フライでバス釣り
2017年02月21日の記事です
ロータリーカッターでラビットスキンが夢のように良く切れます
オルファのロータリーカッターでフライマテリアルがくるくるサクサク良く切れます
記事挿し絵

バスフライ向きに太めのゾンカーテープが欲しいので、ラビットスキンを好みの幅にカットしているわけでございます。

ロータリーカッターでラビットスキンが夢のように良く切れます

これ、カッターで裁断するのが、なんだが、意外と、たいへんだったりするんですよね。

そこで、オルファの「ロータリーカッター」なるものを購入し、使ってみました。

ロータリーカッターでラビットスキンが夢のように良く切れます

これが、とんでもない優れもの。

古くは007ゴールドフィンガーの殺人シルクハット。最近ではガンダムTHE ORIGIN Wでシャアとララァが殺されかけた謎の円形ブーメランのごとく。サクサク、くるくる、もう恐いくらい簡単に良く切れてビックリ。通常の3倍どころじゃないです。スキンの裁断作業は10倍ぐらい速くなりました。(当社比)

これでタイイングも捗ります。8割程度の力でやるのがコツ。残りは普通のカッターで処理すると、誤ってファーを切らずに済みます。

記事の日付:2017年02月21日

コメント

1) 羽ぴょん2017/02/26(日) 16:48:23
昔、かりんとう屋に勤めていた頃、新規PB商品の見本品を作るために、包材シートのカットにロータリーカッターを使いましたが、薄い包材だとうまくいかなくて結局デザインカッターでカットするのが一番でした。
厚みが有って抵抗の大きい物の場合は刃が回転するから良いのかも、今度試してみますわ。
2) 車田2017/02/26(日) 20:42:04
ラビットスキンには効果覿面でしたよ!
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)