儀」と呼びます。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

ちなみに、先日、こんな感じに外から注油したちょうど裏側に位置します。

このパーツが黒とは言い切れませんが、簡易的な注油で一旦は直ったのも合点がいくじゃないですか。

VWポロのリアハッチが開かなくなる事件(その2)

しかし疑問が残ります。

もしこのスライドスイッチが接触不良で「ハッチが閉ってる」が伝わらなかったらインパネにあるリアハッチ警告灯が点いてもいいような?

だけどコードは3本。つまり接点は2カ所。シーソーに例えると両側が上がった又は下がったありえない状態での警告灯判定ロジックがどうなっているかは不明。Dらーに聞いたところで回答はもらえないだろうし、質問の意味も伝わらないだろう。

「接点復喝の儀」効果の程は長期テストするしかないですね。でも内部構造がわかってきたのは収穫。バラシ方もわかったのでヤフオクで安っすいリアビューカメラを物色してみようかな?

記事の日付:2016年10月15日

コメント

1) SEKO2016/10/15(土) 17:51:03
ボディー側に残ってしまったクリップは、ニッパーで摘むと取りやすいですよ。
まあ、一ヶ所くらい無くても大丈夫ですが。
2) 車田2016/10/15(土) 18:00:47
ルーフアンテナのときSEKOさんの作業を見てたのに関わらず失敗しました。見るとやるは違いますねぇ。
ちなみに手持ちのニッパーが弱電用で上手く挟めませんでした。適材適所の工具が要りますね。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)