フライでバス釣り
2016年11月16日の記事です
SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ
冬季対応!必殺ボトム攻略スーパーバスフライ(←自称)です
記事挿し絵

Sculpin・Shrimp・Crayfish

MSC(メイフライ・ストーンフライ・カディス)という有名なパターンがあります。特定の水棲昆虫を模したものではないけど、だいだいそっれっぽく見えるというコンセプトです。

同様のノリでワタクシが考案したバスフライ。必殺ボトム攻略スーパーウエポン。霞に棲息する ゴリ・エビ・ザリガニ に、だいたいそれっぽく見えます。数年間の開発テスト期間を経てここに公開。これを使えば真冬のバスも簡単に釣れてしまうのだから驚きだ!(←ホントかよ)

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

特徴

  1. 根掛かり回避とフッキング性能を追求したキール構造
  2. 手返し良く探れる沈下スピード
  3. バスを悩殺するマテリアルのゆらめき
  4. 表中層を引けばミノーにも変身する超絶汎用性
  5. このフライを使って幸せ感が20%向上しました(個人の感想です)

作り方

基本的には以前紹介した冬ギルフライを二回り大きくしたもので構造も準じます。ブルーギルは釣り難くなりますがバスとアメナマはこちらのほうが釣れてますし、何せ手返しが良いです。

最も重要なのはマテリアルの選択。ボリュームあるゾンカーテープが入手できれば簡単ですが、市販品は当たり前ながらトラウト用が多数派。僕の行動範囲ではなかなか目的のモノが見つからず、ラビットスキンを自分でカットすることとなりました。裏面からカッターナイフで裁断します。チト面倒ですが1本あたりの価格は安くなるし、好みに調整できるのがグッドであります。

カットする幅でフライのボリュームが決まります。マテリアルの個体差にもよりますが5〜7mm程度が目安。長さは5cm前後で裁断したテープを無駄なく均等分割します。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ
SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

フックはTMC300の6番を使います。

シャンクには装飾品で手芸用の紐(ラメ入り)を被せてますが省略しても釣果に影響ないと思います。でも、ポッパーのアイ同様、人間の見た目効果は馬鹿にできないので付けてます。お好きなマテリアルで代用してかまいませんが、厚みがあるとフッキング性能が低下し逆効果なのでご注意下さい。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

フックポイント上向きでバイスに固定。カットしたラビットスキンを画像のように突き刺します。刺す場所はワームフックにワームを差す要領で判断します。怪我しないよう注意してね。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

ラビットスキンが弛んだり突っ張ったりしないよう入念に位置決め。ここを失敗すると水中での姿勢が悪くなり、「釣れない」「根掛かる」の二重苦になるので要注意!

位置が決まったら先端のみシャンクに巻き留めます。後方は自由に動くのがポイントです

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

アイのボールチェーンはやや大きめのものを使います。ホームセンターで購入。スペックは忘れてしまいましたが、物差しをあてると直径4.0mmです。ペンチorニッパーで簡単にカットできます念のため。

状況によってはダンベルアイが有効かも知れませんが、シャローフラットな霞水系では今のところ足りています。あまり重くするとドッタンバッタンしたキャストで「何だかスピニングで投げたほうがいいんでないの状態」になるし、この程度が使いやすいと思います。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

アイから5mm程度の位置にたすき掛けでしっかり留めます。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

アクセントで光モノ。フラッシャブーを取り付けてウィップフィニッシュ。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

もしアイが曲がってたら矯正したのち瞬間接着剤で固定。上州屋レジ横で売ってるαメイトを愛用してます。

以上、比較的簡単に完成します。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

カラーは水中でシルエットがはっきりするだろう黒。そして人間から見やすい黄色を使い分けてます。

クリアウォーターで釣りする方はオリーブがいいかも知れませんね。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

重量0.8g程度。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

全長は7cm程度です。

ファーは軽く、リトリーブ中は水の抵抗も受けるので安定したキール姿勢になります。ラインテンションを緩めればクラウザーミノーのように下向きの姿勢で速やかに沈みます。

SSC(スカルピン・シュリンプ・クレイフィッシュ)バスフライ

霞で本物とツーショット。

小刻みにアクションを加えるとエビやザリガニっぽく、ロングに引くとベイトフィッシュっぽくなります。

最近ではこちらの動画がこのフライでバスを釣ってますのでご参考に > https://youtu.be/f4mAHnMxPxA

動画で使用してるのは車田マーカー2号ですぜ。

記事の日付:2016年11月16日

コメント

1) 羽ぴょん2016/11/16(水) 22:39:36
釣果の方は実績も有るし、売りに出したら買う人居そうですね
価格設定は難しいでしょうけど・・・
2) 車田2016/11/17(木) 01:50:54
別のフライですがヤフオクで売ってくれたら買いますとYoutubeでコメントもらったことがあります。微量ながら需要はあるみたいですよね。マジ出品してみようかな?
3) 羽ぴょん2016/11/17(木) 22:21:27
マーカーも一緒に「なりきり車田セット」でどうでしょう?
4) 車田2016/11/17(木) 22:35:37
それはさすがに痛すぎるでしょう。ぃゃ一周回ってむしろいいかな(笑)
5) カッパ2016/11/18(金) 00:31:51
テナガエビと瓜二つですねぇ。

この釣り難い時期に釣れてる動画に合わせてフライを売ったら、釣り人が沢山釣れるかもしれませんね。
6) miya2016/11/18(金) 10:43:06
以前、某管理釣り場にドライフライを卸して居たことがありました。丁寧に巻いたつもりでしたが壊れやすく不評でした。
7) 車田2016/11/18(金) 11:01:55
カッパさん>
フラデバアングラーの絶対数から考えて沢山は釣れないでしょう(笑)
miyaさん>
売り物には売り物の性能が求められるのでしょうね。
8) たに2016/11/22(火) 05:46:23
またまたパクらせていただきます〜m(__)m
9) 車田2016/11/22(火) 23:58:23
どぞどぞ
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)