HOME  他水系情報Vol.4 ♪フライでウグイ、オイカワ、カワムツ、コイ、ニジマス、ヤマメなど

[HOME] [他水系INDEX] [<<] [>>]
2003年03月23日【栃木里川巡り  】カワムツをバケツに入れる奴
2003年02月10日【高萩ふれあいの里】高萩で動物とふれあう釣行
2002年12月30日【千葉県某管理釣場】養殖銀化ヤマメが100円ルアーを猛追
2002年11月30日【白河フォレスト 】しニャかわフォにゃストスプリング


2003年3月23日 カワムツをバケツに入れる奴 【栃木里川巡り】

Tと特派員Kとで栃木の里川巡り。
ぁぁ、コンクリ護岸で川がダメになっていく。
場所によってはテーマパークの人工河川のようになってて唖然!

コーチマンに捕まる
ちっとも魚は釣れないが、心地よい好天に恵まれ、川原に座ってボ〜っとする。
「どうだい釣れるかい?」地元の人に声を掛けられる。その人、竿は持ってない。
<中略>
今日もコーチマンにコーチされてしまった。
・巨大サクラマスの釣り。
・尺ヤマメ、尺イワナの狙い方。
・1日に50匹釣れる。
どーゆーわけか私はコーチマンに捕まり易い体質のようで、しょっちゅうコーチされる。
しかし、いつも疑問がよぎる。この人は本当に釣ったことがあるのだろうか?
標高低くイワナを放流しない川で尺イワナが釣れるって不思議だ。
特派員Kは「そのフライじゃダメだ。黒を使え。」とコーチされたらしい。
私には「白と黒の混ざったやつだ。」と言ったのに…
Tはコーチマンに捕まらない体質。いつも私を防御壁にして逃げてるような気がするけど被害妄想でしょうか?

そのバケツはどこから出てきたんだ?
同じ漁協が管理する別の川に移動。私は電池が切れたのでクルマの中で昼寝。
グ〜。
1時間少々寝たのかな?特派員Kに電話すると「ポツポツ」と言うので私も参加。
カワムツバケツ 釣り場に行くと…
あ!カワムツちゃんが釣れてる!
しかし、このバケツどこから出てきたんだ?
K 川原に仮設ミニプールを建造中の特派員K。
何をするのだろう?
”仮設ミニプールを泳ぐ魚の写真を撮る”が目的らしい。
しかしながら石の隙間からアっというまに脱走されていた。なんつーアホな。
仮に脱走されなくとも川底と同一の保護色だから写り映えしないと思うが…
チビながらヤマメを1匹釣ったらしい。
Kのカメラはアナログなので証拠画像が現像されるのはいつのことやら。

本日私の最大魚
カワムツ 上流に行ってきたTに聞くと「極小カワムツのみ」とのことで下流を試す。
ピシッ!ピシッ!ピシッ!
私が流すフライめがけて体長4cm前後の魚が果敢にアタックしてくる。
ちっともフッキングしない。
大型が出たぁ!これでも大型。
Tと共にグチる。「昔は、ヤマメか?と間違うような大きいカワムツが釣れたのに。」
まぁ、それでも、意外と楽しかったです。

上段へ

2003年2月10日 高萩で動物とふれあう釣行 【高萩ふれあいの里】


今日は職場釣友と管理釣場釣行。家を出ようにもカギが無い。クルマのカギと部屋のカギ。もう30分以上探してる。
クルマに乗れないのは迎えに来てもらえば対策可能だけど、部屋を施錠できないのはどうしたものか?
アロンアルファでドアをガチガチに固めればいいか?だめだ、剥がし剤を買い忘れたら部屋に入れないではないか!

せっかくのふれあいの里だから動物達とふれあおう!
釣り場の動物達 同行者に1時間の時間的損害を与えた後にカギは見つかる。何故タックルBoxの中に…
Fの新車で常磐道をひたすら北上。日産車を乗り継いできたFなのに憎っくきトEタに買い替え。
結局FもトEタかよぉ。なんで、どうつもこいつもトEタに行き着くんだ?
Fの新車V○XYは電動スライドドアなんかが付いてて飽きれる程良くできている。
良くできすぎで車に乗ってる感覚ゼロ。まるで全自動洗濯機で洗濯をしているようだ。

