HOME  霞水系情報Vol.17 ♪フライでバス、ギル君、ワタカなど

[HOME] [霞INDEX] [<<] [>>]
2002年08月02日【霞水系某川   】セミダブルアクションポンプ
2002年07月28日【霞水系某川   】パーン!わぁ、ビックリ、スズメが飛び去っていく
2002年07月20日【霞水系某川   】怪奇!無人フローター伝説
2002年07月13日【霞水系某川   】釣友初浮き



2002年8月2日 セミダブルアクションポンプ 【霞水系某川】

今までの苦労は何だったんだ!
Wアクションポンプ フローター空気注入及び排出の定番、ダブルアクションポンプ。
通販で買った安物を使ってるが、押すと注入引くと排出で厳密にはセミダブルアクションポンプって感じ。
箱には「上下運動で連続的に空気を注入できるポンプ」と書いてありJAROに訴えたくなる気分だが、
安かったからいっか!と使っていた。
今日FTを膨らませてる時、何だか突然、疑問が頂点に達して、分解してみた。
シリンダー、ピストン、ワンウェイバルブの簡単な構造。う〜む。何だか疑問を持ちつつ組み直す。
唖然!押して引いて注入排出が同時に行われるようになった。しかも操作が軽い
いつもの半分以下の労力と時間でFTが膨らんだ。今までの苦労は何だったんだ!
分解して組み立てただけで、私のセミWポンプは、ちゃんとしたWポンプに生まれ変わったようだ。
朝の水揚げ 朝の部 今日も徹夜で来ました。運転しながら夜明を迎える。
暑さピークの日本列島だが夜明は遅くなり4時を過ぎないと明るくならない。
5時半にバコっ!6時にチュボっと釣れたが、日が昇ると沈黙。
幸い今週も暑くなく9時から13時まで車中で熟睡。
昼の水揚げ 昼の部 どうせ日中は釣れないだろう。と思うがやってしまうのが釣人。
1時半、老朽化ヘラ台付近にストリーマーを引いて釣れた貴重な1匹。
貴重だから2枚撮影。良さげ過ぎて釣れた事ない場所だが平日は違うなぁ。
夕方の水揚げ 夕方の部
言い忘れてましたが夏休みなんです。
3時頃「雷雲が近づいてます」の防災放送が聞こえ一旦退避するが雷雨は無し。
河口湖なんかは凄かったらしい。
4時過ぎあたりから反応。夕方だけでバス8匹ギル君5匹と大漁(当社比)
サイズは最大で30cmとイマイチだったけど最近にしては出方が派手で満足。
またもや夕方だけ来れば良かったような…
水質は去年同時期を思うとかなり悪い。去年あった水草が今年は生えない。
ここなら出る!って場所も減ってしまった。
水温は29℃でした。
上段へ

