[重言のいろいろ]    コラム

 あ行

か行

さ行

た行

な・は行

ま・や・ら・わ行

 

<ま・や・ら・わ行> 

(ま)

 毎日曜日ごとに。

(例)母は毎日曜日ごとに教会に行きます。⇒母は日曜日ごとに…。母は毎日曜日教会に行きます。

 まだ時期尚早(じきしょうそう)

(例)息子に会社を任せるのはまだ時期尚早だ。⇒…まだ早い(まだ早すぎる)。息子に会社を任せるのは時期尚早だ。(「尚早」の「尚」は、「なお。まだ」の意。)

 まだ未解決。

(例)両国間にはまだ未解決の問題が山積している。⇒…まだ解決していない問題が…。両国間には未解決の問題が…。(「未解決」は、漢文では「未(いま)だ解決せず」と読む。「(レポートは)まだ未提出だ」「(日取りは)まだ未定だ」なども同種。)

 満(まん)十周年。

(例)わが社は今年の四月で創立満十周年を迎える。⇒…創立十周年を迎える。

(み)

 水が増水する。

(例)大雨で川の水が増水した。⇒大雨で川が増水した。大雨で川の水かさが増した。

 水を放水する。

(例)夕方、庭に水を放水する。⇒…庭に水をまく。…庭に放水する。

(む)

 昔の旧街道。

(例)昔の旧街道を、カメラをぶら下げて散策する。⇒旧街道を…。

(も)

 もう一度再婚する。

(例)彼はもう一度再婚するつもりらしい。⇒彼はもう一度結婚するつもりらしい。彼は再婚するつもりらしい。

 最も最適。

(例)その処置については、君の出した案が最も最適だ(最もベストだ)。⇒…君の出した案が最適だ(ベストだ)。…君の出した案が最もよい(最も適している)。

 専(もっぱ)ら…専念する。

(例)彼は寝食を忘れて専ら研究の完成に専念した。⇒…専ら研究の完成に努めた。彼は寝食を忘れて研究の完成に専念した。(「(会社の経理を)専ら専門にしている」も同種。) 

(や) 

 約(50メートル)ぐらい(ほど)。

(例)先頭と二位との間には50メートルぐらいほど)の差がついた。⇒…約50メートルの差がついた。先頭と二位との間には50メートルぐらい(ほど)の差がついた。

(よ)

 予期しない不測の。

(例)一行は予期しない不測の事態に直面した。⇒一行は予期しない事態に直面した。一行は不測の事態に直面した。

 余分の贅肉(ぜいにく)

(例)正月、家でごろごろしていたら余分の贅肉がついてしまった。⇒…余分の肉がついてしまった。…ごろごろしていたら贅肉がついてしまった。(「贅肉」は、余分な肉のこと。「贅」は「むだ。余計なもの」の意。)

 (実際)より以上に。

(例)わが子の能力を実際より以上に見る。⇒わが子の能力を実際以上に見る。わが子の能力を実際より高く見る。

 よりベター。

(例)こちらの品のほうがよりベターだ。⇒こちらの品のほうが比較的よい。こちらの品のほうがベターだ。(「ベター<英語 better>」は、よりよいさま、比較的よいさま。)

(り)

 燎原(りょうげん)を焼く火。

(例)落雷による山火事が燎原を焼く火のように何日も続いた。⇒…山火事が燎原の火のように何日も続いた。(「燎原」は「火が激しい勢いで野原を焼く」意。)

(る)

 留守(るす)を守る。

(例)留守を守っている者ですが、御用件はなんでしょう。⇒留守を預かっているものですが…。

(れ)

 連日(暑い)日が続き。

(例)連日暑い日が続き、いささかまいっています。⇒連日の暑さ(猛暑)で、いささかまいっています。

(わ)

 若くして夭折(ようせつ)する。

(例)彼は才能に恵まれていたが、若くして夭折した。⇒…若くして亡くなった。彼は才能に恵まれていたが、夭折した。(「夭折」は、若死にのこと。「夭」は「わかい」の意。)

 わきで傍観(ぼうかん)する。

(例)彼女は二人の言い争いをわきで傍観していた。⇒…わきで見ていた。彼女は二人の言い争いを傍観していた。