Homeあみぐるみの猫みせますだらだらあみぐるみ猫の作り方:もくじ ペレット代用品レポート
サイトマップ
 

ペレット代用品レポートについて

だらだらあみぐるみ猫を作るのに、おもりとなるペレットは欠かせません。しかし…

このページを作るきっかけは、「ちょうどよいペレットが売られていない」という海外在住の方のお悩みでした。
それに対して皆様から色々いいアイデアをお寄せ頂きましたので、私のアイデアも含めて試してみて、皆様に報告することにいたしました。
稚拙な報告ではありますが、ご参考になれば嬉しく思います。

代用品として使えそうなもの

私が考える理想的なペレットは、小豆くらいの大きさです。小豆をはかってみたら7〜9ミリくらいありました。
でも残念ながら、手芸屋さんで売られているのは、大きいものでも4ミリくらいの小さな粒のペレットです(これだと、太い毛糸でゆったり編んだ時には編み目からこぼれてしまいます)。

写真は、それぞれ約2グラムの量です。私がよく作る22センチサイズのまいどの両足に入れるペレットの量 の重さを量り、それぞれ同じ重さを並べてみました。


あずき:
(約9ミリ)上段左

お手玉の中身としてお馴染みのあずき。しかしあずきは食べ物なので、心配事は「虫」でした。しかし、虫が付かない方法をネットで発見。あずきをザルにあけ、熱湯をかけてからよく乾燥させるそうです。
( 参考 http://plaza.rakuten.co.jp/kobeotedama/006002
これが効果ありなら、安心してあずきが使えます。
ちなみに、大豆等を代りに使うのはやめましょう。
あずきの袋には「風通しの良い涼しいところで保管」と書いてあるのに対し、大豆の袋には「密閉して保管、長期保存は避ける」と書いてありました。
参考:250グラムで368円。
プラスチック:
アイロンビーズ/上段中左
ペレット(約4ミリ)/上段中右
BB弾の玉/写真なし

※2003年7月18日、BB弾の写真と使用感を追加しました。
ペレットもアイロンビーズもプラスチックなんですが、ペレットは小粒で丸いのでほぼ容量 一杯に詰める事ができます。それに対してアイロンビーズはまん中が空洞になっているのでだいぶかさばり、一杯に詰めても重さが出しにくいのが難点かもしれません。BB弾の玉 は未確認で写真もないんですが、大きさも6ミリくらい、形も球形で使いやすそうなので、安く入手可能な方は使ってみては?
参考:ペレットは1キロ580円。アイロンビーズは1,000ピースで180円。どちらも安売り店で購入したので、定価はもう少し高いかもしれません。
BB弾は30発で80円との情報を頂きました。

※余ったアイロンビーズは遊び倒しましょう→  http://www.perlerbeads.com/

小石:
写真は金魚用の石の大きめのです/下段右

あずきくらいの大きさで、なるべく角のない形のを選ぶといいと思います。写 真のはゴツゴツしてますが…
かなり重いので、 使用量が少なくて済みます。しかし、金魚の石を少しだけって売ってないのよね〜
まわりに金魚飼ってるひとがいたら、少しわけてもらえるかも…(汗)
それとも、河原かどこかで、角の丸い小石を拾ってくれば安上がりかな?
園芸、インテリア関係の売場も何かありそうとの情報も頂きました。
参考:水槽に敷く石、2キロ入り498円。 (掲示板に600円と書いたのは勘違いでした、スミマセン。)
ガラス:
おはじき/下段中左
ビー玉、ガラスビーズ等/写真なし
写真は、おはじき1枚。約2グラムです。ビー玉は約6.5グラムでした。手元にはありませんが、東急ハンズ等にビー玉 より小さいガラスの玉状のものも売られているようです。
参考:ビー玉38ヶ入り180円。
石粉粘土を丸めて乾燥させたもの:
下段左
軽量粘土は軽いので×。紙粘土は乾燥しても表面をこすると白い粉がつくのでやめました。で、石粉粘土でつぶつぶを作ってみたら、粉も出ず、重さもまあまあOKでした。少々すべりが悪くて中で動きにくいので、つぶつぶをなるべく小さめの丸い形にそろえるといいかなと思います。写 真のよりも小さく丸くする感じ…。
乾燥させると少し軽くなりますが、ペレットとあずきの中間の感じで使えそうです。
面倒なのが難点ですが…。
参考:石粉粘土「ラドール」 500グラム450円。
木材:
枕の中身用として売られていたヒノキチップ/上段右
これは、かなり軽いです。形も立方体なので、小さな手足には容量一杯に詰めるのがちょっと難しいです。中であんまり動きません。木の匂いがします。
参考:2リットル(約550グラム)1,980円
金属:
スチールボール/下段中右
写真は直径4ミリのもの。東急ハンズで随分前に買ったものなので、値段は忘れました。これは重いので、小石やガラス同様、極小サイズを作る時などに使えると思います。

