ネパールの子どもたち

ネパールってどんな国?


国名ネパール連邦民主共和国
民族多民族、多言語
宗教ヒンズー教が80%以上(以前は国教だったためか)
教育基礎教育:1〜8年生
中等教育:9〜12年生

東西南をインドに、北を中国に接している東西に細長い国。面積は北海道の約二倍で、人口は約3000万人(2008年)。
北部は世界の屋根とも称される8000m級の山々が連なり、
世界一高いエベレストもここにある。

国民のほとんどは農業に従事しているが、国土の半分以上が山地のため収穫高は多くない。 また鉱物資源もとれず、工業は未発達である。唯一の外貨獲得は観光であるが、 最近の政情不安のため観光客も減っており、国家予算はかなりの部分を外国援助に頼っている。

子どもたちの現状


1年生の就学率は90%にまで上昇したが、そのうち卒業できるのは67%である。これにはさまざまな理由があるが、貧困家庭では子どもを家庭の労力として 使わなければならず
そのため学業を続けたいと希望しても中途で退学せざるを得ない児童が多いためである。

支援校の紹介

ラルパテの会ではネパールの様々な学校の生徒を支援しています。
支援校の紹介

寄付金のお願い

郵便局よりお振込くださるようお願いします。
口座記号00990-4
口座番号136225
加入者名ラルパテの会