HOME  霞レポVol.25 ♪フライでバス、ギル、ワタカ、及び100円ルアー

[HOME] [霞INDEX] [<<] [>>]
2003年05月11日【霞水系某川   】やっとトップの季節になったようです
2003年05月05日【霞水系某川/水郷】フォースを学びイイ絵を撮ろう!
2003年04月29日【霞水系某川   】♪風に逆らう俺の気持ちを
2003年04月14日【霞ヶ浦流入河川 】凄いゾ8馬力、凄いゾ魚探


2003年5月11日 やっとトップの季節になったようです 【霞水系某川】

見栄えが悪くて滅多にお見せしない当社フライパターン
全国の数少ないマッディーウォーター・フライでバス・ファンの皆さんこんにちは。
霞のバスもやっとトップで楽しめる時期になったようです。
フライを吸い込むようなバイトってのは滅多に無くて、ダバッ!と水面が割れるのがマッディウォーターの特徴。
たいして釣れるわけでもないけど、この瞬間がたまらない。
fly 画像は本日バスを釣ってきたフライです。
まずは黒を基調にしたヘアバグ。35cm前後のバスに効果的。
次に白の発砲スチロールポッパー。こちらはコバッチィ、ギル君、不思議と40UPバスに実績がある。
霞の場合、フライのプロポーションよりも、いかにイイ音が出せるかのほうが重要ってことにしてくれ。
年々濁りが増し(^^;、魚影も薄く(^^;なっているので、繊細系より大味系のフライのほうが魚に出会う
率が高いってことにしてくれ。

よ〜く見るとかすかにバスが見えるジャンプ(後の)画像
失敗 今日の釣り。いつも以上に寝坊してエントリしたのが午後2時過ぎ。
いきなり1投目!というわけにはいかなかったが、5投ぐらいで水面が割れた。
「わぁ!当社としては出来すぎだ!」
今週もジャンプ写真を撮るっす。シャッター押すのが0.54秒ぐらい遅かったようで…

今日も風に悩まされる
バス ジャンプ写真は失敗したが、水揚げは成功。32cm。
カルピス炭酸水割りを飲んだりして余裕状態。
ビュ〜〜〜
「わぁ!当社の始業時間が遅すぎた!」
風が強くなってしいました。
せめて12時から始めてれば…
バス 強風でフライは絶望的になったので100円バイブレーションの釣りに変更。
風に流されるままの「無抵抗主義釣行」でひどい目に遭って以来「風に逆らう釣行」
にしてるが、自転車でひたすら坂を登ってるようで辛いのぉ。
なんだかアタってるようだけど気のせいだろうか?
ググッ!わ!やっぱアタってたんだ!てな情けないHitが数回あるも水揚げ率悪し。
推定24cm前後のコバッチィは活性は高そうです
見覚えのある車が登場、SEKOさんだ。仕事ついでに寄ってみたとのこと。
車のSEKOさんと浮輪の私で立ち話。(2人とも座ってますが…)
風で流される私に合わせ、SEKOさんは徐行運転しつつ会話は続く。なんとなくマヌケな光景。
例えるなら、マラソンを先導する白バイに自転車で並走しながら世間話をしているような…
惰性で巻いてきた100円バイブレーションを見つめる小さな影。パクッ!
「あっ!釣れた!」ロッドを上げてアワセるとピチピチピチと魚が躍る。
「なんですかそれぇ?バスですか?」とSEKOさん。
岸からだとサビキでアジを釣ってるように見えるのかな。
「バスですよ〜。」とデジカメのSWを入れると。ポチァっと落ちる。
う〜ん。逃がした魚は小さい。たぶん16cmだろう…
MAXコーヒー 
「コーヒー如何ですかぁ。捕れますかぁ。」と、SEKOさの暖かいお言葉。
捕り損なってバッチィ水(^^;に浸かると衛生上危険なので上陸して休憩。
ぉぉ、独特の甘ったるさが味覚を刺激する、チバラギ名産 MAXコーヒー じゃないですか!
「サーフィンしてた頃よく飲んだんですよ。湘南の味です。」
え?
鈍器で頭を殴られたような衝撃だ。 MAXコーヒー にそんな一面があったとは。

