フライでバス釣り
2017年04月13日の記事です
中華フライロッドMAXCATCHを購入
価格が魅力の3番ロッドを買ってみました
記事挿し絵

渓流なんかで使う低番手のフライロッド。僕はロングティペットリーダー用の「やわらか〜い」やつと、バックパック用のショートロッドしか持ってません。

「8ft少々、3番、普通のアクションのロッドも欲しいな〜」と思いつつも、使用頻度の低さゆえ、あまりお金もかけたくなく、長年放置状態なのでした。

そんな私へ朗報。近年、通販サイトで目につく MAXCATCH なる謎のブランド。魅力的な低価格。

maxcatchfishing.com によると…

Maxcatch is an independent China-Based fishing tackle company founded in 2005.

どうやら中国のブランドのようです。

僕が目を付けた最廉価シリーズ。Amazonの説明文が素敵。

  1. MAXCATCH シリーズフライロッド
  2. 巻き取りさが速い
  3. 100%の炭素材質IM6
  4. Aレベルコーク手柄、アルミリールシート
  5. 軽々と出ていく機能がよくて、飛距離が遠い

2.については「それはリールの説明だろ」っと突っ込んだら負けのような気がするのでスルーすることにして、色々調べると、Amazonでありがちな、ヘチ釣り用太鼓リールをフライリールと偽って販売する怪しい中華業者とは一線を画する、ちゃんとしたフライ専門の釣り具メーカーのようです。

中華フライロッドMAXCATCHを購入

てなことで、念願の 8.4ft #3 しかも 4pc と携帯性に優れたフライロッドを¥4,990で購入。そして本日届きました。早速開封してみます。

作りは悪くない、というより良いです。具体的には、フローターでメインに愛用してるフライトライUより、かなり良いです。ま、フライトライはリール/ライン/仕掛けまで付いて驚きの低価格だし、チープでポップが美点なので、比べちゃいけないかも知れませんね。

中華フライロッドMAXCATCHを購入

コルクの質は悪くなく、リールシートも過不足なし。総じて国内メーカーの普及価格帯の製品に引けを取らない品質。コスパ面では圧勝の印象です。欲を言えばシリーズ名 EXTREME のロゴをもうちょいカッコよくしてほしい。しかし、欠点はそれくらい。

振った印象。繊細なニッポンの3番ロッドと違って、硬くしっかりした欧米人仕様。海外メーカー品に近い感じです。ま、これも海外メーカーなんですけどね。

↓は 8.4ft #3 と、数字上のスペックがまったく一緒の「ダイワ・ロッホモアLL」と並べて撮影。

中華フライロッドMAXCATCHを購入

ダイワと比べると、グリップは一回り大きく、ブランクも太く、重量も重めで、高番手のように錯覚してしまいます。他に所有してるティムコ・インファンテ4番よりも、がっしり硬質な印象。こうして見ると、ニッポンのフライロッドは、日本人の手の大きさに合わせ、日本人好みに仕上げているのが良くわかりますね。

結論。安い割にとても良いです。こうなると、高番手のモデルも気になってしまいます。なんかamazonにはプルダウンの選択肢に10番のモデルもあるのです。本家 maxcatchfishing.com には8番までしかので、誤植だったら怖いけど、本当にあったら、10番でこの値段って貴重な存在ですよね。

記事の日付:2017年04月13日

コメント

1) mattiger2017/04/14(金) 12:40:59
お久しぶりです。
今週末から(多分)始動しますのでまた宜しくお願いいたします。
私も昨年シーズン終了前に中国の通販サイトで中華ロッド購入しました。
7.9ftの8番で4ピース、バスフライロッドとして売ってました。
謳い文句は「RedingtonsやTFOよりベターでSAGEに近い」です。
安くSAGEを買ったつもりだったんですが、先重りして合わせるリールとしてついハンドメイドリールを買ってしまい、SAGEが買える値段になってしまいました。
2) 車田2017/04/14(金) 21:00:49
フラデバベストシーズン間近ですね。どもよろしく。
このご時世にバスフライロッドを販売してくれるとは嬉しいですね。検索してみたいので差し支えなかったらメーカーと型番を教えてくれませんか?
3) mattiger2017/04/14(金) 23:58:33
メーカーはAventik、型番はわかりませんでしたので
製品名を記載します。

Aventik IM12 Japan Nano Bass fly rods-inshore 7FT 9in 8wt 4sec Fast Action

ロッドクロスとチューブが付いててなかなか豪華です。

私が買った時は約9900円+送料だったんですが、今は12700円+送料とだいぶ値上がりしてしまってます。

かなり固めのfastで9番で使ってます。
4) 車田2017/04/15(土) 07:43:35
情報どうもです。
Japan Nano Bassって不思議な名前ですね(笑)
5) mattiger2017/04/15(土) 11:54:14
日本のIM12のカーボン使ってますと言う意味だと思います。
このロッド買ってから本気で50UP60UP狙いたくなりましたよ。
今までのロッドだともし60とか掛かったらスタンプに巻かれたり、タックルバランス的にかなり難しかったと思うので。
6) 車田2017/04/15(土) 17:00:53
なるほど、日本製IM12ナノカーボンってことですか。
是非ランカーサイズで入魂して下さい。
7) Magni2017/04/19(水) 00:39:30
MAXCATCH買っちゃいましたか。
私も検討したことがあるのですが、日本語のヤバさからポチるまでには至らなかったです。実釣レポ楽しみにしてますね。
8) 車田2017/04/19(水) 01:00:50
カタコトの日本語が怪しいですよね。「巻き取りさが速い」は「ファストアクション」かも知れません。
今週末に実釣予定です。
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)