Fの冷蔵庫の野菜室で釣り場まで運ばれ(。o゚) ☆バキッ\(-_-;)乗せてもらって
まず目に付くのは動物達だ。サル、イヌ、ヒツジ、ウサギ、インドケープのコンプリートまでいる。
せっかくだから動物達とふれあってみる。私はムツゴロウさんじゃないので動物が何考えてる
のかよくわからん。とりあえず、お手ごろなウサギから。レタスの切れ端が落ちてたのであげて
みる。バキッ!と想像以上の力でぶん捕っていった。ミッフィーみたいに温厚じゃなさそう。
コロコロとした子犬を発見。さすがイヌは人間に愛想がよろしい。
愛想いいけど、水溜りの上を歩いた足でペタペタ触られまくれ、ベロベロなめられて、もう勘弁し
てくれ。ヒツジにしよう。ぅ!近くでみるとけっこうデカくて恐い。ムツゴロウさんって凄い。

釣りに行った動物達 釣り動物

釣り場に居る動物達を紹介したあとは、釣り場を訪れた動物達の紹介。上より、
どうやって釣ったの?と聞くと「うりゃ!」と鳴いてフッキングのポーズをとるSJ。(ルアー目ルアー科)
ヘビを食べた事がある野生動物特派員K。(フライ目フライルアー科)
ヒツジより小さい小動物F。(フライ目フライ科)
竹と光物を集める性質があるT。(フライ目フライ科)
ナマケモノの二倍体くるまだ。(フライ目フライルアー科)

日本家屋的な管理小屋で\4,000払う。スタッフの人は親切丁寧で好印象。
ルアー&フライは入り口より第1池〜第4池と4つある。大きくもなく小さくもなく。

まずはフライからはじめてみる。ここ数年、霞用バスフライ応用実験でことごとぐ失敗、管釣撃沈王と
化してしまったので今日は無難にトラウト用フライでやるのだ。
 イワイイワナ#10
 エルクヘアカディス#13〜#16
 パラシュート#12〜#17
特にどれが良いって感じはなくて、出る時は出る。タックルは#3。
ティペットは7Xからスタートしたけど、出る時は出るので魚の疲労を顧慮して5Xに上げた。
沈める系はやらなかったけど、同行者や周囲を見るにコンスタントに釣りたい人はルースニングが
無難って感じ。
フライに飽きたらルアーに変更。タックルは前回のレポートで紹介したものと同じ。

釣り場と魚達 魚の質は良いほうだと思う

毎度おなじみニジニジ君を筆頭にブルック、イワナ、ヤマメ、ブラウンが釣れる。
当然、いかにも養殖って魚も釣れるけど、意外なほど綺麗な魚も釣れたりする。
上のブルックはイワイイワナで釣ったんだけど、湯川のそれより綺麗じゃないの。
と言ったら湯川ファンに怒られるだろうか?
その下のはエラがちょっとアレだけど、100円ペンシルで釣れたのが私的にポイント高い。
ニジマスも2匹釣れてトップWプラグの釣りに興奮!
その下のヤマメはTがルースニングで釣ったもの。今日のヤマメは活性低め、というか
絶対数が少ないのかな?
SJがルアーでブラウンを1匹、こちらも絶対数が少ないようで撮影したけどピンボケでボツ。
最後に100円ミノーでニジニジ君。こちらは絶対数が多くて撮影がいい加減になりがち。
顔の部分におもいっきりカメラの影が入ってるがご愛嬌ってことで。

私的には釣れたほう

総じて参加者全員飽きない程度に釣れました。ルースニングで稼いだFとTはかなり釣って
たと思う。SJは小型ミノーが当たりで安定して釣っていた。私は根本的に数釣りがダメな
のだけど、それでも8匹ぐらいは釣ったと思う。管釣でたった8匹かよ!私的には大漁です。
特派員Kは「今日のテーマはジョイントラパラで釣る事です。」がタイムロスで私と同程度
だったかな。

【100円ルアーは楽しいけれど】
バーブレスにしてもトリプルフックって魚のダメージ大きい。
トラウト(特にニジ君)は最後の最後まで抵抗するのでリリース作業中に傷口が広がる場面も。
管理小屋に魚持っていき\100払うと焼いてくれるので、傷口が広がっちゃった魚はリリースしないほうが賢明かも。
100円に拘ってフック交換しないポリシーだったけど、トラウトの場合はシングルフック(もちバーブレス)にしようと思う。