休憩後再びフライで
バス SEKOさんの軽快なトークにお付き合いした後に再エントリ。
もう夕方5時だが、なにせ午後2時から始めたので釣り足りない。
夕方になっても、たいして風が弱くならないのがこの時期の特徴。
一生懸命風裏を探してコバッチ君を一匹追加。
魚の活性は悪くなさそうだったけど風で釣り辛らかった印象。

上段へ

2003年5月5日 フォースを学びイイ絵を撮ろう! 【霞水系某川/水郷】

ジャンプ画像撮影成功!

jump ←イイ絵でしょう。汚い(^^;霞の水でも、輝いて見えるではないか!
目前で魚がジャンプするのがフローターの醍醐味。
バシャッ! 迫力ぅ〜。 この瞬間を撮るのは意外と難しい。
まず、接触不良のデジカメ電源SWと格闘することから始まる。
カチ、カチカチ、この!この!この!
貴方のTVのリモコンなんかも、よく使うボタンが接触不良になってません?
ピポ!(電源ON成功)。…、…、…、…、早く起動せんかっ!
シャッター押す、(一瞬の間)、ピっ!。 最新のデジカメに買い換えたほうがいいかも?
こんな調子なので、バスがジャンプしてからでは、到底間に合わない。
では、どうするのかというと「先を読んで行動する」。これはジェダイの資質である。
アナキン・スカイウォーカーはヨーダさえ凌ぐほどのミディー・クロリアン値20000を記録している。
私の血液も調べてみよう。うぅ、「ミディー・クロリアン値」以前に「中性脂肪(TG)」が高いです…。
フォースを学ぶより食生活の改善が先決のようで…。成人病対策しないとヨーダのように870歳まで生きられん。

5月2日、GWの釣りって厳しいっすよ!
1)主要道路の渋滞
2)釣り場の混雑
3)産休のバスが多い
4)風が強い
バス 遠征してみたいが渋滞予測みただけでテンション低下。
いつもの場所で浮いてみる。生命反応ないなぁ。
ボートの人に聞くと「葦奥で可哀想なくらい痩せたバスが…。」
前回「プリ」「アフター」わからんと書いた。当社は動き回らない
産休バスを釣ったことないから比較できないのだ。
フライ(バスバグ)と100円ルアーで食い気ある奴を探す。
100円クランクでやっと。なんちゅー食い方。アゴ外れるよん!
以後、100円ルアーもフライも悲しいほど無反応。風も強くなったので上陸して//に。
カレンダー上は平日でもGW恐るべし。人が少なく釣れそうな所はここかな?
ぉ!100円バイブレーションいきなり釣れた!さすが勝手知ったる//!
足元で食う瞬間が見えて、リアクション・アワセ(←反射的にロッドを煽ってしまうこと)
したら、コバッチィ君を、カツオの一本釣のごとく、道路に飛ばしてしまった。
ピチピチピチピチ! バスは、まだ水の中と錯覚してるようで、道路を必至に泳いでる。
謝ったところで、魚が釣り人を許す気もしないが、
「日清製粉から揚げ粉状態にしてスマン。」
とりあえず謝ってみる。以後釣果なしで終了。フライは不発。
バス