ほかに、ジュズダマという植物の実(昔、糸を通して数珠を作って遊んだやつ)はどうだ!というアイデアもお寄せいただきました。が、入手不能、虫は付かないのか等のことも未調査、重さも不明…。
なつかしいなぁ、ジュズダマ。 http://www3.starcat.ne.jp/~toyota/files/data/10580/template.html

実際に使ってみたもの

写真は左から、つるてん(おしりにビー玉1個)、でっぴ(小石)、コイシ(小石)、デック(アイロンビーズ)、ごまダン(アイロンビーズ)、ヒノキオ(ひのきチップ)、ぜんざい(あずき)、ショータ(石粉粘土)です。

名前 中身(化繊綿以外) 重さ、使用感 匂い 幸せ感
つるてん
約22.5センチ
おしりにビー玉1ヶ、手足の先は何もなし。綿も通常より控えめにしました だいぶ軽いんですが、ちゃんと正座します。横にした時、手先がちょっと浮いてます。軽いので時々倒れてます しません しません ビー玉を思い浮かべるとちょっと幸せ
でっぴ
約42センチ
遊んでるうちに伸びたらしい。
小石 しっかり重いのでちゃんと座ります。小石を入れ過ぎると、手足の見た目がすごく重たそうです チャッ、と石の音がします しません しっかりした重さ
コイシ
約22.5センチ
小石 しっかり重いです。でも大きいサイズと違って手足に入る小石の量に限度があるので、見た目がすごく重そうっていうことはないです チャッ、と石の音がします しません しっかりした重さ
デック
約40.5センチ
アイロンビーズ アイロンビーズを胴の3分の1程しか入れてないので、ちょっと軽くておしりの重さが頭の重さに負けそうです。たまに倒れてます おしりに触るとザクザクと音がします しません ザクザク感
ごまダン
約22.5センチ
アイロンビーズ 小さいので頭のおもさに負ける事はないようです 小さいので音も控えめです しません ザクザク感
ヒノキオ
約22.5センチ
ひのきチップ 軽いです。時々倒れてます。横にすると手足が少し浮いてます しません ヒノキの香り。 ヒノキの匂い
ぜんざい
約22.5センチ
あずき ペレットよりちょっと重い感じです シャカッ、といい音がします あずきの匂い。赤飯の匂い? あずきを詰める作業中、なぜか幸せ。昔、あずき入りのお手玉で遊んでたからかも…
ショータ
約22センチ
石粉粘土 胴体に石を混ぜて(粘土で包んで)しまったのでだいぶ重いです。石を混ぜなくても大丈夫みたいです 触るとゴワゴワッと音がします しません 中身まで自分で作った!っていう充実感…?

40センチ位のサイズのとき

大きいサイズは小石とアイロンビーズのものしか作ってないのですが、、
大きいあみぐるみに軽いものを詰めたい時は、おしりに小石やビー玉を少し混ぜておくと、頭の重さに負けなくていいと思います。(手足はアイロンビーズだけで大丈夫です。)大きいあみぐるみは頭にもたくさん綿が詰まるので、けっこう重くなるのです。
もちろん、 ペレットやあずきが使えるならおもりは不要です。

20センチ位のサイズ

ひのきチップ等で小さいものを作りたい時も、おしりに重いものを少し入れておくと安定すると思います。詰め物にまんべんなく混ぜるより、おしりの底面 の部分 に重いものを入れて 安定させたほうが座らせやすいようです。
手足が浮くのを避けたい場合は、ひのきチップは軽いので別の物を使うか、重いものを一緒にいれるといいと思います。
おしりにビー玉だけを使う時は、1個だけよりも何個か入れたほうが転びにくくなるかな、と思います。