上段へ

2002年12月30日 養殖銀化ヤマメが100円ルアーを猛追 【千葉県某管理釣場】

100円ミノーで ヤマメがフィッシュイーターである事を痛感
2002年は私のルアー元年であった。
ダイソー100円ルアーは私の釣りの幅を広げてくれた。
霞で有効性を実証済みの100円ルアーを管理釣場で試してみる。
ロッドはティムコのトリックトラウトスティックTT60CL-2。
リールはABU1500C IAR。
ラインは8lbナイロン。
霞水系でバスにも好評の100円シンキングミノー黒/赤。もちろんバーブは潰す。
結果ごらんの通り。100円ルアーって凄い!
100円シャッドで こちらは100円シャッド鮎カラー。マッディ霞によく効く黒/金にも高反応でした。
渓流の女王などと比喩されるヤマメちゃん。
この顔つきを見るに女王というより口裂け女だったりして(笑)。
激しくロッドを煽ってトリッキーなアクションを与えると噛み付いてくる!
今日は釣友Tと特派員Kとで今年の釣り納めである。
良い意味で田舎的だった千葉の某管理釣場。だったと過去形になってしまった。
最近、雑誌なんかに紹介される機会が増えて混雑度激増。
魚を大量に持ち帰る人が増えたのか?料金も値上げ。
魚の需要に対し供給が追いつかない印象で、全体に魚が行き渡っていない。
魚が溜まった場所に陣取れた人のみが連続Hitしてる感じ。
去年までユスリカのマッチ・ザ・ハッチの釣りを楽しんでた我々は肩透かし。
100円ルアーを持っていかなかったら私は撃沈したと思う。
C&R区間もあるのだが上手く機能していない。
ここの管理人さん、良くいうとおおらか、悪くいうと無頓着。今後どうなるのか…
シンキング・ライン大量GETTパチプロ系管釣にならないでほしいものだが…
オイカワ オイカワ
水温2度。今年の冬は寒い。ニジニジ君は底でマッタリ。
この低水温で元気なのは100円ルアーに高反応だった数匹で回遊する銀化ヤマメ。
もう一種は、この川のネイティブ、オイカワ。オイカワって水温適応範囲が広い!
流芯で元気にライズ。フライオンリーのTは、もっぱらオイカワ相手に楽しんでいた。
#26ミッジ9Xティペットが確実らしい。しかし\4,000の料金考えると釈然としないよね。
画像は特派員Kが無意味なリールファイトで岸に寄せたオイカワ君。
オイカワ君のファイトを見てると100円ルアーにそっくり!と変に感心する1日でした。
【銀化ヤマメ】 ←ヤマメの降海型ね!
管釣のヤマメって銀化(ぎんけ)が多い印象。渓流に居るのも所詮は養殖モノなんだけど稚魚放流だと銀化しにくいのかな?
銀化ってスピードがあって引きが強い印象持ってたけど、ワタカかと思っちゃいました(^^;。
TT60CL-2でもパワー有り過ぎ。同シリーズならTT60CUL-2のほうが今日の釣りに向いたと思います。
上段へ

2002年11月30日 しニャかわフォにゃストスプリング 【白河フォレスト】

久しぶりのトラウトレポート?
こんにちニャ! 皆さん、こんにちニャ!
白河フォレストスプリングに常駐してるネコです。
ゲート前のチケットオフィス付近に居るので声をかけてニャ。
常連とスタッフがダベってるアホ管釣と違ってうちは良心的ニャ。
今回は私がレポートをお届けしニャす。
関係ニャいけどドニャルドソンの食べ過ぎで最近太っちゃったニャ〜。
当釣場は4つの池からニャりたちます。
水は隣接する黒川から取り込んでるニャ。
寒いこの時期でもユスリカは当然でカゲロウもハッチしニャす。
入ってるサカニャは、
レインボー、スティールヘッド、ブルック、カムループレインボー、
ドナルドソン、ブラウン、コーホーサーモン、イワナ、イトウ、ヤマメ
の10種って事になってるけど諸事情で常に全種揃ってるわけではニャいです。
でも良型で引きが強い魚を選んでるニャ。
今日見て周った感じだとフライもルアーもそこそこ良く釣れてたニャ。
埼玉から来た御一行さんも約1名を除いて楽しめたようで食べる分だけキープしてにゃした。
←のドナルドソン、口から小魚を吐き出したにゃ。
特別渋い状況でもニャかったのに\4,000も払って撃沈しちゃう車ニャさんってバカだニャ〜。

【管理人コーナー】
ネコにまでバカにされるとは私も落ちぶれたものだ。くそぉ、フライじゃなくて100円ルアーでやればよかった…

上段へ

[HOME] [他水系INDEX] [<<] [>>]



HOMECopyright (C) 2000-2003 Tatsuya kurumada All Rights Reserved.