5月5日、良型(当社比)釣れる!
バス 風裏の水面が穏やかな場所はフライ(ヘアバグ、ポッパー)で。
まだ時期早々?田植えの影響がでる場所はトップの季節が遅いんですよね。
濁りに打ち勝つ派手なアクションに食いつくのは、5月中旬頃からでしょう。
ぉ!そんな状況でも100円クランクは凄い。カツ,ググッっと確かなアタリ!
そろそろ産休も終わるのかな?
このサイズのバスってネコ(=^・^=)みたいでかわいい(個人的感想)。
バス お次は100円バイブレーションで。
私が黄色を多用するのは、カスタードクリームみたいで、美味しそうだからである。
ってのは半分冗談として。(半分は本気だ)
他の釣り人が地味なワームを、そろり、そろり、と静かに落とし込んでいるからだ。
目立つカラーのハードルアーを高い弾道でバチャン!と派手に落とす。
♪人のぉ〜 やらなぁ〜ぃ ことをやれぇ〜 ぅにゃ! きっかけ@水前寺 清子
バス トップ(フライ)はサッパリだけど、100円ルアー好調。今日は沢山釣れちゃうの?
今度はクランク。カラーは同じ黄色。
昼寝しようとエントリーポイントに戻ってきたら釣れちゃいました。
寝れないじゃないのっ!
バス これは冒頭の「ジャ〜ンプ!画像」のバスです。
エントリポイントから20mぐらい。最近このパターンが多いなぁ。
100円バイブレーション。カラーは、やはり黄色。
バイブとクランクの使い分けは、主に「気分」です。
「ジャ〜ンプ!画像」の撮影成功で満足。2時間の昼寝。
2時間の昼寝が大失敗。目覚めたら、風は強くなってるし、生命反応無くなってましたっ。

ギル君
ギル君 左より
こうして見ると、100円ルアーと目がそっくり!
ポッパー(フライ)にジュボっと出ました。
バスバグ用フックに巻いたストリーマーで。
その他
キャンプ行って、トラウト管釣なんかもして、釣り三昧のGWでした。
トラウト管釣は、100円ルアーまるでダメ、ドライフライが好調。やっぱ、フライはトラウト向きの釣法なんでしょうか?(^^;
「先を読んで行動する」的に、GWはバス以外を狙ったほうがいいかもね?

上段へ

2003年4月29日 ♪風に逆らう俺の気持ちを 【霞水系某川】

今年も強風フローター
強風 ♪風に逆らう 俺の気持ちを
 ♪知っているのか 赤いトラクタ〜
♪燃える男の 赤いトラクタぁぁ〜
冷静に考えるとトラクターで風に逆らっても偉くもなんともないゾ!
こっちは人力なんだからな!
ぁ〜ぁ、漕いでも、漕いでも、ちっとも進まん…
本格的に春だ
春 春の日中は強風が多いのはわかっている。
フローターで快適なのは朝なのはわかっている。
しかし夜型体質はいかんともしがたい。
寝ないで出かける裏技は次回のお楽しみにして今日は(も)日が高くなって出発。
利根川の土手は春らしく綺麗で平和だ。
コミュニケーションを大切にね!
釣り場に到着すると要所〃にボートやフローターが浮いている。
浮輪に空気入れてフライ(トップ狙い)とルアー(100円)の準備を終えると朝からの人達がひと釣り終えて上陸する時間。
釣り場で見知らぬ人とのご挨拶は大切と思うけど、無愛想釣師が少なからず存在するのも事実で迷うところ。
今日はとても感じの良いフローターマンが声を掛けてくれて気持ちよくスタートできた。フライも少々やる人らしい。
「葦の手前は子バス、良型は奥でほとんどアフターですよ。」とのこと。
バスはスポーニングを境に「プリ」「アフター」って言うけど最近やってる改築番組は「ビフォー」「アフター」、どっちが
英語的に正しいのだろ?バスの産卵床を「ネスト」と言うのは間違えで外人には「スポーニングベット」と言わないと
「鳥の巣」と間違えられるので注意が必要らしい。
そんなことはともかく情報をもらえたのは有難い。良型を狙いたいとこだが当社は葦の奥を攻める戦術なんてない
ので手前をバスバグで叩いてみる。う〜む、風で波立ってるので出る気がしないなぁ、100円ルアーで…
とかやってるうちに、かなり風が強くなる、流されるぅ〜。
ガンジーを尊敬する私は無抵抗主義に徹し風に流されることを決断。風下の果てに実績ポイントもある。
強風 ♪風に逆らう 俺の気持ちを
 ♪知っているのか 赤いトラクタ〜
♪燃える男の 赤いトラクタぁぁ〜
風下の果ての実績ポイントが「反応ゼロ」で大失敗!
帰路は「地獄の逆風」でキレてしまった。
今までの苦労はいったい…
おお! 画像の右上にかすかに写るのは私の愛車である。水しぶきはバスのファイト。
地獄の筋トレマシンと化したフローターを引きずり2時間かけて戻ると100円クランク
にガツン!。Hitした場所はエントリーポイントから5mと離れてない。何だったんだ!
しかもデカイぞ。ドラグがジージー鳴ってる。
これは「ランカーサイズ」か「ドラグ調整が弱い」かどちらかだ!(後者でした)
バス1
2週間ぶりにバス釣ったらあまりに引くんでビックリした。
先週のオイカワの比じゃない。(←あたりまえか)
ところで、このバス「プリ」でしょうか?「アフター」なんでしょうか?

