フライでバス釣り
2017年07月30日の記事です
熱収縮チューブと発泡バルサのポッパーヘッド
熱収縮チューブ(クリア)と発泡バルサの組み合わせがなかなか良いです
記事挿し絵

Amazonで買った熱収縮チューブ。以前も書きましたが、実測は「直径:13mm(収縮前)7mm(収縮後)」、そして、全長なんと10mなので貧乏性のワタシでも色々と試せます。マジックヘッドの代用として作ったHSストリーマーで川シーバスが好釣でした。

今回はバスフライ。手持ちの12φ発砲バルサと組み合わせ、ポッパーヘッドを作ってみたら、意外と良いのですよ。

熱収縮チューブと発泡バルサのポッパーヘッド

こちらで紹介したもの は、チューブを加熱成形してからEVAを詰め込みましたが、今回は、成形した発砲バルサに被せ、チューブ全体を加熱する方法にしてみました。このほうが綺麗なテーパーになりますね。それと、発泡バルサが白なので着色しやすいメリットがあります。白をそのまま生かしてもOK。

熱収縮チューブと発泡バルサのポッパーヘッド

26日の釣行。11匹と好釣でしたが、うち6匹はこのプロトタイプ1号機で釣りました。

微細な改良を加えた2号機。これをまたフィールドで試してみます。

熱収縮チューブと発泡バルサのポッパーヘッド
記事の日付:2017年07月30日

コメント

まだコメントはありません
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)