2002年7月28日 パーン!わぁ、ビックリ、スズメが飛び去っていく 【霞水系某川】

なんと寒いです!
早朝に釣場到着。天気予報通り曇っている。先週はカンカン照りでまいったが今週はノンビリ釣りに集中できる予感。
いつものポイントは、いつものように釣り人が居るので、ノンビリ度向上を狙って西の外れに浮いてみる。
しかし今日は北風で涼しいなぁ。涼しいというより真夏装備で浮くと寒いんですけど… 昨日は超激猛暑だったのに…
朝の部
西のほうに浮くのは久しぶり。過去に実績のある場所をヘアバグで叩く。うぅ、全然反応が無い…
水面も妙に静かで魚っ気を感じない。夏に目に付くワタカも見えない。トップに拘ってると撃沈しちゃうかな?とか考えてると
パーン!わぁ、ビックリ、スズメが飛び去っていく。
猟銃で狙撃されたのかと思ったが、隣接する田んぼの鳥を追い払う爆音装置の音だ。
葦で見えぬが音から察するに至近距離のようで凄い音。もし私に羽根があったら驚いてスズメと一緒に飛び立ったと思う。
7:42/26cm トップの反応無さ過ぎ。2時間やってギル子ちゃんが突っつきにくる事も無いのだ。
ルースニングで地味に誘ったら意外と簡単に釣れて少々困惑。26cm
居るには居るんだなぁ、とか考えてると
パーン!わぁ、ビックリ、スズメが飛び去っていく。同じ音で2度驚く私も情けない。
またもや羽根があったらスズメと一緒に飛び立つ程驚いてしまった。
8:06/12cm 撃沈は回避したのでトップに戻す。食いが渋そうなので、いつもより小さめヘアバグ。
全然反応しない。やっぱダメかぁ〜と呆けてたらヘアバグが消えてる。
あれ?とラインを回収すると12cmミニバスが掛かってた。いつ食ったんだ?
パーン!わぁ、ビックリ、スズメが飛び去っていく。同じ音で3度驚く私も情けない。
9:23/26cm またまた羽根があったらスズメと一緒に飛び立つ程驚いてしまった。
忘れた頃にパーン!と鳴るからタチが達が悪い。
爆音装置に負けを認めるのは悔しいが心臓が持たないので移動。
9:30/24cm ヘアバグで叩いてきたコースをルースニングで戻る。
トップに比べ手返しが悪いので良さげな場所意外の誘いは簡略化する。
ここは居るだろう!って所を丹念に探ったら24cmと22cmが釣れた。
9:46 何だか痩せてて傷の多いギル君が釣れたところで朝の部は終了。
上陸すると体が冷えてることに気づく。じつは徹夜なので寝る。
15:49-16:23 夕方の部
車中は暑いどころかポカポカして心地よい。おかげで熟睡できた。
朝の部は冬のような沈める釣りだったが夕方の部はトップで楽しめた。
16時頃から魚の活性が上がり始める。
ヘアバグをポコポコ引くとジュバっと水面が割れギル君3匹。
16:23-17:08 バスもトップに反応しだした。
簡単で楽しいトップの釣りの有り難味を再認識。
しかしながら、ど〜も最近25cm前後ばっかだなぁ。
あっ、言い忘れてましたが、画像にマウスカーソルを持っていくと釣れた時刻が
表示されるようになっております。
(Opera、N6で見てる人ごめんなさい。表示されない事を確認してます。)
17:46/36cm うぉ〜。最近では稀に見るロッドの曲がり!ついに50UPが釣れてしまうのか!?
36cmでした。
30UPのバスってこんなに引いた?ほぼ1ヶ月ぶりで感覚が狂ってる私でした。
トップの釣果は全てチャートカラーの#4ヘアバグ。
ポコッ!ポコッ!と煽ってからツーーと引いてパクッってのが多かったです。
(こんな表現で伝わるだろうか…)
17:53/34cm こちらは34cm。上の36cmバスと、ほぼ連続Hit。
結果的には夕方だけ来れば良かったような…
上段へ

2002年7月20日 怪奇!無人フローター伝説 【霞水系某川】

怪奇!無人FT 怪奇!無人フローター伝説
科学万能の現代でも怪奇伝説が途絶える事はない。
峠を走り抜ける首無しライダー。運転手が居ないタクシーとすれ違った話。
予めお断りしておくが、この画像は作為的に合成したものではない。
「釣れますかぁ〜」と話し掛けるに、ギャーー! 人が乗ってない…
この恐怖の無人フローター。見る者を恐怖に陥れるのみならず、
強風のなか対岸まで取りに行く労働を強いられる。
ちゃんと固定しておけっ! >SJ
TとSJ 朝から釣るぞ伝説
先週に引き続きTとSJと釣り場へ。今回は深夜移動で4:30エントリ。
日中の強風を避けて朝夕中心に釣る作戦。
合流予定の、こぴんさん(HP)の車も到着した様子。
パパえいじさん(HP)も来るらしい。
た〜。さん(HP)にもお会いしました。
SJ ルアーに負けてしまう伝説
朝マズメの高活性を期待して葦際中心にヘアバグで探るも無反応。
今日もダメなのかなぁ?と思ってるうちにルアーマンSJがヒット!
ちきしょー、やられたぜぃ。
以後やられっぱなし。
当社は5月をピークに業績悪化傾向だ。倒産するかも…
ぎる君 ヘリコプター農薬散布伝説
6時頃、映画「地獄の黙示録」の冒頭のごとぐヘリコプター低空接近。
わぁ!打たないでくれ。何処かに設置されてるスピーカーからワーグナー
のワルキューレの騎行じゃなくて地域の防災放送のようだ。
エコーっちゃって聞き取りにくいが「…農薬散布… ご注意…」
わぁ!俺にはかけないでくれ。
何だか弱気になってきたのでストリーマーを引いてみたらギル君3匹。
バス26cm伝説その1 やっとバスが釣れたよ伝説
ストリーマーのギル君も後が続かなかったのでポッパーを結ぶ。
この時期6時半にもなると太陽高度も上がり日陰少なくプライムタイム
は終わった印象。せっかく夜明から始めたのになぁ。とぼやいてると、
パシャッっと水飛沫があがった!
うぅ(泣)、26cmのコバッチィだけど釣れてくれてありがとぅ。
T
猫の毛で作ったフライでアウトリガー伝説
Tは飼ってる(=^・^=)の毛で作ったビーズヘッドニンフで葦の隙間を狙う。
キャストと言うよりラインを垂らす、渓流のアウトリガーの釣りそのまんま。
これが渋い状況でも意外と釣れてる。
サイズは小さいがバス、ワタカ、ギル君。
私も真似てみたがショートロッドは不向き。今度長めのロッド持ってこよ。
バス26cm伝説その3/キメラポッパーベイトリアン(嘘) キメラポッパーベイトリアン(嘘)伝説
10時にやっと2匹目のバス。また26cm。偶には使用フライの解説でも…
発砲スチロールで作ったポッパーである。
当社は浮力のある固形物ヘッドを備えポコッ!ポコッ!とポップ音を発する
ものは全てポッパーとしてますのでご了承下さい。
小魚、エビ、バッタ、トンボの全要素をもつ伝説のキメラ生物ベイトリアン(嘘)
のイミテーションである。魚は下から見るって事で裏側から撮影してみました。
手前はサイズ比較用たばこ。たいして釣れなかったのでダメなんでしょう(^^;
バス26cm伝説その3 26cm伝説
日中は強風だし早朝からやってるのでお昼寝。
休日勤務の特派員Kの野郎がSJに嫌がらせ電話してきた関係で目が覚める。
昼食を買いに行ったりして風が収まる夕方を待つが暑くて陸に居れない。
風が強いうちから夕方の部は開始するが生面反応にありつけない。
夕方6時にやっと3匹目。計ったように(実際計ったんだけど)またまた26cm。
←の画像、かなり綺麗に撮れた思うが如何でしょうか?
ルアー勢は良く釣れてました伝説
私の水揚げはバス3匹ギル君3匹。
今回はフィールドに身内と関係者多かったので色々と情報が聞けて楽しかった。
色々聞くに、ルアーのほうが圧倒的に釣れたようで、夏の霞水系の特徴かな?
それでも、数とサイズはイマイチながら、日中でもトップでバスが釣れたのだから、
フライも捨てたもんじゃないでしょ!
アルミ牽引面白かった伝説
ちょっとした余興で、でこぴんさんのアルミボードにフローターを紐で繋いで牽引して貰った。
速い!楽チン!アミューズメントパーク乗り物状態!
面白かったのでまたやって!(←私は子供か…)
上段へ