私には「ごく普通のバス」にしか見えん!
「プリ」とか「アフター」とか意識しながら釣る人って尊敬しちゃうよ。
当社の表現方法は全長のみです(きっぱり)。これは35cmのバスですっ!
昼寝
気が付くと強風で皆帰えちゃった。ヤッター!貸切だ!バスが釣れて気合も入ったしガンバルぞ。

1時間ほどでツリドナリンの分泌も切れて筋トレ地獄に耐えられなくなった。
風はさらに強まりロッドを立てるだけで糸鳴りする。そ、遭難してしまう。
上陸すると完全に電池切れ。昼寝。
またしても…
2時間の昼寝の後「夕マズメ逆転勝負」を決断。
風は多少弱まり筋トレ地獄度は下がった。最後の力を振り絞り広範囲に探る。
バス2 画像にかすかに写るのは私の愛車である。
疲れ果て戻ると100円バイブレーションにHit!
またしてもエントリーポイントすぐそば。今度は10mぐらいか。
結果的には車を停めた場所からの岸釣りで充分だったんじゃ…
いかん、いかん、こーゆーことは考えてはいけない。
フローターで浮くことに意義があるのだ。(←本当かよ)
上段へ

2003年4月14日 凄いゾ8馬力、凄いゾ魚探 【霞ヶ浦流入河川】

相互リンクの「でこぴんさん」のボートに乗せてもらう第4弾!
ワープ航法 は、は、速ぇ〜!
歩くより遅いフローターに比べるとワープ航法のようだ。
でこぴんさんのアルミボートに波動エンジンが搭載された。
画像は水質悪化で瀕死の霞を浄化すべく14万8千光年の彼方まで
コスモクリーナーDをとりに行くところです。
えばらぎにスターシァなんてハイカラな名前の人が居るんだっぺか?
もしもしスターシァさんげ?
いいえ私はサーシァ。スターシァの類似品なの。
はぁ?まぁいいや。コスモクリーナーDくんちょ。
Dはもう品切れだけどEならありますよ。
DとEは何が違うんげ?
Dはデラックスだからフィルターが二重だけどEはエコノミーだからフィルターは1枚なのよ。
え?コスモクリーナーってフィルターでこすだけげ?
そうよ。4週間で交換してね。
ダスキンじゃあるまいし。これじゃ瀕死の霞水系を救えそうもねぇ。さっさと釣り場にワープだ。

釣り日和だけど…
ビックリするような好天、ほぼ無風。抜群の釣り日和過ぎてなんか恐い。
9時に待ち合わせ場所の曳船橋に到着するとズラ〜っと車が並んでいる。
魚の活性は不明だけど、釣り人の活性は高いようです。
「この辺は釣り人が多いし上流まで飛ばして釣り下りましょう。」
と、早めに来て準備してくれてた、でこぴんさん。
釣り人が居るところはヒンシュクなので徐行運転だけど、それ以外はワープ航法。
あっ!という間に上流に到着。まずはフライでキャスティング練習。
飽きたので100円ルアーでキャスティング練習。
でこぴんさんもキャスティングの練習。
2時間も練習すると飽きてくる。釣れませんなぁ…
ぉお!100円バイブレーションでコバッチィ君(推定23cm)がヒット!
「やった!やった!やった!やった! ぁぁ… バレタ」

