建築と子供たち紹介

「建築と子供たち」は、建築や都市を題材として色々な科目を
横断的に学びながら創造力を育てる総合的学習の方法です。

テキストは指導の重点の置き方により環境教育、
地域学習など多面的に活用できます。

アメリカ、NewMexico大学のAnne Taylor 博士により開発されたものを、
日本建築学会(AIJ)と日本建築家協会(JIA)が
1990年にわが国に紹介しました。

「建築と子供たち」は、学校カリキュラムの形式をとっています。教室や、
地域の中で子供たちが多様な学習に利用することを支援するため、
建築と教育関係の専門家を中心としたボランティア・グループ
「建築と子供たちネットワーク」が各地に設立されています。





 Architecture and Children Network Japan
建築と子供たちネットワーク



協力:(社)千葉県建築士会船橋支部

@