2002年7月13日 釣友初浮き 【霞水系某川】

操船に戸惑う2人
午前に私用があったので夕マズメ中心に楽しむ計画。タイムロス(後述)もありPM5時到着だったが、
日中は風が強かったみたいで結果OKって感じ。
操船に戸惑うTとSJ 今回、釣友TとSJがフローター初体験。
初浮時の実体験で「方向転換をマスターしないとポイント潰しちゃうよ!」
と助言するに「どうすれば曲がれるんだ!?」と四苦八苦する2人。
「片足で回すように漕ぐ」と教えても体が変にねじれる2人。
1年前の自分を見ているようだ。
レインボウ
虹 時々雨がパラパラっと降ったりする変な天気。
おぉ!虹がでている。
これを背景に魚の写真を撮ればカッコイイぞ!
と、思ったのだけど…
何だか渋いんですけどぉ
釣れないんですけどぉ
上陸 撤収時の光景。画像だと深夜に見えますが日没時です。
上陸作業も初体験の2人。
U型に比べ少々難しいO型フローターのTも無事に上陸。
渋かったけど、初浮きを楽しんでもらえたようで良かった良かった。
後片付けも終わり、帰る直前に川の様子を見に行ったTが「あっ!」
と声とともに片足を水没させたのが本日唯一の事故。
釣行内容
17:30エントリで日没まで。私とTはフライ、SJはルアー。
SJがスピナーベイトで「乗った!」と声を上げる。デジカメで撮ってやろうと接近中にエラ洗い脱走。
今日はルアーの勝ちかな?と思ったが、後で聞いたら生命反応はこれ1回のみだったようだ。
Tは真っ当な渓流マン。バンブーロッド#5ラインで参加。#12マドラーミノーでコバッチィとギル君を水揚げ。
結果的には小型フライのほうが楽しめたのかな?
私はヘアバグで40UPを狙うも、何だが、何も釣れませんでしたぁ。
ポーズを長めにとるとテールだけ食う「ヘアバグが玉浮きのようなアタリ」5回程度が本日の生命反応。

台風6号の置き土産で激しくタイムロス
台風5,6号が来て7号も接近中。今年は台風の当たり年なのか?
今回は釣り場への往復が大変だった。
愛用の利根川ラリーコースにバリケードが築かれ地元の消防団員らしき人が警備している。
川が溢れてるようなので仕方なしに市街地を抜ける。こちらは水で溢れてない代わりに車の洪水で困り果てた。
激しくタイムロス。次回増水時はシュビム・ワーゲンで乗りつけ「軍の者だ!」と叫んで強行突破しよう。(嘘です)

今回はIE固有タグ<marquee>を使ってみました。IE以外ブラウザで
は効果がでませんが(たぶん)問題ないように作ってあります。
上段へ

[HOME] [霞INDEX] [<<] [>>]



HOMECopyright (C) 2002 Tatsuya kurumada All Rights Reserved.