とりあえずW撃沈回避
でこぴんさんのバス1 9時開始で11時半にようやく。最初に水揚げしたのはでこぴんさん。
クランクがほぼ水面に浮いてる状態でパシャ!っと。
「ぉお」と思わず歓声。盛り上げてくれるぞ!コバッチィ君。
これでW撃沈(←2人揃って釣れないこと)は間逃れたぞバンザ〜イ!
コバッチィ君1匹で喜ぶのが今時の霞水系を楽しむコツである。
あとは私が釣るだけだ。狙いは40upですね(。o゜) ☆バキッ\(-_-;)言ってることとちゃうゾ
私はバスバグで2匹目のドジョウを狙ってみるものの不発。
でこぴんさんも後が続かずキャスティング練習モードに戻ってしまった。釣れませんなぁ…

速い釣りには100円バイブレーション
ボートの機動力を生かして広範囲に探って行く。常に動きながらの釣りなので手返しの良さが重要。
100円シャッドとミノーは軽くて射程距離が短いしロッドアクションが面倒くさいのでボツ。
100円ペンシルとフライ(バスバグ)は浅場限定で試したけど不発でした。
100円クランクはなかなか良いけど早巻きすると蛇行しやすいのが欠点。
結局100円バイブレーションがボートで流す釣りに向くようです。投げやすいし巻きやすい。

ニゴイ 1時間の沈黙を破り、そのバイブレーションに確かな手応え。
「これはちゃんとしたサイズです!」と喜ぶ私、
曲がるロッドを見て「デカそうじゃないですか」と、でこぴんさん。
ギラっと光る魚体を確認。デカイけど細い。
最近ご無沙汰してたニゴイっち。
ニゴイ バスだったらランカーサイズな全長だ。
100円ルアーのパッケージには「バスOK!」「ニジマスOK!」と
対象魚OKマークがついてる。
ダイソー商品開発部の皆さん「ニゴイOK!」マークもつけて下さい。
このニゴイで一時的に盛り上がったものの後が続かず。

魚探って凄いかも…
またまた釣れないモードになってしまったので下流部に大移動することに決定。
波動エンジン始動!
波動エンジンは始動に失敗するとプラグが被る場合があるので注意が必要らしい。
ここは底の質が良さそうですよ。
え?魚探ってそんなこともわかるんですか!?
でこぴんさんのバス2 オールで突っつくと底は砂。魚探って凄い!
移動後の第1投で「でこぴん」さんHit!
魚探も凄いが「でこぴん」さんも凄い。
巻き終わる寸前で食ったという。
でこぴんさんのバス3 数分後にまた「でこぴん」さんHit!
40には届かないがGoodプロポーション。
産卵期のバスは砂地がお好きなんですね。
しばらく流すと「でこぴん」さん曰く「ここからは泥です。」
魚探って凄い!
私のバス 今日は泥底で釣れる気がしないので引き返し同じ場所を攻める。
ぅぅ(感動)。私も釣れました。100円バイブレーションで33cm。
//で釣れるような体型がヘンなバスだけど、まぁOK!

砂地=釣れるってわけじゃないみたい
砂地を探せば釣れるんですな!移動!
ここ砂地です。ヤッター!

以後、釣れませんでした。まぁ、魚探も万能じゃないってことで。

今回も快くボートに乗せてくれた「でこぴん」さんに感謝します。

上段へ

[HOME] [霞INDEX] [<<] [>>]


HOMECopyright (C) 2003 Tatsuya kurumada All Rights Reserved.