フライでバス釣り
2017年11月07日の記事です
いまさら霞復活!?
今シーズンパっとしなかった霞フラデバがいまさら好調?
記事挿し絵

今シーズンあまりパっとしなかった霞水系の浮輪フラデバ。天気が悪かったり、水が悪かったり、釣りに行こうと思うと台風が来たり。今年はハズレ年だったなぁ。早めにフローター仕舞っちゃおうか。と、思ったところに突然の好釣です。シーズン終盤、いまさら復活? 今年も頑張って寒さの限界まで浮こうかな?

いまさら霞復活!?

さて本日の釣り。朝の気温は一桁。さすがに陸っぱりから始めます。朝日が眩しい晴天。水門の日影部分をルースニングで丁寧に探ってみます。

インジケーターにツンと小さなアタリ。しかしフッキングせず。

フライサイズを小さくすると手のひらサイズのブルーギルが釣れました。

その後は無反応なのでクルマでランガン。冬の定番人気河川に漂着。その中でも特に人気ポイントは管釣のごとく釣り人が並んでいます。空いてる不人気ポイントでキャストしてみるも、そうそう釣れてくれませんなぁ。

気温はグングン上昇し、朝の寒さは何処へやら。なにも冬向きハイプレッシャー人気河川でやるメリットが無いような。フローターで浮いたほうが良いのではなかろうか?

考え直してポイント移動。

フローターに空気入れてると、なんだか風が強くなってきました。エントリすると更に風は強まります。トップを諦めフライを沈めるも、表層流とラインスラッグで上手く攻められず。そして非力な脚力では風下にしか進めません。く、く、苦行なんですが…。むしろ、今、陸っぱりをやるべきでは? やってる事がちぐはぐ。うまく噛みあいませんなぁ。

いまさら霞復活!?

ティペットにガン玉つけてなんとか釣りました。よかった。撃沈を回避でき本当によかった。

この方法でいけるかな?

悪あがきしていると、徐々に風が弱まります。天は我を見放さなかったゾ。

風が弱まって気付きます。フローターが通った跡に泡が残ります。ターンオーバーなんですなぁ。バスの活性が心配だけど、ま、とりあえず1匹釣れてるので大丈夫でしょう。たぶん。

いまさら霞復活!?

フライをポッパーに変えて10分後。

やりました!トップで40upが釣れましたよ!

その後、フッキングミス3連発をやらかしますが、バスの活性は悪くない、というか良いです。

いまさら霞復活!?

ようやくフッキングしました。31cm。

その5分後またヒット!また31cm。

いまさら霞復活!?

そして15分後に39cm。

いまさら霞復活!?

その10分後にフィーディングのバス発見!

狙い通りに、これまた31cmがヒットしました。

もう17時で暗くなるので上陸します。

昼過ぎまで苦戦したけど、終わり良ければ全て良し。夕マズメ怒涛の連発のおかげで6匹も釣れました。40upも釣れたし、この季節、今どきの霞水系では上出来すぎる釣果に大満足ですよ。

YouTubeで見る場合はこちら → youtu.be/MEEdFEtPuaU

<釣果>
  1. 14:21 37cm SSC(B10S#4)
  2. 15:33 43cm HSポッパー(B10S#2)
  3. 16:18 31cm HSポッパー(B10S#2)
  4. 16:23 31cm HSポッパー(B10S#2)
  5. 16:37 39cm HSポッパー(B10S#2)
  6. 16:46 31cm HSポッパー(B10S#2)
ロッド:フライトライU
ライン:WF8F
記事の日付:2017年11月07日

コメント

まだコメントはありません

名前
コメント
URL(省略可)
スパム対策 "八零八九"を数字に書換えて下さい
< この記事にリンクする場合はHTML版 2017/1107_1.html に!当CGIページはBIGLOBE仕様で呼出エラーになります >
ちばらきFF フライでバス釣り
トップはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kff/です
©2000-2017 kurumada All Rights Reserved.
Powered by 車田CGI (β)