極小サイズ

また、極細等で編むと小さいのができて可愛いんですが、ペレットでは重さが足りなくてだらだらしません。できれば小石かガラスビーズ、スチールボール等をお使いになるといいと思います。 ただし、未確認ですのであくまで推測です、スミマセン。



2ヶ月かかった割にはたいした内容ではありませんし、いたらない所も多々ありますが(未確認が多いです)、それでも何か御参考になる事があれば嬉しく思います。

最後になりましたが、御協力くださったGUMBYHOさん、みふさん、ちむちむさん、くまいくこさん、高里智美さん、どうもありがとうございました。このページができたのは皆様のおかげです、深く感謝いたします。

2003年3月5日(水)ねこやま記



↓以下は2003年7月18日追加分です。

編み目からこぼれるときは、詰め物を袋でつつむ

私が以前ピンキーをたくさん作っていたとき。小さなペレットがゆるゆるの編み目からポロポロと落ちて来ないように、柔らかい裏地を買って来て袋を縫って詰めていました。
でも、いくら柔らかい布でもやはり出来上がったときのフニャフニャ感は袋なしにはかないません。仕方がないんですけど…

でも…!
今年に入って掲示板を設置してからたくさん情報を頂いたのですが(この代用品レポートができたのもそのおかげです)、詰め物の袋についても「ストッキングを袋状にして使う」という目からウロコな情報を頂きました。さわり心地もあまり違和感がなくて良いとの事です。
この情報はゆみこさんから頂きました。ゆみこさん、ありがとうございました。
この記事は、だらだらあみぐるみ猫集会所の過去ログに残っていますので、御興味のある方は、集会所過去ログ1ページ目の記事NO.153をご覧ください。(過去ログ1ページ目に移動してから、ワード検索欄に「153」と入力して検索すると出てきます)

この情報、例によってねこやまは自分で試しておりません。…スミマセン。汗。

BB弾についての追記

レポートを3月5日にupした時点では、BB弾についてはまったく未調査でした。近所に売っていなかったのと、いろいろ試してて疲れちゃったのとで「もういいや、とりあえず終わろう」と思って終りにしたのでした。(汗)

でも、やはり気になって、お散歩途中にちょっと足をのばして大きな玩具店へ行ってみたら、ありました。モデルガンコーナーに、本格的なヤツが…。

左の写真は私が買ったもので(一番安かったものです)、1粒0.12g、1,800発入り300円でした。この袋の半分量 くらいを使って、身長約36cmの「ヒゲ爺」を仕上げました。右の写 真はあずきとBB弾を同じ重さ分並べたものです。
大きさも重さもなかなかちょうど良いので、入手できる方にはおすすめです。

 

もっと重くて色が白いのも売ってました。
私が見たのでは「0.25g、900発500円」というのが確かあったような。他にもたくさん入っている1,000円位 のものもありました。(不覚にも、せっかくメモしてきたのにそのメモを紛失してしまいました…)
Katzeさんから頂いた情報だと、「 0.2g、3,500発1,000円/0.25g、2,000発1,000円」とのこと。お店によってもお値段が少し違うらしいです、とのご注意も。Katzeさん、ありがとうございました。

ネットで検索してみたら、メーカーも重さも種類(バイオ弾なんていうのもあるらしい)もお値段も色々ありました。ご使用を考えておられる方は、お近くのお店で御検討ください。

BB弾について、検索中に気になる記述を見つけました。

「小さなお子様がカラフルなタマをお菓子と間違えて口に入れてしまう事があると危険、 ツルツルしているので挟んで取り出す事がしにくく、開腹しなければならないこともある」そうです。
小動物が飲み込んでもやはり危険ですよね…。
丸くて転がりやすいので私も詰めるときにいっぱい床にこぼして慌てました。お子様や動物のいるお家ではもちろんですが、大人でも踏んづけると危ないので、こぼしたら必ず拾うようにしましょう。

2003.7.18(金)追記

Homeあみぐるみの猫みせますだらだらあみぐるみ猫の作り方:もくじ ペレット代用品レポート


Copyright ©2003 nekoyama(MITE).All rights reserved.