フライでバス釣り
2016年11月08日の記事です
陸っぱりとフローター
この秋一番の寒さでした
記事挿し絵

先週の水温は朝10度ながら暖かい日差しで13度まで上昇しました。

陸っぱりとフローター

今日は遅めの出発でお昼到着。その時計った水温が10度。今にも雨が降りだしそうな曇天で、風速は低いものの北西風が冷たい。水温は上がらないでしょう。

到着時にバサー&ヘラ師と話す機会に恵まれ、魚達の活性が低そうな情報を得ます。まずは陸っぱりでルースニング。この機会に冬の釣りを練習します。

陸っぱりとフローター

陸っぱりは2時間少々で終了。時計が午後2時を回ったところでフローターの準備。日が短く5時には暗くなるので急がないと。のんびりゆっくり出撃したのが裏目に出て慌ただしいです。2時半から4時半まで2時間浮いて1バイト1キャッチ。

じつは陸っぱりのほうが生命反応は多かったのです。だけど、寒くても水面を割る元気なバスとはフローターでアプローチしたほうが出会えるみたいです。季節の変わり目。判断が難しいですね。

スマホはこちらからが見やすいです→youtu.be/A8LInyT1nXQ

<釣果>
  1. 15:14 37cm HSポッパー(B10S#2)
ロッド(ライン):
SPINE805(WF7F)
フライトライU(TTBA7F)
記事の日付:2016年11月08日

コメント

1) SEKO 2016/11/09(水) 23:13:06
冷え込みが厳しくなって来ましたが、まだまだ行けますね。
私は先日仕事中に手を怪我してしまって釣りに行けません。
11月中にもう一、二回浮きたいんですけど、水温が気になりますね。
一桁になると厳しいかな。
2) 車田2016/11/09(水) 23:58:16
釣りは我慢すればいいとして仕事は大丈夫ですか?お大事に。
去年最後にトップに出たのは小春日和の12/1で10℃でした。12/10は8℃で撃沈。水温10℃が目安かもですね。
ちなみに霞の水温調べるサイトや各ボート屋ブログ何処も僕の実測値より4℃程度高いです。表層と水中でこんなに違うのか?僕が浮いてる場所が悪いのか?
3) keivew2016/11/13(日) 20:52:19
寒いのにトップに出るバスがいるんですね。
悪コンディションの中、キャッチはさすがですね!
私は来シーズンにフラデバデビュー狙っているので、道具を揃え始めました。
ロッドは以前作った9フィート#8 4ピースをグリップ側の1本詰めて8フィート 3ピースで組んでます。
一番悩んでいるのはフローターです。
何かお勧めはありますか?
4) 車田2016/11/13(日) 22:00:40
僕はJU-1という小型フローターに11年乗り続けてます。(もちろん製造中止)
今の主流は大型オール付きなので正直どれが良いのか分からず逆に教えて欲しいくらいなんですよ。
ってことでお勧めフローターがある方はコメントしてくれると嬉しいです。
5) 車田2016/11/13(日) 22:12:22
【訂正】ググったらジョイクラ直販サイトで2気室のJU-1(JU-2の改良型?)はまだ販売されてました。失礼しました。
6) keivew2016/11/13(日) 23:22:38
ありがとうございます!
オール付きだと大型になって、狭い所に入って行けないので、フローターの良さが半減してしまう気がして躊躇してます。あとフローター本体の重量も軽い方が良いですよね。ジョイクラフト、良さそうですね〜!
7) 車田2016/11/13(日) 23:46:24
小型が好みならJU-1はお勧めできます。
個人的意見ですが最近流行りのキールは畳むのに邪魔なだけで効果はないと思います。
あとDリングなども使い道がなくラインが絡まるだけの邪魔モノでJU-1にもついてますが切り取ってしまいました。
JU-1付属バックは取付け位置と開口部の向きが悪く出し入れでモノを水中に落としそうになるので貴重品なんか入れられませんのご注意を。
日本製のフローターはルアーマン用に作られてるのでラインが絡まる無用な邪魔モノが多い気がします。対して海外製はフライ用に設計されてるのでフラデバはし易いですが、作りがすっげー適当で数年で寿命が来ます。
8) keivew2016/11/14(月) 19:26:18
アドバイスありがとうございます!
なるほど、一長一短なんですね。
どうやら1号機はJU-1を購入した方がよさそうですね。
シンプルだし勝手が良さそうですよね。
貴重品はフローティングベストに収納した方が良さそうですね。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)