Homeあみぐるみの猫みせますだらだらあみぐるみ猫の作り方:もくじ 糸の色を変える(段ごと)
サイトマップ
 

糸の色を変える(段ごと)

立ち上がりをつけて編んでいる場合と、立ち上がりなしの場合。
立ち上がり付きのほうは「正しいやり方」かどうかは定かではないのですが、自分で試してみた結果 、いちばんきれいに仕上がるやり方をしています。
普段立ち上がり付きで編んでばかりなので、立ち上がりなしのほうはほとんどやったことがありません。本を見ながら同じようにやってみました。(汗)

立ち上がりをつけて編んでいる場合
 (立ち上がりをつけた編み方は、こちらです

色を変えたい段の前の段の最後。段を終わらせるために1目めに針を入れ、

糸を引き出すときに別色の糸を引き出します。

引き出したところ。左手の指で糸を押さえておくのがちょっとタイヘンかもしれませんが、こらえましょう。

くさり編みを1回。

立ち上がりをつけて編むときのように、普通に編み進めます。
このとき、色を変える直前のところがユルユルになっていると思うので糸を引っぱって調節し、糸端を編みくるみながらこま編みを編みます。

こま編みを1目編んだところ。

上図「編みくるむ」は
糸端を、編みながらこま編みのまん中に隠してしまいます。こうするとゆるみにくくなります。

何度も色を変えると編みくるむ段が多くなるので、仕上がりが少し大きく(長く)なります。色変えが多いときは、途中でパーツどうしのバランスを見ながら段数を調節しましょう。

1段編んだところ。

2段ずつの縞模様です。境目部分。

縞模様にするときはいちいち糸を切らずに前の糸を待機させておいてもOKです。
仕上がりはほとんどかわりません。

写真がよくないなぁ…。

 


 

立ち上がりなしの場合

次の目から色を変えます。まず「引き抜き編みをして糸を切る」をします。

次の目に針を入れて糸を引き出し、

その糸を、こま編みにしないでそのまま針にかかっている輪から引き出します。

引き出したところ。

糸をかけて、

糸を切って、そのままこちら側に全部引き出します。

「引き抜き編み」の完成。

パーツを編み終わった後の糸始末」と同じです。

今編んだ目(矢印)にもう一度針を入れ、

別色の糸を引き出します。
引き出したところ。
くさり編みを1回してから、同じ目にもう一度針を入れてこま編みをします。
こま編みをしたところ。
次にこま編みをするのは矢印のところです。

糸端を編みくるみながら編み進めます。

糸端は1周しなくても、2〜3センチほど編みくるめばゆるまないので大丈夫。

1周編みました。立ち上がりなしで編んでいるので、次の目(次の段の最初の目)も続けてこま編みをします。
編み進めてます。

2段づつの縞模様、境目部分。

下の白2段はそのつど糸を切って引き抜き編みをして編んだもの。
上の白2段は糸を切らずに前の目で別糸を引き出してそのまま編み進めたもの。
どちらの編み方でもズレは出ます、、。

※糸を切らないときは、写真のように別糸を引き出すときれいに仕上がるようです。
(「段の途中で色を変える」ときもこのやりかたで別糸を引き出します。)

写真が、よくない… すみません。わかりにくいかなぁ。


2003年7月23日(水)ねこやま記

Homeあみぐるみの猫みせますだらだらあみぐるみ猫の作り方:もくじ 糸の色を変える(段ごと)


Copyright ©2003 nekoyama(MITE).All rights reserved.